素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

2016年 正月



     新年あけましておめでとうございます。

     皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
    
      
     毎年、正月に前年に何を書いたか振り返ることにしています。

     2013年から「世界はおおつごり」とか書いてます。
     また、「世界は 『 21世紀 』 に大転換したのに、日本だけ逆行して「世界の孤児」ならな
    いか気にかかるところです。」 とも述べています。

     今年は参議院選があり、衆参ダブル選挙の可能性すらあります。
     選挙結果如何によっては、日本だけ逆行してしまうでしょう。
     
     果たしてどうなるのか?
     そんな「歴史の転換点」を今年も見つめていきます。

     本年もよろしくお願いします。
  
     



 
    
スポンサーサイト
お知らせ | コメント:0 |

2014年 正月

   

   新年あけましておめでとうございます。

   皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


   私は毎年、前年の元旦に何を書いてか振り返ることにしています。
   2013年の元旦に何を書いたというと、

    今年はもっと先へ行くことを述べたいところですが、どうも世の中、
    政治を中心に逆行してしまった部分といよいよ「21世紀」がはっき
    りしてきた部分が混在してします。

    年末総選挙があったせいもありますが、今年ほど年が改まった気が
    しない年もありません。

           (中略)

    まあ~、いくら何でも日本も米国も欧州ももうまったなしです。
    我々が望む方にふれるか、良からぬ方向にふれるか今年はいよいよ
    結論が出るでしょう。

 
       
   今年もこれとほとんど変わりませんね。
   昨年は、「逆行してしまった部分」と「21世紀」がより際立った1年だった。
   前回述べたように、今年、世界は大つごもりです。
   何にもなくダラダラと過ぎていくとは到底考えられません。

   世界は「21世紀」に大転換したのに、日本だけ逆行して「世界の孤児」ならないか
  気にかかるところです。 
   
   それどころか、当ブログも今年いっぱい出来るかどうかも定かではありません。
   
   そんな時だからこそ、このブログをやる意義があるとも思っています。

   いよいよ本番です。

   大げさに言えばそんな歴史的瞬間を見つめていく当ブログにおつき合い下さい。

   本年もよろしくお願いします。







お知らせ | コメント:0 |

私は続けます。


   特定秘密保護法にからんで多くの有力ブロガーが閉鎖したり、更新停止したり、記事の内
  容を限定したりしている。

   さて、私もどうしたことかと思案していましたが、私は続けることにしました。

   以前も申しましたように何の「保険」もなくしてこのようなブログをやっているほど私はすっ
  とこどっこいではありません。もしもの時のことはもう用意してあります。
   ここでは公開しませんが、友人・知人には「保険」が何であるのか知らせます。
   かなり強力です。
   いい年こいてカラ突っ張りもハッタリもいいません。
   ホントです。
  
   もちろん、いつまでも必ず続けるというわけではありません。

   何度も繰り返しますが、来年以降の経済情勢によって統制経済になったらいよいよヤバイ
  わけでその時、また考えないといけないでしょう。

   TPPは妥結できないと踏んでいますが、それでも妥結してしまった場合、ACTAが知的財
  産保護と連動し始めたら、止めざるを得なくなると思います。 

   そういうわけで特定秘密保護法の単品では止めません。

   実はそう思ったのは少し前のことです。
   出雲大社の大鳥居前の「竹野屋」さんに着いた時のことでした。
   遅くなり夕食を逃したので外で済ませて部屋へ帰り浴衣に着替えリラックスしていると何
  の脈絡もなくふと思ったのです。
   
    やっぱり、ブログ続けようと。
  
   脳にスコーンと入ってきたと言った方が正確です。 
   なんか八百万の神々に、素戔男尊に「お前は続けなさい」と言われているような気がしま
  した。
   「八百万の神々 第一回 出雲大社 最終回 神々との対話」を経てからこれは確信に変
  わりました。

   だからブログを続けようと思ったのです。
   







お知らせ | コメント:0 |

もうそろそろ皆さんとお別れ!?



   「特定秘密保護法」に関してネット規制が明らかになってきました。
   ブログも処罰対象となる可能性を否定していません。
   
    岡田広内閣府副大臣は14日の衆院国家安全保障特別委員会で、
    「公務員等以外の者についても、秘密保護法案の処罰対象となる」
    と述べています。
                 ~ 真実を探るブログ ~
     


   例によってマスゴミはスルーですが、赤旗では取り上げているようです。
   

  ブロガー処罰2 ブロガー処罰1
 
                            ~ 赤旗 11月15日 ~

   「ブログが不特定多数の人が閲覧でき、客観的事実を事実として知ら
    せることを内容とし、ブログに(記事を)掲載している者が継続的に行
    っているような場合には、(秘密保護法案の)『出版又は報道の業務
    に従事する者』に該当する場合がある」(鈴木審議官)

   行政機関は特定のブロガーを『出版又は報道の業務に従事する者』
   に該当しないと判断した場合は、処罰対象となることが明らかになったのです。

   いよいよ「ブロガー危うし」ですな。
   当ブログも閉鎖しなければならなくなり、皆さんともお別れ!?

   どうするかはまだ決めていません。
   SNS、ツイッターも処罰対象になるようです。
   ツィッターのフォロワー数に比べれば当ブログのアクセス数などたかが知れています。
   許してちょうだい。

   一節によると、「特定秘密保護法」により、民間人よりホントのスパイ行為逮捕者が
  出るとか。それから一般人が対象になるのでは?

   何でこんなに「特定秘密保護法」の成立を急ぐかというと、「57ヶ国会議」による逮捕者
  となり得る官僚が自分の身を守るため「特定秘密」にしちゃうなんてことはないかしらん。
   これは私の推論、妄想の類ですから「特定秘密」には当たりませんよね。
  
   それにしても一般人が、逮捕されるようになったら、やっぱり「知る権利」しいては「人権」
  に関わることです。

   「人権」を重視するキャロライン・ケネディー米国大使、「日本国民の知る権利は妨げられ
  てはいけない」と発言して下さい。

    

  PS.例によってウワサをすれば何とやら、というか言ってみるもんだね。

      本日の日刊ゲンダイには、「ケネディー新大使で日米関係は激変する」という
      タイトルの記事を掲載している。

       「(前略)外国人特派員協会が安倍政権に対し、特定秘密保護法案の全面廃
        止か大幅修正という異例の要求を出したのも、米国の雰囲気を浮き彫りに
        しています。ケネディー大使は今後、そんな米国のメッセージを伝えよう
        とするでしょう。」    


      という風に孫崎 享の見立てを取り上げている。

      この記事には
 
       「ジャパンハンドラーズという日米安保マフィアは一掃され、リベラル派が
       台頭するだろう」


      と座布団しいて太見出しにされている。

      やはり、私の予想どおりジャパンハンドラーズは失脚するのだ。








お知らせ | コメント:0 |

松山千春!来る!?

   



   もうご存知の方も多いでしょうが、松山千春さんが千葉に来ます。

   人気歌手が来ても別に珍しいことではないでしょう。

   でも、今回はチト事情が違います。

   何といっても入場無料なのですから。

   どういうこっちゃ、これはコンサート、ディナーショーの類ではないな。

   政治関連では?だから無料なのではないか?そう思い、会場のカンデオホテルズ千葉

  に問い合わせたら、やはりそうだった。

   時間の都合のつく方はのぞいてみたらいかがだろう。


  松山千春




    







お知らせ | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>