FC2ブログ

素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

不登校 Youtuber 論議に見るボタンの掛け違い 後編




 前回、後段少し走り過ぎたかもしれないので丁寧にいこう。
 引用したNHK 「クローズアップ 現代 +」 は「 A I に負けない人材を育成せ
よ 」 と題して A I 時代の人材育成、教育について述べている。
 A I には出来ない、または不得意な人間の方が優れている能力として

  ① クリエイティビティー(創造力)

  ② ホスピタリティー(接客力)

  ③ マネージメント(管理力)

 を挙げている。
 箕輪某らTVコメンテータ―曰くのように A I 時代、創造力が重要なことは間違い
ない。それならば「 子供の時からYoutuberだ 」ということになるとするのはあまりに
幼稚で思慮に欠けている。
 英語やピアノは子供の時から習わせた方がいいという具合に子供の時からタブ
レット、スマホに触れさせネットに親しんでおくのがよいということになるだろうか?
 こういう文脈の中でアメリカの巨大 I T 企業に勤める人々の子供がどんな学校
へ通っているかという視点へとつながる。

 巨大 I T 企業の子供たちがパスコン、スマホに触れないのは学校だけではない。
 家庭でも事態は同じようだ。

  2年前、公立学校から転校してきた、リアン・デ・ラノイ君です。
  母親はマイクロソフトで働いています。
  この家では、平日はデジタル機器に触れることは禁止。
  週末も15分だけです。

     (中略)

  料理などの家事を手伝うことも増えたといいます。
  父親もITプログラマーのこの家族。AIがもたらす変化の激しさ
  を実感しているからこそ、転校させてよかったといいます。

  母 マリンダ・デ・ラノイさん
  「AIが人間の仕事を奪っていく今、息子が大人になった時、どんな
  仕事があるのかさえ全く分かりません。未知の将来に対する子育
  てを考えると、自分で問題を解決する力や適応力・柔軟性を最大
  限に伸ばしていくしかないのです。」

                ~ クローズアップ 現代 + ~


 番組ではバランスを取るためか、日本の A I ビジネスデザイナーが家庭で
AMAZONの A I もどき?alexaを使って子どもに A I にも出来ることと人間
にしか出来ないことを教えていることを紹介する。
 アメリカの学校と日本の A I ビジネスデザイナー、この両者は併存するもの
ではない。正解は一つでしかない。
 なぜ、そんなことが言える? A I 時代はまだ始まったばかり、いや本格的
にはこれから始まるのだからわからないではないか。
 そう価値相対主義者は反論するだろう。
 
 現在、家庭で使える A I などまだまだ途上だし、そんそも「小学生Youtuber」
の是非から始まったことからスマホ、タブレット、ネット、SNSまで戻そう。
 これらとどう付き合うかのスタンスに関しては価値相対主義者が言うように
アメリカの学校も日本の A I ビジネスデザイナーのスタンスも両方ともありと
いってもいいのかもしれない。
 そこが問題ではないのだ。
 SNSとはどんなものであるのか、どのように企画・設計されているのか
そこを注視しないといけない。核心的人物の発言に耳を傾けよう。

  フェイスブックの初代最高経営責任者(CEO)であるショーン・
  パーカー氏は、SNSが人の注意と余暇を出来る限り奪うよう設計
  されていると警告した。

  パーカー氏は「これは、私たちが利用者に、写真や投稿へのいいねや
  コメントから少しずつドーパミンを与える必要があることを意味します。
  そしてそれはあなたにより多くの投稿を行わせ、より多くのいいねや
  コメントをさせる」とした上で、「これは社会的証明の(結果が増幅され
  ていく)フィードバックループだ」と指摘した。
                      © Fotolia/ Drobot Dean

  パーカー氏はこれが「人間心理の脆弱性を利用」したものだと述べる。

  さらに、「これは文字通り社会との、他人とのあなたの関係を変える。
  もしかすると、奇妙な方法で生産性を阻害するかもしれない。
  子どもたちの脳への影響は神のみぞ知る」との見方を示した。
 
                       ~ スプートニク ~


 「いいね」をもらいたいが故に投稿する、もっとフェロワー増やしたいがため
過激っぽいこと(本当の過激ではない)ことコメントしてわざと「炎上」させる。
 Youtuberともなると、渋谷のスクランブル交差点にベッドに乗せた人を運んで
書類送検されるありさまだ。これが一応「大人」と呼ばれる人がやっていること
だ。まさに人間の心理の脆弱性につけ込まれて壊れていっている。
 子供にはいまさら何をかいわんやだ。

 それにフェイスブックの初代最高経営責任者(CEO)であるショーン・パーカー
氏だけでない。かのスティーブ・ジョブズ氏も同様だ。

  アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズが漏らした一言がいまに
  なってニューヨーク・タイムズで紹介され、SNSなどで次々とシェア
  されている。曰く、

  「子どもたちにはiPadを使わせてない。デジタル機器使用はかなり
   制限してるんだ」

  反応は、「わが意を得たり!」「あれだけ売りつけておいて何をいまさら」
  などさまざまだが、同紙によれば、IT業界の親ほど自分の子どものIT機
  器利用に厳しいという。

  なぜか。記事中で「ワイヤード」元編集長、クリス・アンダーソンは「職業柄、
  IT漬けで危険領域に入った人間を間近に見る機会が多いから」と述べる。

  例えば、「高校生になるまでスマホ禁止で、インターネットは見せない」は
  この業界の親の間ではごく一般的。時間制限も当然で、あるITアナリスト
  の家庭では「月~金は完全禁止。ただし学校でコンピューターを使うよう
  になる10歳以降は宿題用に時間を増やす」。

                         ~ ARERA dot. ~


 前段のスティーブ・ジョブズが、SNS、ネットを制限したのか、デジタル機器その
ものの使用を制限したのかは定かではない。それについては後述するとして後段
の「IT業界の親ほど自分の子どものIT機器利用に厳しい」は何を意味するのか?
 いかに子供にIT機器がよろしくないか知っているからだ。
 それは、弁当チェーンの社長が自分の会社の弁当食べないことや、日本医師会
の会長だった武見太郎氏がよほどのことがない限り、西欧医学の薬は飲まず漢方
薬ばかり服用していたことに通じる。弁当、西欧医学の薬という違いこそあれ、両
者共に何が入っているかよ~く知っていたからだ。
 つまり業界の人間、しかもトップほど「隠された真相」を知っているのだ。

 I T 業界の人間が承知している「隠された真相」とは子供にI T 機器を触れさせ
たらいけない、制限すべきということがこの一節でわかる。

  「高校生になるまでスマホ禁止で、インターネットは見せない」は
  この業界の親の間ではごく一般的。

 この業界の素人でしかないお笑いタレントや編集者がしったかぶりしてエラソー
に講釈たれても何の意味もない。
 
 日本のメディア、ネットで的外れな議論に終始している間に巨大 I T 企業の人
々は次世代(子供)を予測不能な A I 社会に対応すべくしっかりと教育している。
 一方、日本では A I 時代にアップトゥーデイトすべく子供に教育を施すことこそ
最適であると勘違いしている。来るべき本格的 A I 時代、 両者の子供の格差
厳然と広がっているだろうよ。

 それでも価値相対主義者はへこたれない。
 「子供がYoutuberになって将来、巨万の富を築く可能性の芽を摘んでいいのか」
とか何とか言うのだろうな。
 別に子供の時からやらなくても才能ある人はやがて大金つかむyoutubereになる
だろうし、Youtuberとして大成するのは多く見積もって1000人に1人、いや、正味
ところ1万人に1人くらいではないか。
 それにね、子役は大成しないというではないか。 (一部、例外を除いてね)
 子供の時からいい思いした奴はロクな大人にならない。 これが常識だ。
 子供Youtuber も同じかそれ以上にタチが悪いと思うよ。

 もうそろそろ結論に達してもいい頃だが、スティーブ・ジョブズがなぜ子供にデジタ
ル機器の使用を禁じたかを考察しながら締めくくりとしよう。
 
 A I 時代、人間の方が優れている能力を伸ばした方が得策だというのが大前提で
あります。人間の優位性が認められるものとして、 ① クリエイティビティー
(創造力)、② ホスピタリティー(接客力)、③ マネージメント(管理力)が挙げら
れることは既に述べたとおりです。これら人間を人間たらしめているものを司っ
ているのは前頭前野です。スマホなどを使用すると前頭前野はどうなるので
しょうか?

  スマホが脳の発達に与える無視できない影響

  どうもスマホを使うと前頭前野は働かないことがわかってきた。
  ちなみに、使用時に前頭前野に抑制がかかるのはスマホに
  限ったことではなく、ゲームやテレビ視聴も同様である。
  そして、前頭前野に抑制がかかるゲームとテレビに関しては、
  健康な児童・生徒の脳発達の経年変化をMRI計測により観察し
  た結果、どちらも長時間プレー・視聴すると言語知能の発達に
  悪影響を及ぼすとともに、脳発達、特に前頭前野の発達に遅延
  が生じることが明らかになっている。

~ 東洋経済Online 川島隆太 東北大学加齢学研究所所長 ~


 こういうことをスティーブ・ジョブズは承知していたからこそ子供にデジタル機器の
使用を制限していたのでしょう。
 
 小学生がYoutuberで不登校であることを容認、賞賛する事実はどこどう転んでも出
てきません。 

 日本は電事連(電気事業連合会)が大スポンサーで脱原発について及び腰であるよ
うに大手電機・通信会社も大スポンサーであることから電磁波、前頭前野への悪影響
についてはリアルなことは話せないのでしょうな。

 そんな大手メディアでのコメントなど真に受けてはいけません、信じてはいけません
ということを強調して締めくくりとします。

                            (了)





「子供にスマホ、ネットに触れさせるな、制限すべき」とは人によっては何と
パンクな!と思うのでしょうな。
「When computers were still scary and we didn`t know everything」を忘れてはいけないということです。






スポンサーサイト
教育 | コメント:0 |

不登校 Youtuber 論議に見るボタンの掛け違い 前編




 不登校の小学生Youtuberに関する議論が喧しい。
 例によって賛否両論分かれていてそれぞれの立場で言いたいこと言っている。
 曰く、

   行きたくないのに無理していかなくていい。
   自分の好きなように生きていけばいい。
   不登校はやはり不幸だ。
   義務教育も受けさせなかったら好きなことも出来ないではないか。
   そもそも義務教育は必要なのか?等々。

 TVコメンターも何やらもっともらしいこと言って擁護論が主流だったが、編集者
箕輪厚介氏の発言が気になった。

  時代がAIやロボットの影響で学校教育の教える画一的な社会性
  より個性を重視する世の中になっている。

               ~ 「サンデージャポン」 SIRABEE ~


  私には恐ろしく幼稚な意見だと思えるのだが、詳細は後述するとしてまずは
私見を述べよう。
 たかが宿題忘れて叱られて不当な扱いを受けたからと不登校になるのはよろ
しくないですな。世の中出ればもっともっと理不尽なことはいくらでもある。
 そんな程度の理由で不登校になるならどれほど放縦な子として成長するやら。
 もっとも矛盾するようだが、もっと曖昧で軽い理由であっても時としては学校へ
行かなくてもいいと思っていることをまず付言しておく。
 単純に学校に馴染めないという理由で不登校になってもよしとする。
 ただ「学校に馴染めない」とはボーとしていて学校に馴染めないは論外で、
あまりに頭がいいとか、とてつもなく才能があり「学校に馴染めず」不登校にな
る場合だ。前者の場合、日本にも飛び級があれば解決する。(一部、理科系には
すでに飛び級があったか)
 バークレー音楽大学に入学し20歳で学生ではなくて最年少で講師となったミュ
ージシャン、エスペランサ・スポルディングは頭脳も明晰で飛び級だった。
 あまりに頭抜けている子はいじめられるのがオチだから行かなくてもいいだろう。
 家庭教師で代用すればいい。義務教育の教育プログラムは学校へ行こうといく
まいと必要だ。この議論掘り下げると、そもそも「義務教育(システム)は必要か」
という論点にたどり着く。
 結論から言えば、近代化を達成した国では「義務教育システム」は必要とは言
い切れない。
 「義務(公)教育」よりも「自由教育」をという論点は大正時代からあるものだ。
 その結果は、各家庭の親、本人が引き受けるべきことであることは言うまでも
ない。


 どうも現象面の上っ面をこすっているような議論ばかりが横行している。
 巷間喧伝されるのは不登校だけに関するもので、その是非についてだけな
ら私は口出す気はない。どうぞ勝手におやり下さいというものだ。
 今回の論点を「不登校」だけにするのは根本的に違うと考える。
 小学生がYoutuberであり、しかも不登校の子供だということが論点だ。
 この視点を持たない上滑りの議論はすべて的はずれだ。
 小学生が Youtuber!おおいに結構じゃないか!
 それは論点にならないと箕輪某はじめ進歩的かついまだに価値相対主義の
尾っぽが切れない連中はそう言うだろう。
 本当にそうだろうか?
 一度でもその点に関して考察したのだろうか?

 もう少し視野を広げてみよう。
 A I によってあと10年で今ある仕事の約49%がなくなる時代に小学生が
Youtuberになることの是非が問われるべきだ。
 小学生が将来なりたい職業の上位にYoutuber がランキングされるくらいだし、
どうせ今の仕事の大半がなくなるのだからおおいに結構なことだと考えるなら
それは全くもってお目出たいというしかない。
 メディア、ネットで論戦する論客が「そんなことはないでしょう」というなら、それ
は完全に認識不足、もっと言うならバカというしかない。 

 マイクロソフトやアマゾンなど巨大 I T 企業に勤める人々の子供たちはどんな
学校へ通っているかご存知か?
 これについてFOXニュースは言う。

  FOXニュース
  「巨大IT企業のエリートな親たちが、実は自分の子どもを、コンピューター
   が1台もない学校に、こぞって通わせているって知っていますか。」

      (中略)

  この学校が重要視しているのは、協調性と創造性。音楽に合わせて、
  クラス全員で息を合わせアート作品を作る、この授業。協調性を身につ
  けさせる狙いです。

     (中略)

  図画工作の授業では、自然の素材を使って、五感を刺激しながら作品
  作りに挑戦します。

                    ~ クローズアップ現代+ ~


 A I 時代、個性、創造性が大事と箕輪某らが言うが、協調性も大事と巨大 I T
企業に勤める親たちは知っている。
 不登校なんて協調性の欠如以外の何者でもなく、個性、創造性だけじゃダメ
なんではないですか?

 TV コメンテーターは不見識ですな。

                         (つづく)



  
教育 | コメント:0 |

池袋暴走交通事故の不都合な真相 後編




 ものごと暗礁に乗り上げた時は、根本に立ち返るしかない。
 そもそも何で電磁波は人体に悪影響を及ぼすのか?
 専門家の見解に耳を傾けよう。
  
  神経細胞、心筋細胞をはじめ、人体はあらゆる臓器から細胞に至るまで、
  電気を利用して活動を行ってますが、人体の電気システムは直流電気で、
  家電や電気コンセントから出る電磁波は交流であるため、人体の直流電
  気システムは、周囲の交流電気によって悪影響を受けやすいのです。

   ~ 丸山修寛 「電磁波が 『 ガン、リウマチ、成人病、うつ病、難病 』の原因
      ザ・フナイ 2014.6 VOL.81 ~
      

 丸山氏は、ガン、リウマチ、アトピー性皮膚炎、不整脈、うつ病、不眠等の原因
として電磁波をあげている。これらは高圧電線等一部例外はあるもののマンション
を中心とした家庭内で起こり得る体の変調、病気として取り上げられている。
 一例としてベッドの枕元の真横にコンセントがある子供がアトピー性皮膚炎が悪
化して眠れないほどだったのが寝る位置を変えることによって大幅に症状が改善
したことが記されている。
 私も南向きで寝ていたが、どうも睡眠状態がよろしくなく決まって悪夢ばかり見る
ので北向きに変えてみたら熟睡でき悪夢も見なくなった。北枕は縁起が悪いとか
いうが、地球の磁力の関係で北枕の方が理にかなっているのだと納得していた。
 どうもそればかりではないようだ。コンセントは枕元の斜め方向にあるが、枕元
のほぼ真横に延長コード横たわっていることに原因があるのではと思ったのは
この一節にふれたからだ。

  延長コードを頭上近くに置くとどうなるのでしょうか?
  前頭前野(前頭前野の脳血流は精神や心、喜び、創造など人間として
  重要な事柄と関係が深い部分です)の脳血流に注目して、延長コード
  から出ている電磁波の影響を調べてみると、前頭前野の広い範囲で
  脳血流が低下するのがわかります。

                         ~ 引用 同上 ~
 
 
  すなわち、これらは我々の日常生活で普通に起こり得ることでプリウス等ハイブ
リッド車を乗らなくても電磁波の悪影響を人体は受けているということだ。
 50~60Hzの極低周波がガン、小児白血病の原因になると言っても家庭の電気
は関東50Hz、関西60Hzの交流電流であってハイブリッド車に乗るより多くの時
間50~60Hzの世界に我々は住んでいる。
 「ほら御覧なさい。ハイブリッドが電磁波の人体への悪影響の主たる原因ではない
のですよ」とトヨタ他、ハイブリッドを作っている自動車メーカーに言われそうだ。
 根本に立ち返ってもますます迷宮に入り込んできた(苦笑い)。

 
 それでは見方を変えよう。
 電磁波に拘るから正解に辿りつけないのであって周波数そのものが問題なのでは
ないか?ロイヤル・レイモンド・ライフの発見を嚆矢としてガン細胞だけと殺す周波数
が存在することは今や知られつつある。444Hzがガン細胞だけを殺すというものだ。
 痛んだ細胞を修復する効果が528Hzにあることも小林麻央さんのブログで広まっ
ているようだ。





 それでは逆に人体に有害、もっと言うと人を殺すほど有害な周波数もあるのではな
いか?

  フランスのウラジミール・ゴヴロー博士は、人を殺す周波数を見つけ、
  本来禁止されている兵器をつくろうとした。
  きっかけは、彼が軍事ロボットの研究所に勤務していたとき。
  みんな気分が悪くなり吐き気を催した。しかしどの研究員もその理由
  がわからなかった。
   
     (中略)

  あるときゴヴロー氏は、ある窓が開いているときにみんなの体調が
  悪くなることに気づいた。その窓の下には機械があった。
  最初はその機会から排出ガスでも出ているのではないかと思った
  が、調べてみると何も出ていない。やがて、機械から出ている音であ
  ることがわかる。その音は1秒に7サイクルの周波数を持っていた。

      ~ ベンジャミン・フルフォード 著
          「闇の支配者に握り潰された世界を救う技術」~


 どうやら7Hzが殺人周波数になり得るようだ。
 さて、極低周波が人体に有害だというが「極低周波」とは何ぞや。
 50~60Hzが極低周波という記事を引用したがもっと低い周波数であり、極低周
波はやはり脳に悪いことがわかるのがこちらだ。

  要するに、iPod, iPad, iMacであれ、何であれ、今の最新のパソコンや電
  子機器は、主要な周波数はすべてギガヘルツ域の電磁波を使っている。
  これが実は医学生物学的には、我々生命に重大な問題を引き起すの
  である。
           (中略)

  電磁波の極低周波(1〜10ヘルツ)は、脳の活動(脳波)に共鳴する。
  だから、思考活動に悪影響を与えることが分かっている。
  同様に、ギガヘルツ(=1,000,000,000Hz)は、脳のミクロな脳細胞その
  ものに悪影響を与えるのである。

  事実、携帯電話先進国のイギリスでは(もちろんあまりマスゴミは取
  り上げていないが、デービッド・アイクが大分前から警告していたように)
  脳腫瘍患者が激増しているというのである。

                ~ kazumoto Iguchi's blog


 7Hzという極低周波数が脳に非常によろしくないことはわかった。
 プリウスから7Hzという極低周波が出ているという記述は見つからない。
 やはり迷宮から抜け出せないか(笑い)。
 音が一つの周波数からできているものではなくて基音と倍音といった複数の周波数か
 ら成り立っていることを承知していればだいぶ見晴らしがよくなってくる。
 基音と倍音をおさらいしよう。

   【倍音】
     楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の
     こと。音の複合体のうち最も低い周波数の音を基音と呼ぶ。
     楽器の音も正弦波で分解していくと、基音とその倍音の集合体になる。
   
     例えば周波数300HZの音が基音とすると、2倍音(600HZ)、
     3倍音(900Hz)、4倍音(1200Hz)・・・・と倍音が存在
     することになる。
     2倍音、3倍音・・・・で2オクターブ、3オクターブ・・・という音程に
     符合するが、正確にはほんのわずかずれるそうだ。

倍音

     棒グラフの一番左が基音、順番に2倍音、3倍音・・・と並ぶ。
     3~6倍音あたりが大きなウエイトをしめているか。

- 出典 「STEREO SOUND」 NO.99 1991 SUMMER -


 ややマニアックに脱線したが、7Hzの周波数の音は出ていなくても7Hzを基音と
する音が出ている可能性はないだろうか?
 7Hzを基音とする倍音は以下のとおりだ。

  14Hz、21Hz、28Hz・・・56Hz・・・105Hz、112Hz、
  119Hz、126Hz、133Hz ・・・154Hz、161Hz、
  168Hz、175Hz、182Hz、189Hz、196Hz・・・・


 ここで前回の実験データをもう一度ひこう。

電磁波測定

   (2)プリウスは安定走行中の極低周波が常時105~135Hzを上下している。
     特に停車中は159~196Hzになる。デミオは周波数の変化はそれほどない。

                     ~ 貴峰堂 ~


 安定走行中、デミオ(ガソリン車)が50~52Hzで安定して7Hzの倍音であ
る56Hzを含んでいないのに対してプリウスは105~135Hzで上下する。
 この105~135Hzの間には105Hzそのものも含め、112Hz、
 119Hz、126Hz、133Hzと5つも7Hzの倍音が含まれている。
 プリウスに乗ると子供が車酔いするのはこの5つもの7Hzの倍音のせいで
はないか。
 停車(アイドリング)から急発信してコンビニ等に突っ込む事故もプリウス(ハイブ
リッド車)に多いと記憶している。プリウス停車中の周波数は159~196Hzであ
り、196Hzそのものを含み、161HZ、168Hz、175Hz、182Hz、
189Hzと6つの7Hzの倍音の周波数を出している。
 これも人、特に老人の脳に誤作動を起こさせる大いなる一因ではないか?

 もちろん、すべての人がそうなるわけではない。
 何事も子供は感度が高く、老人は抵抗力(脳に小さい血栓くらい一定の年なれば
誰でもあるという意味)が弱い。

 以上、私の仮説に過ぎないが、どうもこのあたりに高齢者がプリウス(ハイブリッ
ド車)で事故を起こす原因が隠されているように思う。

 これらについての詳細かつ真摯な検証が望まれるが期待できないだろう。

 せめてこれを機に周波数、電磁波に一人でも多くの人が関心を持ち、来年に控え
ている5Gという飛躍的に脳に悪影響があると言われる次世代携帯について性能が
優れているとか、便利とかではなくリアルに考えていただきたい。

 以上、平成最後の投稿でした。

                           (了)      



社会 | コメント:0 |

池袋暴走交通事件の不都合な真相 中編



 行方不明の資料が出てきたので続けます。
 世間では飯塚氏が逮捕・拘束されないことがさらに広がりをみせ、飯塚氏のwikiや彼
が属していた日本淘道会へアクセス不可となり凍結されたのを始め、「# 上級国民」
すらネットから抹消されたとか。
 もう決まりでいいではないか。「上級国民だから逮捕されない」ということだ。

 元より今回はそちらを掘り下げるつもりではなく別の角度からこの事件にアプローチ
するつもりでした。前回、中断したのは資料が行方不明になったことばかりではない。
 書き進めると予定していた結論と違ってしまい、根本的に考え直さなくてはならなく
なったからです。

 まだるっこしいことはぬきにして結論めいたことから始めよう。
 この事件、高齢者が運転していたというのは問題の片側に過ぎない。
 それでは車のアクセル等に不具合があったかというとそういうわけでもない。
 いわゆる動力性能とは別のところに車の問題があって、なおかつ高齢者が運転して
いたことに原因があると考える。
 飯塚、石川の二人の高齢者が乗っていた車はプリウス、レクサスLS500hと共に
ハイブリット車だ。特にプリウスは何かと昔から問題が指摘されている。
 プリウスの発する電磁波が人体に問題だということだ。
 
 さてはて本当にプリウス(ハイブリッド車)はガソリン車より電磁波が多いのでしょ
うか?電磁波はすべての電化製品から出ているのであって、車から発生していて
問題となるのは極低周波(50~60hz)の電磁波だ。

電磁波測定
  
                          ~ 出典 貴峰道 ~

 プリウス(ハイブリッド車)、デミオ(ガソリン車)について停車時、加速時、安定
走行時と細分化して分析されているが、安定走行時を標準と考えると、
プリウス 10.5~12.2mG、 デミオ 2.1~3.3mGとなり、やはりこう結論づ
けられる。

 プリウスはガソリン車より3倍極低周波数の電磁波が多い。

 極低周波はガン、白血病等の原因となりなることが知られている。
 当然だがガンになるのはタバコのせいばかりではない。

  WHO(世界保険機構)の下部機関であるIARC(国際ガン研究機関)は
  2001年6月27日にフランスのリヨンで、50~60ヘルツの極低周波磁
  場は発ガンクラス「2B」の「人体への発ガン可能性有り」を全会一致で
  正式にランク付けをする画期的な発表を行いました。

                        ~  電磁波コム ~


発癌リスク 

                        ~ 出典 電磁波コム ~



  WHO(世界保健機関)は、2007年に低周波電磁波の人体への影響に関
  する報告書を発表し、日本やアメリカの学者の、“4ミリガウス以上の電磁
  波を長時間浴びている子供の小児白血病の発症リスクが2倍以上になる”
  との報告を否定できないとし、各国に何らかの対応を取るように勧告を出
  しました。(ミリガウスは電磁波の単位)

                         
                      ~ わくわくガス屋さん ~


 プリウスは安定走行時、10mG以上出てましたね。
 前掲の実験とWHOの報告が正しいとしたら、プリウスオーナーでロングドライブ好
きのお父さんの子供はたいへんだ。
 以前から言いたかったのだが、こういう事実を知ると喫煙者の私はこう言いたくな
る。

  「タバコの受動喫煙で子供の小児白血病の発病リスクが2倍になるデータが
   あるんですか!千葉市!変な条例つくるのはやめにしてもらいたい!」


 チト脱線したので本論に戻るが、仮に電磁波が事故の原因とするのであれば運転
していた高齢者の脳に影響を及ぼさなくてはならない。
 極低周波の電磁波が人体に悪いと言っても病気(ガン、白血病等)になる可能性が
上がるだけであって交通事故とは何の関係もないではないか!
 脳に影響を及ぼすのは何度も指摘してきたようにスマホなどのギガヘルツ、すなわち
1,000,000,000Hzの電磁波であって、極低周波数の電磁波の問題ではない。

 ここで私の思考は止まってしまった。

                               (つづく)



社会 | コメント:0 |

池袋暴走交通事故の不都合な真相 前編



 池袋で起こった高齢者による暴走交通事故から1週間になろうとしている。
 大手メディアではその後、三ノ宮のバス事故やら木更津の事故が矢継早やに取り上げ
られている。これらについては後述するとして池袋の交通事故報道について振り返って
みよう。

 事故の経緯から始まって、なぜブレーキ踏まなかったかの検証、さらにどうしたら高
齢者に運転免許返却させられるかの一般論などが伝えられた。「アクセルが戻らなく
なった」という加害者・飯塚氏の発言を真にうけて専門医をよんで「高齢によって足の
筋肉が弱って・・・」という講釈していた。何でも専門家呼んで仔細に分析すればいい
という安易な姿勢が頓珍漢となる典型的な一例だ。車(アクセル)に特に不具合など
なかった。
 どうも何かを隠している、触れないようにしているから妙なことになる。
 もっと単純明快なことをスル―している。人をひき殺しておきながら逮捕・拘束しない
のはどうしたことだ!

 これに関してネットが既にざわついている。 加害者・飯塚氏が旧経産省工業技術院
院長だったことを捉えて「高級官僚は “ 上級国民 ” だから逮捕されないのか」という
批判が沸き上がっているという。
 飯塚氏一人を持ってそう結論づけるのは早計だと思うが、どうもそうではないようだ。

  同様の奇怪な対応が示された重大事件があった。
  昨年2月に東京都港区白金で発生した自動車による歩行者殺害事件である。
  トヨタの高級車「レクサス」を運転していた加害者が道路の路肩でいったん停車
  し、知人を乗せようとした際に急発進して暴走。

  歩道を歩いていた37歳の男性をはねて殺害し、さらに道路脇の金物店に突っ
  込んで建物の柱やシャッターなどをめちゃくちゃに壊したのである。

  実はこの重大事件でも加害者が逮捕されていない。

  極めて奇怪な対応である。

  二つの事件の加害者に共通する属性がある。

  4月19日の事件の加害者は無職の飯塚幸三氏であるが、飯塚氏は以下の
  経歴の持ち主である。

  東京大学卒
  経済産業省工業技術院長
  株式会社クボタ副社長
  2015年瑞宝重光章受章

  元キャリア官僚で、トヨタを所管する経済産業省出身者である。

  2018年の白金事件の加害者は石川達紘氏(79歳、事件当時78歳)である。

  石川氏の経歴は以下の通り。

  中央大学法学部卒
  東京地検特捜部長
  名古屋高検検事長
  2009年瑞宝重光章受章

  こちらも官僚出身で検察高官を務めた人物である。

            ~ 植草一秀 「知られざる真実」 ~



 白金事故の石川氏は逮捕・拘留こそされなかったが当然ながら書類送検されている。
 さはさりながら飯塚氏も石川氏も逮捕・拘留されないのは「上級国民だから」と批判
されるのはむべなるかなというものだ。
 
 これからも交通事故報道が続くような気がする。
 三ノ宮の事件はバスという特殊性があるが、木更津の事件は全国で起こっている多く
の交通事故の一つのように思える。それでも報道するのは、世間の耳目が池袋の暴走
交通事故に集まっている現在、連鎖して報道すれば視聴率がとれるということばかり
ではあるまい。これら交通事故を連鎖的に報道すれば池袋暴走交通事故、飯塚氏の
存在が薄まり忘却の彼方に追いやられるという効果もあろう。
 今後も飯塚氏が逮捕・拘留されないならかかる報道体制が敷かれるだろう。
 一種の陽動作戦だ。

 さて、飯塚氏、石川氏に共通することはかつては社会的立場の高かった高齢者だと
いうことで人ばかりが注目される。交通事故なのだから人だけでなく車にも目を凝ら
したい。両者の運転した車は共にトヨタ車で、車そのものにはブレーキ等不具合は
なかったそうだ。それではやっぱり、高齢者という人の問題か?
 そうではないのだ。飯塚氏はプリウス、石川氏はレクサスLS500hを運転してい
た。 両者共にハイブリッド車に乗っていたわけだ。

 プリウスはアクセルとブレーキの位置が悪いから高齢者が間違えやすく改善すべき
だという指摘があるがそういう問題だろうか?

 
                        (つづく)








社会 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>