素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

医療用大麻解禁 一歩前進!

    



    参議院選、鳥越陣営について、特に(ア)菅 直人について書こうと思いましたが、(ア)
   菅などどうでもよくなって、それよりこれだと思ったのだけど、それも後回しでいいやとい
   うことになり、結局、これにました。

    少し前、とあるカフェでT君と話していました。
    彼はスモーカーですが、祖父は医者で「医者の不養生」というやつでかなりのヘビースモ
   ーカーだったそうです。

     「でも、じいさんは86歳まで生きたんだよな」とT君がいい、さらに会話が進むと
     「僕は日本でも大麻解禁すればいいと思っているんです」」 T は言い出した。

     「え!わかっているじゃない」と私。

    彼は保険屋さんで医療関係とつき合いが多いのでわかっているのです。
    こうつけ加えました。

     「喫煙大麻はともかく医療用大麻は解禁してもいいと思うのです。
      医療関係者、知っている人はみんな大麻が万能薬と知ってますから」と。

     「お~、若いのに君はわかっているね」と私は思わず握手して、
     「今度、非公認政党、日本大麻党を設立しよう」などと冗談言って別れました(笑い)。
    
    大麻解禁を公約にする政治家なんているわけないよねと思っていたのですが・・・。 
    参議院選が始まり仕事仲間 k と酒席をともにした際、彼がやや興奮しながらこう言
   い放ちました。

     「知ってる?医療用大麻解禁、高樹沙耶が公約にしてるよ!」
     「え!そうなの?」これには私の方がびっくりしました。

    確かに「新党 改革」から公認候補で出ていましてね。

    泡沫候補扱いでしたが、無所属ではなくまがりなりにも政党助成金をもらっている
   政党から「医療用大麻解禁」を公約に立候補した意義は大きい。
    少なくても党首は「医療用大麻解禁」を認めているのだから。

    そうこうしているうち、昨夜、「報道ステーション」で医療用大麻についてやっているでは
   あ~りませんか。
    末期ガン患者が抗ガン剤ではきつくて大変だから大麻を使っていてこれを認めろと裁判
   を起こしたのです。

    富川悠太は「みなさん、どう思われますか?」と視聴者に投げかけ全面否定はしません
   でした。どうもじわじわ来ています。

    古来より万能薬の大麻を封じ込めたのは、石油でつくる薬にとって大麻があっては困る
   からです。石油がエネルギーとして終わろうとしている今、医療用大麻解禁へと世界が
   向かうのは必定です。

    もっとも番組でこんなこと言えるはずがなく、話題を喫煙大麻にすり替え、麻薬取締官
   のインタビューを交えていました。彼曰く、

    「大麻が体に害がないとしてももっと強いものとして覚醒剤に向かうからダメだ」

    そういう麻薬取締官その人が脳をやられている、洗脳されている。
    日本国憲法と共に「大麻取締法」もGHQに押しつけられたことを知らない、仮に知って
   いたとしてもその背景までは知らない。さらに、一番肝心なのは戦前、日本が大麻草
   (ヘンプ)だらけだったことを知らない。

    そうはいっても世間は半信半疑でしょう。
    私が大麻の真実を知ったのが2009年、以後、半信半疑でした。
    2013年にどう考えてもこれは否定できないと確信するようになりました。

    まだ、もう少し時間がかかるでしょうが、医療用大麻解禁の扉に手がかり一歩前進
   しました。



  〔関連記事〕
  
   「攻めの農業」より大麻栽培解禁を! 前編 

   「攻めの農業」より大麻栽培解禁を! 後編



 






スポンサーサイト
医療 | コメント:0 |

「 寿命120歳 」 は現実に!?

    



    先日、年末年始むけに散髪へいった時のことだ。
    床屋相手に政談、まさに「床屋政談」?いやいや違います。

    
     私  「もうすぐ120歳まで生きられる薬が解禁になるんですよ」

     床屋 「え!そうなんですか?そんなことできるんですか!!!」

     私  「ええ、そうです。1日あたり8円とかの薬らしいですよ。
         もともと長生きの薬はあったんですよ。中曽根大勲位なんか長生きじゃないで
         すか。彼らはとっくに使っていますよ。」

     床屋 「ナルホド。そうですね。」

    寿命が120歳になることについては過去何度か記事にしてきた。
    当ブログ読者には当たり前でも世間一般には夢物語のようだった。
    当日はED治療の画期的方法についても語ったのだが、それは脇道にそれちゃうんで
   省略(笑い)。え~と何の話でしたか、寿命120歳ね、あったあったこれだ。

      2016年、世界初の「アンチエイジング薬」の臨床試験が始まる。
     
      薬の名前は「メトフォルミン」。糖尿病の治療薬として、1990年代から全世界
      で使用されている薬だ。研究者らは、メトフォルミンが老化を遅らせ、加齢に伴
      う病気を予防する可能性があるとみている。実現すれば、健康寿命が120歳
      まで延びると予測される。
                          ~ Agying style


    確か1日あたり8円の負担だったような気がしたが・・・・
    これですね。

      老化を防ぎ、寿命を延ばす効果があるとされる薬の臨床試験が、世界で初
      めて米国で来年から行われることになった。米食品医薬品局(FDA)が試験
      を承認したと、欧米メディアが1日までに報じた。 この薬は、すでに糖尿病
      の治療薬として広く使用されているもので、動物への投与で老化防止の効
      果が確認されたという。試験には米英の大学や研究機関などが参加。
      3000人のボランティアを募り、人間への効果を確認する。参加する研究者
      は「人間の寿命が120歳に延びる」としており、古今東西多くの人々が追い
      求めてきた不老不死や若返りの夢が現実になるかもしれないと大きな注目
      を集めている。 

      報道によると、アンチエイジング(老化防止)薬として臨床試験が行われるのは、
      1940年代から世界で広く使われている2型糖尿病の治療薬「メトホルミン」。
      腎臓病や多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群などにも効くとされ、1日当た
      りの投薬コストは日本円で約8円と安価だ。

                                 ~ SANKEI BIZ ~



    「欧米メディアが」となっているが、日本はどうなんじゃ、新聞読んでないからわからん
   が、モンサント報道のように日本では情報統制か?
    そうでもないようです。ネットばかりか紙媒体でも報じているようです。

     若返り薬

     最後に夢のある話を。米ウォールストリートジャーナルによると、寿命を延ばす
     とされる薬「メトホルミン」の臨床試験をアメリカの米食品医薬品局(FDA)が
     世界で初めて承認した。元々、糖尿病の治療薬として広く使われていたが、
     英カーディフ大学の研究者が調べたところ、この薬を投与された糖尿病患者
     が、他の患者より平均8年も長生きしたことから研究を始めたのだという。
     研究者は投薬により人間の老化を20年遅らせる効果があると主張している。

                     ~ 週刊ポスト 2016年 1.1/1.~



    長寿の新薬については過去40年、何度も科学雑誌に発表されたが、マウスでは
   成功しても人間には・・・モゴモゴといつの間にか立ち消えになってしまう。
    今回もそうかというとそうはならないようです。この「週刊ポスト」では「あと5年頑張
   れば死なずに済む病気」として特集を組み、その一つとして「若返り薬」が紹介され
   ている。他にも肺ガン、肝臓ガン、膵臓ガン、脳卒中、心不全、大動脈解離、糖尿病、
   ぜんそくなどが完治若しくは大幅に余命を伸ばすことができるとされている。


    まあ~、これも世の中、変わりつつある証拠です。
    「人類間引き派」が敗北し「人類増えてもいい派」が勝利したということです。
    「人類増えてもいい派」が勝利してもいろいろ問題があるのですが・・・、それはこれ
   からどうにかすればいいだけです。

    「寿命120歳」時代になる頃、彼らはもっと凄いことなっているでしょう。 
    2014年初頭の記事 「 明るい年へ!ベンさん 後編 」 のこんな一節を最後に自
   己引用します。

      またもやウワサすれば何とやら。
      「週刊ポスト」のタイトル上段に「寿命150歳時代」で何が起きるか
      となっている。
      ベンさんが「1000歳まで生きられる技術はあるんですよ」 と言って
      も半信半疑だった。でも記事にはケンブリッジ大の先生のこんなコメ
      ントが載っている。
       「今後20年間に1000歳まで生きる人間が出現し、すでに
        現在生まれている中にも150歳まで生きる人間がいる」

  
                   ~ 「 明るい年へベンさん 後編」 ~



     あれから2年経とうしている。

     
     もういい加減「21世紀の扉」が開いてもらいたいものです。





     
医療 | コメント:0 |

知らないと怖い電磁波 後編

     



     電磁波の有害性について述べてきたが、ここで敢えて根源的な疑問を呈してみよう。
     電磁波が人体に有害なら電磁波を出ないようにすることはできないのか?
     もちろん、電磁波をなくすことは出来ません。そもそも限りなく電磁波ゼロに近い状態
    のケージで動物実験するともれなく実験動物は死んでしまうという。
     つまり電磁波は地球上の生物にとって必要なのです。
     人体に有害な電磁波とそうでない電磁波が存在するのです。
     丸山先生は電磁波ブロッカーでも電磁波そのものを減らすことは出来ず、絶対値を変
    えずマイナスをプラスに転換するのだと述べています。
     先生は電磁波対策として炭コーティングされた鋼製コイルに用いて効果を上げている。

       ○ 携帯電話 ⇒ 関節リューマチ、不整脈が治まる。
                 前頭前野の血流が増加する。

       ○ コンセント ⇒ 不眠、頭痛、生理痛、高血圧、糖尿病、気管支炎が治る、症状が
                 改善する。

       ○ ブレーカー ⇒ アトピーが治る。
   
     その他、この炭コーティング鋼製コイルは以下の多くの症状に治癒、改善がみられる
    という。
     めまい、じんましん、肩こり、腰痛、難治性の咳、花粉症、夜間の頻尿、うつ病
     原因不明の胸の痛み、髪の毛の脱毛等々。  

     この鋼製コイルが何をもたらすかというと、電磁波が低減しているのではなく、マイナ
    スイオンが増加しているのだという。マイナスイオンの抗酸化作用が電磁波の悪影響
    より上回っているということでしょうか?

     
     それでは留保していた事項、子供が携帯依存症になるとなぜダメなのかについて
    ふれましょう。
     ケータイを四六時中いじっていると「脳の中の脳」と言われる前頭前野の脳血流が低
    下する。中には指をスマホに置いただけで脳血流が低下するものもいるという。
     前頭前野は人間のコミュニケーション能力と関係する部分でここに血流がいかないと
    コミュニケーション能力の欠如した人間になるようです。丸山先生はもっとストレートに
    実験しています。

      また、このコイルをこめかみに貼ると、前頭葉前野に脳血液が著しく上がります。
      子どもが勉強するときに着けてあげると、視野が広がり、視力が上がり、成績ま
      で上がる可能性があります。

       ~ ザ・フナイ VOL.81 
         丸山修寛 「電磁波が『ガン・リュマーチ・成人病・うつ病・難病』の原因」~
  

      ひらたくいうと子供の脳の働きがよくなり、頭がよくなり当然、学校の成績も上がる
     ということです。この夏、文科省からこんなデータが発表されました。

       【全国学力テスト】スマホ使用で学力低下?
   
       文部科学省が公表した全国学力テストの児童生徒アンケートで、平日に携帯
       電話やスマートフォンで1時間以上、通話やメール、インターネットをするのは
       小6で15・1%、中3では47・6%に上ることが分かった。テスト結果と比べると、
       使用時間が長いほど成績が低い傾向が浮かんだ。
       文科省は、回答のうち「携帯やスマホを持っていない」を除いて使用時間と成績
       を詳細に比較。中3で4時間以上使う生徒は10・8%で、数学Aの平均正答率
       は55・7%だったが、使用時間30分未満の15・9%の生徒は、72・7%だった。

                                     ~ 47NEWS ~



      ケータイ 学力
                                     - 出典 47NEWS -

      世間一般的にはケータイ、スマホに気をとられ集中力がなくなるから成績が上がら
     ないとかいう認識でしょうが、そんな大雑把なものでなく科学的な帰結だということが
     もうおわかりでしょう。
      
      放射能、タバコの害については神経質な人々がいるが、日本では電磁波について
     はとんと無頓着です。電磁波の有害性についておおぴらに報道できないのは反原発
     について報道できないのと似たような事情によるものです。
      「脱原発」によってエネルギー転換が成就したら、電磁波のことももっと認知される
     ことになるのではないかと考えています。

      私が電磁波について把握しているのはこの程度ですが、このテーマは今後も研究
     していくつもりです。
                          (了)
     






医療 | コメント:0 |

知らないと怖い電磁波 中編

  


   
     人は電磁波の影響を受けやすい。
     それは人体のあらゆる臓器、細胞、神経細胞にいたるまで電気を利用していることに
    求められる。換言すると皮膚の下は電解質なので電気や磁気によって人体のイオンが
    活性化することに起因する。人体の電気システムが直流であるのに対して送電システ
    ムは交流です。直流送電システムだったら、我々はかくも電磁波に悩まされることはな
    かったかもしれません。
     コンピューターのOSがWindowsでなくTronだったら、コンピューターウイルスに手を
    焼くことがなかったことに似ていますね。TronじゃなくてWindowsが採用されたのは、
    欠陥OSでウイルスに感染しやすいからだという人がいます。私も同感です。ウイルスに
    よって社会は不安定化しますが、それこそ目的でしょう。人体に害毒を及ぼすと承知の
    うえで直流は潰され、交流が送電システムとして採用された?それはないか。

     日本は電磁波対策後進国だと丸山先生は唱えます。
     
      欧米では子供が携帯電話などを持つ年齢を制限したり、携帯電話や
      コンピューターなどによる電磁波障害について、国民に包み隠さず知
      らせています。ところが日本では、電磁波問題はたまに新聞に記事
      が載る程度です。

      ~ ザ・フナイ VOL.81 
        丸山修寛 「電磁波が『ガン・リュマーチ・成人病・うつ病・難病』の原因」~


      原発というと絶大な権力を持つ存在として必ずひきあいの出される電事連(電気事業
     連合会)なるものが日本には存在します。原発と同じで電磁波の悪影響が世に知れ渡
     っては困る人達がいるのでしょう。従ってメディア(電通)も電磁波についての報道は控
     え目にしている?
      日本のコンセントは100Vなので欧米の200Vに比べて低い電圧であることからアー
     スしなくてもいいことになっている。具体的にいうと日本はコンセントの差し口が2つで
     すね。欧米はアースの口が一つ加わって差し込み口が3つです。アースされていない
     電気コンセントからは電磁波が出ていて家中に静電気や電磁波がたまる一方であり
     これは人体に有害だと丸山先生は説きます。

      さて、GHz(ギガヘルツ)の周波数の電磁波を出すケータイ、スマホについてふれて
     おきましょう。アメリカでは「携帯電話で脳腫瘍になった」と裁判になるくらいですが、
     日本で携帯電話の電磁波が人体に悪いと報道されることはほどんどありません。
      ケータイ、スマホで使われているGHz(1,000,000,000ヘルツ)は電子レンジと同じ
     性質を持っているといわれます。
      私はしかたない場合を除いて基本的に電子レンジで調理した食品は食べません。
      過去30数年ずっとそうですが、周りにの人には奇人変人の類でしたでしょう。
      仄聞するに電子レンジの発ガン性を承知している医師は私と同様、電子レンジで
     調理されたものは食さないといいます。
      チト、脱線しましたが、脳腫瘍とは言わないまでもケータイ、スマホが子供に有害
     であることは無視できないようです。

       携帯電話は、頭蓋内や脳に作用して、静電気を発生させる原因になります。
       静電気は一定以上たまると頭蓋内や脳で1万ボルトの放電をします。
       これは、脳内に落雷が起きるのと同じです。
       その結果、脳はダメージを受け、誤作動を起こしやすくなります。子供は携帯
       電話を手放せなくなり、常に携帯を見ていなければ気が済まない状態になり、
       携帯電話を親が取り上げれば、切れて怒って取り返しにきます。このような状
       態は、「携帯電話中毒(依存症)」と言うしかありません。

                                    ~ 引用 同上 ~


     繰り返しますが、子供がケータイ依存症になるのはゲーム等のコンテンツが面白いだ
    けではなく、脳の誤作動に一因があるということです。
     ケータイ依存症がどうした?そう思われるかもしれませんが、子供の場合、事態はもっ
    と深刻です。
     この件はひまず留保するとして次回は具体的な電磁波対策にふれましょう。

                                              (つづく)





 
医療 | コメント:0 |

知らないと怖い電磁波 前編

     



     それはとある会合でのことでした。
     事情通S氏が顔に何やらピップエレキバンのようなものを貼っていました。
     頭痛がする時、おばさんが梅干しを貼ったりする類のものかと思いS氏い聞いてみる
    と、「電磁波対策です」と返ってきた。     
      
      私 「ほ~、電磁波対策ですか?いろんな病気の原因になるそうですね。」 
  
      S 「よく御存じですね、その通りです。ですから私はこうして電磁波ブロッカー
         を貼っているのです。」

     内心そこまでやらなくてもいいのではと思いつつ、何せ事情通S氏のことだから、私よ
    り電磁波に詳しいのではないかとあれやこれや聞いてみた
     ケータイ、スマホに使われているGHz(ギガヘルツ)が脳や心臓に悪影響を与えるの
    は承知していたが、特に新しく出た機種から出ている電磁波ほど悪影響が大きいのだ
    という。いくら世間から「ガラケー、メディアクロマニオン人」と呼ばれようと私は間違って
    いなかったのだ。そもそも若い人ならともかく、いい年こいて新しいというだけで飛びつく
    のはいかがなものかと思うのです。
     (それにスマホのアプリは怪しいものがいっぱいあるそうじゃないですか。そんなもの
      に煩わされ時間を使うのは真っ平御免だと思います。)
    
     さて、ようやく書く書く詐欺状態だった電磁波について記事にすることになりました。
     電磁波に関することはまだ私自身が全容を掴んでないことから今回は端緒というスタ
    ンスで読んで下さい。
     スマホ、ケータイが有害な電磁波を出しているようで、もっと身近なところで、スマホ、
    ケータイ一切やらなくても電磁波の障害はあるようだ。もっと身近なところはどこか、それ
    はマンションです。アレルギーの専門医、丸山修寛先生に御教授いただきます。
     先生のところにこられた70歳の女性が「吐き気がしてご飯もたべられない、生きた心地
    がしない、歩けない」と言ったそうだ。この方の住まいはマンションの2階で、部屋の中で
    電磁計が振り切れるところがあったのだ。

       女性のベッドを測定すると、やはり高い電磁波が検出されました。
       1階の家の電気配線が女性の床下を走っていて、ベッドのスプリングコイルが
       電磁波を増幅していたのです。そこで、このベッドを使うのをやめてもらい、電磁
       波対策を施したところ、この症状は消えました。
       でも、「この部屋はまだ電磁波が強いな、何も起こらなければいいが」と思ってい
       ましたが、ほどなくして、この女性の肺に腫瘍ができていました。
 
         ~ ザ・フナイ VOL.81 
           丸山修寛 「電磁波が『ガン・リュマーチ・成人病・うつ病・難病』の原因」~



    この女性は肺ガンになったが、体に電磁波ブロッカーを貼ったら3年経過しても肺腫瘍
    は大きくなっていないという。
     マンションは下の階の電気配線が自分の部屋の床下に敷かれていること、及びマン
    ションの構造体である鉄筋が電磁波を増幅させることがあるそうだ。

     携帯の基地局はマンションよりずっと危険だ。
     やけどのようなアトピー性皮膚炎の患者は庭に携帯の基地局が出来てから発病した。
     両手足に電磁波ブロッカーを貼ることで病状は見違えるようによくなったという。
     アトピーは食物が原因に挙げられるが、電磁波の影響も大きいようです。
     皮膚が桃の皮がむけたようなひどいアトピー性皮膚炎の子供が丸山アレルギークリニ
    ックに担ぎ込まれました。この子供の部屋の勉強机付近の電磁波を図ると通常の20倍
    以上の数値を示しました。
     勉強机裏側の配電盤が原因と推察してここから離れたら、3ヶ月で薬も使わず完治し
    たという。怖いですね~、配電盤は誰のうちにもありますから。
     
     以下、電磁波がリウマチ、不整脈、眼痛の原因になることが説明され、電磁波ブロッ
    カーで一定の効果を上げていることが報告されている。
     そればかりか不眠やうつ病も電磁波の影響が認められるようです。  
    
       32年来、不眠でうつ病の患者さんがいました。私は脳の周辺にある静電気や電
       磁波が不眠やうつ病の原因になると考えて、耳に電解コンデンサーで作った耳栓
       (電磁波の害を遮断する機能を持つ)を入れてもらいました。さほど期待はしていな
       かったのですが、1週間後には、「すっかりよくなりました」とお礼を言いに来られま
       した。それ以後、その方は睡眠薬なしで熟睡でき、抗うつ剤がなくてもうつ病の症
       状が出なくなったといいます。
                               ~ 引用 同上 ~
    
  
       
     さらに丸山先生は自殺と電磁波の関連についてふれている。
     どこで読んだか記憶が定かではないが、電磁波兵器を使えば、どんな屈強な精神の
    持ち主でも自殺に追い込めるというから、さもありなんというものであります。
     佐野千遥博士によると、電子銃で患部の細胞の原子核に電子を撃ちこむと精神病を
    含めて多くの病気が完治するという。電磁波と電子は同じではありませんが何か関係
    ありそうです。

     いずれにせよ人は電磁波に影響受けやすいようです。

                                       (つづく)  
    




    
医療 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>