素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

2017年 正月



     新年あけましておめでとうございます。

     皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

     毎年恒例で前年の正月に何を書いたかふり返っております。

     2013年から「世界はおおつごり」とか書いてきました。

     去年は「今年こそ“ 狼中年 ” から卒業」と抱負を述べておりました。

     トランプが当選したことにより「“ 狼中年 ” から卒業」とはいかないまでも「卒論」くらい
    は提出できました。

     昨年の参議院選の結果、安倍政権はますます暴走しましたが、同時にアベノミクスの
    成長戦略、TPP挫折、天皇陛下の生前退位の御意向をにじませるお言葉による憲法
    改正のスケジュール先送り、プーチン来日(⇒ 北方領土返還への道筋)も成果もなく、
    ドンつまりです。

     政権支持率は高いので本人はどこ吹く風かもしれませんが。

     今年は1月から世界も日本も動くでしょう。

     安定と混乱の入り混じる1年になるような気がします。

     そんな潮目の変化を今年も見つめてまいります。

     本年もどうぞよろしくお願いします。






スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 |

夏の戦争映画 VOL.2 「 潜水艦イー57 降伏せず 」 前編

    



    それでは 「 夏の戦争映画 」 シリーズに戻ろう。
    日本本土が終戦へ向けてカウントダウンしている頃、太平洋で日本海軍はどうしていた
   のか?なかなか興味があるところだと思う。
    本作はいわゆる潜水艦もので樋口真嗣監督「ローレライ」にも影響与えているとか。
    
     太平洋戦争における日本の敗北を目前に控えた昭和20年の初夏、河本艦長
     (池部良)率いる潜水艦イー57は某国の親日派高官父娘を乗せて極秘裏に
     和平工作を図るべく、カナリー諸島へ向けて出航した。乗組員の多くは徹底抗
     戦を主張し、和平にも否定的だったが、敵との遭遇などさまざまな困難を経て
     皆の意思はひとつにまとまっていく。しかしやがてポツダム宣言が発令され……。

                              ~ AMAZON ~


    私の記憶が確かなら、もし日本軍が原爆を完成させていたら潜水艦で米国本土に原爆
   投下する計画があったはずだ。探しているのだが見つからない。
    実際、日本軍は朝鮮半島であの理研を中心として原爆開発の研究を進めていた。
    完成にはいたらなかったが、戦後、理研の研究費を若き田中角栄が懐へ入れてしまっ
   た。その金額を現在の貨幣価値に換算すると約2000億円とか。やっぱり角栄は桁はず
   れに「政治とカネ」なのです(笑い)。
    さて、仮に原爆開発に成功したとしても広島、長崎に投下された原爆、パンプキンやファ
   ットボーイの大きさと当時、魚雷はあってもミサイル技術はなかったことを勘案すると飛行
   機に搭載して原爆投下するしかない。飛行機搭載できる潜水艦などあるのだろうか?
    軍事オタクなら周知のことだが、飛行機搭載できる潜水艦は存在します。
    幾つかありますが近年注目されているのが伊四百型潜水艦です。


 潜水艦イ400
                ドイツのUボートのほぼ2倍の大きさ


    全長122m、全幅12m、3機の特殊攻撃機「晴嵐」が搭載可能な潜水空母であった。
    当時、米国海軍潜水艦より巨大で2012年中国で竣工した潜水艦に抜かれるまで世界
   最大の潜水艦だった。大日本帝国海軍は戦艦でも潜水艦でも世界最大艦船を保有して
   いた。しかも終戦後、アメリカ軍が接収した際、その巨大さに驚愕したというからこの潜水
   艦の詳細を米軍は承知していなかったのだ。航続距離は地球半周というから終戦間際、
   空母もなければ戦艦もないボロボロの連合艦隊ではあるが、伊四百型潜水艦は秘密兵
   器にして最終兵器だったのではないか。

    この「晴嵐」くらいでは原爆(パンプキンくらいの大きさ)を搭載することは不可能で、やは
   りB29くらいの爆撃じゃなきゃ無理じゃないか。それともこの飛行機にも搭載可能なくらい
   小さな原爆をつくるつもりだったのか、はたまた私の記憶違いか、この点は宿題にさせて
   頂きたい。伊四百型潜水艦は山本五十六によって構想され米国本土、ニューヨークやワ
   シントンを空爆する計画だった。戦局が厳しくなり「神龍特攻隊」として「特攻」するはず
   だったが、一度も「神龍特攻隊」として出撃することはなかった。
    それでは米国本土への日本軍の空襲は一度もなかったのか?
    何度か日本軍は米国本土への空襲に成功している。

     ○ 1942年2月 カルフォニア州サンタバーバラ エルウッド石油製油所
                 (伊号第十七潜水艦 搭載機)

     ○ 1942年6月 アラスカ ダッチハーバー軍基地

     ○ 1942年7月 オレゴン州ブルッキング近郊森林
                 (伊号第二十五潜水艦 搭載機) 

     ○ 1942年9月 オレゴン州オーフォード森林
                 (伊号第二十五潜水艦 搭載機)

    これら米国空襲実績と山本五十六の構想を重ね合わせれば潜水艦で最後の攻撃を仕
   掛けてやるという気持ちはわからなくもない。 
    映画と関係ないことを延々と述べているようだが、当時の日本軍は一億玉砕とか言って
   どんなに劣勢でも絶対あきらめない。
    連合艦隊はもはや空母も戦艦もないのだが帝国海軍はそれでもあきらめない。 
    米国本土原爆投下はともかく、「神龍特攻隊」まで組織した。
    そんな帝国海軍の気概を背景に本作を観たい。

    河本艦長(池辺 良)がペナンに呼び出されてホツダム宣言を日本に有利になるべく親
   日派外交官父娘をカナリー諸島まで輸送する任務を言い渡された際、「降伏を進める気
   ですか?」となかなか引き受けない様は既述の背景を前提にすると腑に落ちるだろう。
    「日本の一番長い日」(2015年)、いや、これから作られるであろう戦争映画と本作には
   決定的な違いがある。
    それは出演者に軍籍があるか否かということだ。
    本作の出演者、池辺 良、平田昭彦共に海軍ではないが陸軍の出身だ。
    監督・松林宗恵氏も海軍の経験があるという。
    一方、これからの戦争映画の出演者は軍籍のあるものは登場しない。
    (自衛隊出身者はいるかもしれないが、実戦を踏まえた軍籍とは違う。)
    池辺 良といえば「昭和残侠伝」シリーズで高倉 健と道行して殴り込みに行く相方とし
   て有名だ。本作で潜望鏡をのぞき判断し、部下を管理・掌握し、鼓舞して命令を下していく
   艦長役は「昭和残残侠伝」シリーズにも通じる演技の引き出しとも思えるが、本質的には
   軍務経験からにじみ出るものではないか。
    やっぱり海軍はカッコイイね。今じゃ当たり前だが、あの時代英語ペラペラな人は士官
   であり軍医長なのだ。
    一方、コメディータッチを狙っているのだろうが、下士官以下の水兵たちの呑気さ加減は
   どういうことだ。外交官娘の行水を覗いたりして。

    でも、それがリアルな戦場ではないかと思うのだ。

                                       (つづく)
    
    





未分類 | コメント:0 |

「 ゲスの極み 」 つながり三題

    


 
     ベッキーさんと「ゲスの極み乙女」の川谷絵音氏の不倫が報じられた。
     これを受けてベッキーさんは謝罪会見した。
     LINEに写真もばっちり出てしまったことから基本的には認めつつも「友人」だと
    否定したにもかかわらず、何度の深々と頭を下げ謝罪した。
     何度も述べているが、日本的「世間」の掟そのものであって、厚切りジェイソン
    なら「Why~?Japanese People~!」と叫びそうだ。
     「世間のみなさんをお騒がせして申し訳ない」ととにかく謝罪するのだが、外国
    人にはこの「世間をお騒がせして」というのがわからない。Why???となってし
    まうのです。

     今回は「世間論」述べるわけではないことから省略するが、ベッキーのパブリック
    イメージを棄損する不倫という事態で場合によってはCM打ち切り ⇒ 損害賠償請
    求になる恐れもあることから、とにかく「世間」に対して謝罪しておこうという危機
    管理がなされたわけだ。

     一方、お相手の「ゲスの極み乙女」の川谷氏のコメントはどうしたこったい?
     これまた、「このように世間を騒がせる事態」とか言っている。
     仮にも「 ゲスの極み 」 とか言っているならゲスの極みやったらどうだい!
     「ええ、ベッキーさんとはおつき合いしてます。それが↗」とか言って開き直るとか。
     ジャンルはロックだろうし、「ゲスの極み」とか言っているならTVカメラに向かって
    「FUCK YOU」と中指突き立ててもらいたいもんだ。妙にしょうもないこと書いている?
     いや、これが関係あるんですよ。こんな具合に飼いならされたロックシンガーだか
    ら、SEALDsを讃えた際、長渕 剛が吐いたこのセリフが当てはまるのです。

      「おかしいです。誰に口止めされているのか? 誰かに操られて音楽
       を作って、それで楽しいんだろうか。自分の言葉を持ち、そして発言
       する。音楽家がやるべきことなんてそれしかない。ロックでもパンク
       でもヒップホップでも、ジャンルはなんだって良い。日頃、社会に対
       してああだこうだ難癖つけてるくせに、いざとなったら、何にも言えない」

      「若いミュージシャンを見ていてもね、『おい、お前は何に寄り添っている
      んだ? 銭か? ったく、若いのによぉ 』、しょっちゅうそう思う。パフォー
      マンスを見ても、歌を聞いても、『 そんなに銭が欲しいなら、もっと勉強し
      て、医者か弁護士になれば?』 と思う。表現で飯を食う、なんてね。
      笑わせるなよ。その前に荒くれろ!」

                                   ~LITERA


     「 ゲスの極み 」とかいって実は寸止めのお話でした。
     

     話はがらっと変わり安倍首相がダヴォス会議出席をとりやめにした。
     昨年、同会議において安倍首相は歴史認識や日中関係に物議醸す発言したから
    だろうか?そうではないと植草一秀氏は説く。

      菅義偉が竹中平蔵封じ込めたダボス出席見送り

      ワールドフォーラム=世界経済フォーラムは、強欲巨大資本の年次集会
      である。新自由主義=グローバリズムの年次総会なのである。
       ここに、のこのこ出かけて行って、 「TPPを早期に批准します」 と宣誓す
      ることほど馬鹿げたことはない。

      TPPは日本の主権者に利益をもたらすものではなく、世界の強欲巨大資
      本の利益を極大化させるための枠組みだからだ。
      日本は、安倍晋三自民党が 「国の主権を損なうようなISD条項には合意
      しない」 と公約に明示しているから、TPPに参加できない。

      ISD条項が盛り込まれているTPPに参加することは、明白な公約違反に
      なるからだ。
      安倍首相がダボス会議への参加を見送ったのは、 菅義偉 対 竹中平蔵
       の図式で、菅義偉氏が押し切ったことを意味する。

                         ~ 植草一秀の『知られざる真実』 ~


    
     ゲスの極み竹中平蔵を少しましなゲス菅“ 寝業師 ”義偉が封殺したお話でした。


     最後にゲスの極みといえば、このお方、北の将軍様。
     また何かやらかしたようですね。
     日本のメディアはまんまと北のプロパガンダにひっかっかり「水爆!水爆!」と騒いで
    いましたが、水爆にしてはだいぶ爆発規模が小さいようだ。
     日刊ゲンダイによると、トリニトロトルエン火薬換算で6.0キロトンと推定され、2013
    年の原爆実験の7.9トンよりも規模いが小さいとのことだ。
     もちろん、北朝鮮のこの行いは国際的に許されるものではないけれど。

     当然、安倍首相は渡りに船で北朝鮮脅威論を強調し安保関連法を正当化できるし、
    頓挫した拉致問題にもエクスキューズが出来た。
     北朝鮮も無茶苦茶やっているようで実はしたたかな計算が働いている。
     軍事ジャーナリスト小川和久氏によると、米国アイゼンハワー大統領の方法論をまね
    ているようだ。アイクは核兵器を何万発と増産するかわり通常兵器削減を実施し、その
    分の予算を経済振興にふりわけた。これをマネしたのが中国であって、北朝鮮もマネし
    ないわけがないという。
     もっとも大阪の在日の人々は今回の件を「いい加減にしてもらいたい」と言っているら
    しい。

     文字どおり「 ゲスの極み 」のゲスな行いというお話でした。









未分類 | コメント:0 |

トヨタ家宅捜査が意味するものは?

トヨタ自動車の常務役員、ジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬「オキシコドン」の錠剤を国際宅配便で密輸し、麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された事件はトヨタ本社の家宅捜査で新
たな局面をむかえたと思う。

「麻薬」とか言われているが、オキシコドンが「麻薬」にあたる薬物というだけで、アスリートがドーピング検査した際、風邪薬服用しら、その中の成分がひっかかるというようなものじゃないのか?
薬物に詳しいわけではないことからよくわからないが、どうも怪しげな事件であることは間違いない。
ライバル会社のタレこみ、ジェフリー女史抜擢に対する怨恨等々、ささやかれているが、そんな小さなことではないような気がする。

トヨタは「レーザー核融合」研究で世界のトップ企業なのだという。
この名称から明らかなように「レーザー兵器」に転用することも出来るし、常温核融合の実用化にも関わる技術だ。
「ジャンクサイエンス」として葬り去られた常温核融合を発見したマーティン・フライシュマン、スタンレー・ボンズの両教授が拾われたのはトヨタの子会社だった。トヨタは常温核融合の可能性を信じ地道に研究してきた会社だ。

トヨタというとハイブリッド車「プリウス」が今や同社の中核車種だが、リチウムバッテリーの小型化、軽量化、持続時間長期化に大きく寄与するのが「常温核融合技術」だという。ハイブリッド車の電池以外の部分、すなわち、ガソリンの燃焼効率を上げる技術と圧縮、爆縮とのトレードオフの矛盾を解決する技術も「レーザー核融合」だそうだ。
このトヨタの「レーザー核融合」技術が実用段階になると燃費200kmの「スーパープリウス」が作れる。この「スーパープリウス」を発電機として使うと家庭の電気がほぼ賄えてしまい、エネルギーコストは10分の1程度になるという。
そんな夢のような「スーパープリウス」なのだが・・・・。
例によって例の如くなのです。

「スーパープリウス」の技術的メドがついたとき、何が起ったか?
2009年から2010年にかけた巻き起こった大規模リコール騒動ーー通称「トヨタ殲滅戦争」で
ある。

~ 引用、以上の出典 ベンジャミン・フルフォード 著
「闇の支配者に握り潰された世界を救う技術」~


「おやま、トヨタは虎の尾を踏んじゃったのかな」と思われるが、ここで「虎の尾」とはエネルギーに関することだけではないのです。
冒頭、述べたように「レーザー核融合」は軍事目的にも転用できることからさらに厄介だ。
トヨタリコール事件はでっち上げだったことが判明したのだが、トヨタは1兆円を払わされた。アメリカの懲罰的慰謝料請求の前例に鑑みれば何十兆円の支払いを命じられても不思議ではなかったという。
トヨタは戦前、軍事産業に加担した苦い経験から戦後は頑として軍事産業に組み込まれるのを拒んできた。
トヨタリコール事件は、「兵器をつくるんだぞ!」という脅しだという。

未来を切り開く技術のうち軍事目的に転用できるものは民間には解放せず軍事目的に限定し封印するために「秘密保護法」が制定されたとさえ言われている。
今回の一件はトヨタに「兵器を作るんだぞ!」という最後通告だとするのは例によって穿ちすぎか。
最後にこの一文の意味をよく噛みしめてほしい。

ただ、トヨタが軍事機密ネットワークにとりこまれたら最後、トヨタを中核とするトヨタ関連企業や、自動車部品製造で数々のすぐれた技術を開発してきた多くのメーカーもまた、彼らのネットワークに間違いなくとりこまれる。こうした「隠れた高技術企業」が軍事機密の国際ネットワークにとりこまれなかったのは、トヨタという大きな楯のおかげだった。それがなくなれば、日本企業は一網打尽となる。
トヨタの判断しだいでは、今後、二度と日本から「世界を救う技術」は出てこなくなる。
いま、私たちは、その瀬戸際に立たされているのだ。

~ 引用、同上~


初版時(本年2月末)より、安保法制がゴリ押しされようとする現在、この一文は不気味なほどリアルだ。





未分類 | コメント:0 |

イスラム国日本人人質事件!早くも情報戦か!


安倍政権の中東外交は失政だったと思うが、どうも国内世論は擁護論の方が優勢のようだ。
彼ら擁護派は中東外交の大転換をよしとしているのか?立ち位置を明確にして有志連合側に
つく覚悟はできているのか?今、改めて聞いてみたいものだ。
集団的自衛権をにらんだ安保法制の改正?おおいに結構じゃないか、それくらいではないの
だろうか?有志連合側に立つと明確になったら、中東在留邦人及び日本国内でのテロを甘受
するということになる。ある意味「戦争に行け」と言われるよりひどいかもしれない。
戦闘と何の関係もない一般国民がテロという悲惨な事態に巻き込まれることになるのだ
から。
安倍外交擁護派が増えているのは情報戦が展開されているからではないか。
「I am kenji」 というツィートやメッセージボードだけが報道され、このあと「I am not abe 」
と世界では続いているのに日本ではカットされているもの。

そんな折、週刊現代の「全国民必読 『 イスラム国 』 からすべての日本人に告ぐ」という記
事が目にとまった。 これも危機を煽り、結局は安倍政権の安保法制改正に利するものかと思
いきやさにあらず。冷静かつ客観的に情勢分析している。
元レバノン大使の天木直人氏に明言させている。

安倍総理が唱える「積極的平和外交」 「地球儀を俯瞰する外交」は、取返しのつかない
過ちを犯した。
安倍総理はまさに、まんまと敵のワナにハマってしまった。
今回は日本政府の政策の過失によって日本人が巻き込まれた戦後初めてのケースですよ。

                                                                                             ~ 週刊現代 2/7 号 ~

週刊現代と日刊ゲンダイは共に資本系列からすると講談社系なのだが、日頃は真逆のスタン
スが少なくない。この記事に関してはピタリと一致していると言っても過言でない。
さて、ここでもう一度、副島氏の言説を吟味してみよう。
彼がいうワナにかかったとは単純に地雷外交をやってしまったということを指している。
もっとも安倍首相本人としての外交スタンスは、やたらリスクという言葉を使いたがるように
ガーデイアンのこの言説に収れんされるだろう。

欧米メディアは、安倍晋三首相が世界で存在感を高めようとする際に避けられない
リスクだとの見方を示している。

英ガーディアン紙(電子版)は20日、事件が世界の舞台で存在感を高めようとする
安倍首相の試みに必然的に伴うリスクを「劇的に示した」と分析した。

                                                                                               ~ 毎日新聞


好意的に考えるなら上記のように解釈できるだろう。
でも、副島氏の言わんとするところは違うようだ。
マケインとネタニヤフの連携が米国とイスラエルの意思だと勘違いしたのが間違いだったのだ。
オバマはマケイン(ネオコン)とスタンスが違うようだし、以前も述べたようにジャパンハンドラー
ズ(ネオコン)がアメリカの意思とはもはやいえないのだと思う。
このあたりは変わりつつあるのに、その先が見えない、若しくは知ってはいても現状を変えて
欲しくない、「原発マフィア」や「安保マフィア」と同じ精神構造だ。
この事態の根本には岡崎久彦氏ら「アメリカにぴったりついていく派」が今だに隠然たる力を
持っていることに求められよう。
そもそも国家消滅が予定されているイスラエルなどに肩入れする必要があるだろうか?
アメリカだってイスラエル見捨てることは既定事項なのだから。  

それにしても本当に安倍首相は何もわからず地雷外交してしまったのか。
どうもそうは思えない。シリア渡航直前に身柄拘束されたジャーナリスト、常岡浩介氏は語る。

あの時、渡航できていれば、湯川さんが解放された可能性があるし、そうなっていれば10月
下旬に、後藤さんが湯川さん救出に向かう必要もなかったのです。

                                                                                                  ~ 週刊現代 2/7号 ~



少なくても政府(外務省)は湯川さん殺害を予見し容認していたとしか思えない。
そのあたりは今さら詮索してもしょうがない、今後、どう展開するか吟味しよう。
おそらく安倍首相は開き直り、「毒をくらば皿まで」でベタにこの事件を安保法制改正に利用す
るだろう。さっそくNHK、島田解説員あたりが「あ・うん」の呼吸でこの流れに同調しているようだ。

もっとも体調が持つなら安倍首相は安保法制改正まではやらしてもらえるかもしれない。
以前も述べたように日米安保の視点からの集団的自衛権はあまり意味を持たないが、日本が
国連の常任理事国になるためには必要だと私は考えている。
この点を全く視野に入れず日米安保の視点からのみ集団的自衛権を説く人は危険だ。

安保法制改正が進んでいる頃までには有志連合の分裂、若しくはイスラエル外しを誘発する
情報戦が世界レベルで展開されているだろう。この時、安倍首相は梯子を外されるのだと思う。
やはり安倍首相はワナにはまってしまったのだ。
日本の首相がワナにはまるのは悲劇のようだが、そうでもない。
この時、(あえて野党とは呼ぶまい)カウンター勢力がようやく起きあがるのだろう。

天の配剤というものはあるのだと思う。

 







未分類 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>