素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ラグビーブーム再来!?時代は巡る!

    



    ラグビーワールドカップ2015で日本は歴史的3勝をあげ幕を閉じた。
    決勝トーナメントにはいけなかったが本当に健闘した。
    いちラグビーファンとして感謝したい。
    サッカーの場合、決勝トーナメントはベスト16だが、ラグビーの場合ベスト8であることか
   ら少し前までの低迷ぶりを思うと感慨深い。
    ここ2~3年で急速に強くなったのはエディー・ジョーンズの指導の賜物だと思う。
    もっとも彼は厳しすぎてチームが空中分解しそうになったそうだが、アメリカ戦にきっちり
   勝って有終の美を飾れてよかった。
    俄かラグビーファンみたいでイヤだったことから今までこの話題にはふれなかった。
    以下、ラグビー蘊蓄を語ってもいいのだが、当ブログの性格上、少し趣を変えよう。

ラグビーワールドカップ 2015


    
    今から30年前、1985年は今日以上にラグビーブームだったのだ。

     ◇ 1984年10月 TBS ドラマ「スクール☆ウォーズ」放送始まる。
                                (85年4月6日まで)
                 伏見工業の監督・山口良治をモデルにしたドラマ。
                 落ちこぼれチームを高校ラグビー日本一にする青春もの。
                 このドラマの感化されて「サンドイッチマン」の二人はラグビー
                 を始める。


     ◇ 1984年12月 ユーミン アルバム 「NO SIDE」 発表。
                 タイトル曲「NO SIDE」はラグビーのことを謳ったもの。
                 取り壊し前、旧国立競技場でユーミンが「NO SIDE」を歌う。


     ◇ 1985年1月  新日鉄釜石7連覇達成。松尾雄治現役引退。


    この後、神戸製鋼が88~95年まで7連覇を達成する。
    大学では早稲田、今泉 清、堀越 正巳、明治、吉田義人、元木由起雄らが活躍しラグ
   ビー人気は続いた。


    さて、言いたいのはラグビー蘊蓄ではなく、この頃、日本がどうだったかであります。
    1985年はいろんな事件が次々に起こった1年でしたが、特に記憶に留めておきたいの
   はJAL123便とプラザ合意でしょう。翌年円安不況となりますが、これを乗り切り日本経
   済はバブルへと突き進んでいきます。
    つまり日本のラグビー人気はバブルへの助走期~バブル~バブルの崩壊期とほぼパラ
   レルであります。
    今はどうでしょう、プラザ合意以上に日本に多大な影響を及ぼすTPPが一応「大筋合
   意」しています。株価は諸説ありますが、もうバブルのピークは過ぎたでしょう、これから
   は崩壊期へとむかいます。不動産価格ももうすぐピークでしょう。 ただ、80年代末の不
   動産バブルと違い、ほんの一部だけがバブルです。不動産価格はどんなに遅くても19
   年には弾けると言われます。 奇しくもラグビーワールドカップが日本で開催される年で
   す。翌年は東京オリンピックで日本中はまだお祭り騒ぎですが。
    ジュリアナ東京のお立ち台で女性たちが踊りまくっていたのは実はバブル弾けてから
   です。

    2019年 ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック後、95年以降、日本が急
   速に衰退していたったようにさらなる衰退が待っているのか、それとも一端、落ち込んでも
   再浮上するのか、それは今年から来年の政治的転換にかかっているように思えるの
   です。



    
    今観ると、まだまだ日本が登っていく勢いと人と人の紐帯を感じる。
    ラグビーやると見るとでは大違いでW杯行かなくても、日本一にならなくても
    ドラマチックであります。




   




スポンサーサイト
スポーツ | コメント:0 |

珍説!?日本サッカーの未来!

     


     ワールドカップ、日本代表は残念な結果に終わってしまいました。
     A級戦犯は誰だ、ザッケローニだ、香川だと喧しい。
     そうは言ってもイギリスもイタリアも、スペインでさえもグループリーグ敗退。 
     それがワールドカップじゃないかな。

     フランス大会(1998年)Gリーグ敗退 日韓大会(2002年)ベスト16
     ドイツ大会(2006年)Gリーグ敗退  南ア大会(2010年)ベスト16

     この順番でいったら今回、日本はGリーグ敗退ということになる。
     日本は世界ランキング16位内に入っていないにだから、必ず決勝トーナメントへ駒を
    進められるわけではなく、過去の実績を振り返ればがんばっている方じゃないでしょう
    か?今回の敗因分析はともかくどうして日本と欧米、南米の国々ではサッカーの質が違
    うのか独断と偏見で考察してみたい。
     結局、Gリーグ敗退してしまったが、対オーストラリア戦でスペインは実にお洒落なサッ
    カーを披露した。
     
     FWビジャの技ありヒールシュート。
     FWフェルナンドトーレスが流し込むような余裕の2点目。
     (共にMFイニエスタのスルーパスが良かったのだが)
     MFマタが相手GKの股ぬきシュートでとどめの3点目。

     力強く振りぬくというより軽く当てているだけという感じですな。
     もっともそれだけ敵チームDFを崩しているわけですが。
     これらチームとしてのセンスもさることながら、よく個人技とか言います。
     ドリブル、球際の強さ、やさしいパス、狙いすました股抜き等々。
     確かにサッカーセンス、スキルと言ってしまえばそれまでですが、どうも日本人とは伝
    統的素養が違うように思うのです。サッカーについてのことを言っているのでありま
    せん。
     身体的伝統のことです。わかりやすくいうとダンス(踊り)です。
     菊地成孔氏によると、日本人というか東洋人の踊りは上半身が中心なのだそうです。
     阿波踊りが典型でしょうか。確かに阿波踊りでは腰も使いますがまず手のパラパラ
     とした動きが主で腰は従だと思います。阿波踊りの現代版が「パラパラ」とかおたく
    たちの「オタ芸」でしょう。
     これに対してブラジルのサンバを思い出してください。
     圧倒的に下半身の踊りでしょう。腰を激しく振りながらステップ踏むのですから。   
     アルゼンチンタンゴはどうでしょう。あの激しく際どい足さばきはサッカーに使えそうじゃ
    ないですか。フランコは上半身と下半身の両方の踊りかもしれませんが、あの素早い足
    の動きは日本の踊りにはないものです。のんびりしているような社交ダンスだって、軽快
    にステップ踏みます。もう第一線ではありませんが、ブラジルのロナウジーニョのドリブル
    での足さばきはサンバとアルゼンチンタンゴのフュージョンのようです。
     やはり欧米、南米のダンスは下半身の踊りなのです。
     日本で足腰を使うスポーツというと柔道、剣道がありますが、投げ技や面を打ち込む時
    は足に力(りき)入れて大きく踏み込みます。これが日本人の身体的伝統だと思うの
    です。
     足を使う時は戦う時であって、「力を入れる」ことが当然のように遺伝的に刷り込まれて
    いると考えます。勢い日本人のシュートは力が入り過ぎのように思えてならない。
     (ミドルシュートは誰でも力入れますが)
     そういうわけですからブラジルのネイマールのようなお洒落なシュートはなかなか出来
    ませんね。
     
     そういう日本人の身体的伝統にも変化の兆しが現れています。
     日本人が人前で踊るのは恥ずかしいというは過去のこと。
     2011年小学校で、2012年中学で、2013年高校でと今やダンスは必修です。
     確か「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」のどれかが
    必修となっています。多くの人は「現代的なリズムのダンス(ブレイクダンスetc)」を選択
    するようです。地元のダンススタジオは子供たちで溢れかえっています。      
     足腰をフルに使って踊る日本人が近いうちに、すなわち今の中学生が大人になる頃、
    普通になっているでしょう。
     サッカーをやりつつダンスが必修となった10代が日本代表なった時、もっと球際に
    強くなり、軽快にステップ踏み、おしゃれなシュートできるようになるのではないかと思う
    のです。

     「珍説 日本サッカーの未来」でした。 

   





スポーツ | コメント:0 |

久しぶりのラグビー観戦

   



   仕事仲間のKの甥っ子が慶応のレギュラーメンバーだということで、関東対抗戦ラグビー
  「慶応対明治」を見に行った。
   社会人と学生の実力の差が歴然となって久しく、自分が社会人であることから社会人の
  試合は21世紀になってからも見に行ったが、大学生の試合は15年以上、観戦してい
  ない。
   
    私 「上田監督になったあたりはFW(フォワード)、BK(バックス)のバランス
       がとれていたと思うけど、その前とかは俺らの高校の時と慶応はチームカラー
       が似ているんだよね。基本的にFWチームで、校風と真逆で泥くさいというか、
       ドン臭いというか、いくらBKにボール供給してもちっともゲインしないんで、
       FWだけで闘っているんじゃないかという感じ。
       観ていておもしろいのは早稲田だけでど、シンパシー感じるのは慶応だな。」

   とか何とかいいながら秩父宮ラグビー場へ急ぐ。
   
   キックオフ(12:00)20分前でも座席はかなり埋まっていて上の方と前の方が空いてい
  るだけだ。上の方が全体見渡せるのだが、「前の方が体がゴツゴツ当たる音が聞こえるよ」
  と前から6列目の陣どる。

   全体

   カメラ 慶応明治スクラム


   かつての勢いは無くなったが、明治FWは相変わらず重量でスクラムで慶応を押し気味。
   ゴリゴリFWで攻め込まれあっさり明治にトライを許す。
   慶応も攻め込むがキックは明治の方が巧みで結局、キックで慶応自陣まで押し戻さ
  れる。
   
    私 「慶応のSH(スクラムハーフ)、モール・ラックからの球出し遅いよ。
       せっかくFWが早くボール出しているのに 『 明治のみなさん、ディフェンスライン
       出来ましたか 』 と呼吸合わせてからパス出しているようだよ。」

    K 「やっぱり、球出し早い遅いは関係するの?」

    私 「そりゃそうだよ。BKがいくら早くパス回しても最初が遅かったら意味ないもの」

   Kは毎年、グランドに足運んでラグビー観戦するそうで近年のラグビー事情は私より断然
  詳しい。でも、こういうことは知らないようだ。
   SHは少々無理な体勢でも何でもパスできなきゃだめ。SHはゆっくり体勢整えてパス出す
  ようなのんびりとした展開ではアカンのであって、SHはダイビングパスを連発しないといけ 
  ないような早い展開じゃないと。(そういえば、SHはダイブする姿がセクシーだという女性
  がいるね。)

   慶応明治 ラック 慶応明治ラインアウト


    私 「左右にオープン攻撃しているけど、慶応はちっともゲインしていないじゃん。
       あれじゃアカンのよ。BKラインが流れている、もっと縦に突っ込んでこな
       いと。それにトップスピードでボールもらっていないね。」 
  
   どうも伝統は継承されるようで、慶応はFWで闘ったらどうかなと思っているうちに前半  
  21分時点で0-15と明治に圧倒されていた。同38分、明大陣、右中間に高く上げた
  ハイパントをFB(フルバック)が自ら見事にキャッチしたところからチャンスをつかむ。
   左に展開、一人飛ばしてWTB(ウイング)がトライ。ゴールも決まり7-15となる。

   慶応明治 トライ画像1
      この後、ウィング(11番)がかわしてトライ

    私 「スクラムじゃ押されているけど、モールでは明治に勝っているのだから、
       外じゃなくてもっと内側で意図的にポイント作ってFWでモールサイド
       突くととか、ドライビングモールとかでゴリゴリいけば、後半、明治の
       FWの足は必ず止まってくるから、そうしたらさっきみたいに一人飛ば
       しとかで外勝負だよ。」
      

   とか何とか言っているうちにハーフタイムになる。
   慶応の監督がハーフタイムに何を指示したか知らないが、後半、慶応はFWの攻撃が
  全面に出て、後半12分、PGを狙わずラインアウトから攻め、FWで持ち込みプロップ
  がトライを決める。
   結局、24-18で慶応が逆転勝利した。



   「次の早稲田対帝京の前半だけ観ていかない?」とKが言うから見だしたら、これが
  面白い、結局、最後まで見てしまった。
   K曰く「帝京はデカイし、強いし、早い。早稲田は勝てないんじゃないかな。」
   今シーズンの対戦成績はに22―17、39―24といずれも帝京が勝利している。

   両チームともに早い早い、SHから「あっ」という間に第2センター(CTB)あたり
  までいっちゃうもの。申しわけないけど先ほどの試合よりワンランク上だ。
   パスを受ける、ポントつくる、オープン、ブラインドサイドにロング、ショートでキック
  する、ラインアウトを確実にキャッチする、一つ一つのプレーの精度が違う。

  帝京早稲田 モール

   それに帝京FWはデカイだけでなくモール、ラックで執拗に細かくつないでいく。
   強い時の早稲田は自陣ゴール10m未満からのディフェンスが鉄壁だ。
   この日も自陣ゴール10m未満で二人、三人がかりで止めたが、帝京はさらに細かく
  つないで、そこへも早稲田が二人、三人がかりでタックルいくのだが、帝京はさらに
  波状攻撃してくる。早稲田のディフェンスが悪かったのではない、帝京の方が一枚上手
  だったのだ。これは(昨日を含まない)過去4試合のデータからもわかる。

     
         《帝 京》  《早稲田》

    得  点  308     178 
   
    得失点  298     148  


   そこは試合巧者・早稲田、早明が強かった時も、一見、明治の方が強そうであり、
  早稲田は明治の波状攻撃を耐えて耐えて「おしん」のように耐え抜いて少ないチャンス
  で確実に得点にする。

  帝京早稲田 帝京トライ
               帝京のトライ

  帝京早稲田 早稲田トライ
               早稲田のトライ

   この日も後半30分、26-26の同点になった時、「今度こそ勝てるぞ」と言わんばか
  りに球場の過半数を占める早稲田OG、OBから大歓声が上がった。
   でも、今シーズンの帝京は強い。ここから立て続けに2トライ。
   早稲田も最後に意地をみせ、(早稲田からみて)左サイド隅、我々の目前でトライ
  を1本返した。40-31、帝京、今期対早稲田3度目の勝利でノーサイド。
   それにしても帝京は強い。
   全盛期の同志社を彷彿させる。
   確かに平尾、大八木、林、東田等のようなスターは不在だけれど、FWの組織プレー
  はあの時の同志社を凌駕すると思う。
   ひょっとすると、社会人に勝てるのではないかと思わせるほどだ。


   その後、Kを映画「人類資金」に誘った。
   以前、彼をワールドフォーラムに連れていったことがある。
   私の周りのマスゴミ界にいる連中より感度がいい。
   この映画を観てどんな反を示すか聞いてみたかった。
   (この件は稿を改めます。)

   銀座のオールドファッションドの喫茶店で「人類資金」絡みの話題に熱中して、肝心なこと
  を言うを忘れた。
   ラグビー日本一になった時の慶応ラグビー部選手、福沢克雄が演出する「半沢直樹」が
  今年、高視聴率を記録した。もちろん、原作の力、堺 雅人の演技、福沢克雄の演出の
  勝利だろうが、そもそも何でこのドラマを企画として取り上げたかに注目したい。
   5日からメガバンク3行に金融監督庁の検査が入る。
   あまりにタイミングがいいではないか。
   この検査が規定路線として決まっていて、そのプロパガンダとしてTBSドラマのエース、
  福沢克雄氏が担ぎ出されたと考えるのは例によって穿(うが)ち過ぎだろうか?
   
   金融庁検査のためメガバンクは3連休返上で離隔資料を隠すことに躍起になっていたの
  では?
   
   「鬼が出るか蛇が出るか」、金融庁検査の行方が要注目だ。



 



スポーツ | コメント:0 |

ケッシュ財団とレスリング五輪除外

   



   ケッシュ財団の技術開示はその後どうなったのか?
   あまりフォローしていなかったが、PR動画が作られている。



   
   医療や反重力装置、環境についてのプロモーションが中心でフリーエネルギーや放射能
  除却については紹介されていないようだ。(日本政府に放射能除却についての技術を渡し
  たという動画もあるが)
   ケッシュ財団はNPO法人で世界中どこの国にも公平、公正にこれら先端技術を開示す
  ると言っているが・・・・・。
   何たってこの財団はオランダ ⇒ ベルギーと本部が移っているのですから。


   この件はひとまず置くとして、レスリングが2020年開催のオリンピック種目から除外
  された。第1回大会からの伝統競技がなぜ?
   人気がイマイチで放映権が安いからとか、日本柔道界の暴力、パラハラのとばっちりだと
  か言われているが、ベタにこの種目、日本人がメダル量産するから気に入らないだけ、
  すなわち日本叩きではないかな。
   除外種目から復活種目にカウントされているのは既に除外された野球・ソフトボールの
  ほか空手も含まれているよね。テコンドーは除外種目にならないのに空手が外れるって!
   世界中の競技人口から言ったらテコンドーより空手の方がはるかに多いだろうよ。
   もうミエミエだな。
   石原暴走老人が前回のオリンピック招致でヨーロッパの貴族にやられたと言った。
   IOC会長一度やったらタマランチ、彼ら“ IOC貴族“ は貴族そのものでなく
  もその背後には本物の貴族がいる。
   一応、世界からメンバー集めるようなフリしても結局、日本人はメンバーに入れてもら
  えなかったりする。日本人は入れてもらえないと言うと何か思い出しますね。
   ビルダーバーグ会議であります。
  この会議には当時世界第2位の経済力を持っていたにもかかわらず日本人は誰も参加さ
  せてもらえませんでした。ロックフェラーは日本人も加えたかったらしいですが、彼ら
  欧州貴族に強硬に反対されたことからこれとは別に日本人も加えた3極委員会が出来ま
  した。
   ビルダーバーグ会議の元議長はエティエンヌ・ダヴィニオン子爵。
   彼はベルギー人でトヨタのレクサスのヨーロッパでのブランディング戦略の顧問です。
   南米にも顔が効くようですからサッカー「TOYOTA CUP」にもおそらく一役
  買っているでしょう。一説によると彼はサタニストとも言われますが、彼の顔写真を見  
  た時、私は「何て冷たい目しているんだ!義眼か!」と思ったほどでした。
   そんな彼の子分がわんさかいるであろうベルギーに本部を置くケッシュ財団はどうも
  信用できない。


   まるで大学の授業のようだった先日の石原暴走老人の代表質問だったが、
  「はやぶさ」 を引き合いに出して日本の先端技術の積極活用を説いた。
   この点に関しては暴走老人にも共感できる。
  暴走老人の質問に答えて麻生副総理は、「はやぶさ」が帰還した際、その技術につい
  て米国から問い合わせがあったと明言した。
   「はやぶさ」に代表されるように何をしでかすかわからない日本の技術が彼らは目障
  りだし、恐れすら感じているだろう。

  
   ケッシュ財団の件に戻ると、日本がメダル量産する競技をオリンピック種目から除外 
  するように放射能除去技術、フリーエネルギーなどの日本の技術が世界をリードする
  ことが彼らにとっては許し難いことではないか。その前にケッシュ財団でヘゲモニー
  を握って新技術を普及させる。NPO法人が無償供与と言ってもアテになるもんか。
   レスリング、空手、野球・ソフトボールをオリンピック種目から外そうとする連中と
  つながるのだろうから。
  
   TPP参加に前のめりな連中はどこかでTPPがスタンダードになることから、
  さっさとルールづくりに参加すべしと考えている。IOCにすらメンバーに加えてもらえ
  い日本がどうして自国に有利なルール、スタンダードづくりできるだろうか?
   露骨に不利、壊滅的打撃を回避するルールづくりが生一杯ではないのか。
   いい加減目覚ましたらどうだ!

   女子スキージャンプでは高梨選手が活躍しているが、「(彼らから見たら)あんな
  子供みたいな子に負けるなんて許せない!」とまたぞろレギュレーション変えられや
  しないだろうか?
   










スポーツ | コメント:0 |

女性監督で一件落着か? (柔道とJUDO)

   



   園田監督に対する内部告発に始まった柔道界の一連の騒動は園田監督辞任、吉村強化
  担当理事の辞任を経て女性女子柔道監督擁立の可能性を示唆して収束にむかいそうだ。

   柔道に限らず大相撲の世界も八百長など可愛いものでリンチして死なせてしまったとか、
  弟子が行方不明になって白骨になって見つかったとか、私が知るだけでも「闇の世界」は
  存在した。(最近はどうだが知らないが)
   柔道もお相撲も純然たるスポーツとして割りきれないものがある。
   (相撲は神事で興業であるからしてさらに複雑だ)
   他にも日本由来の武道は単なるスポーツと言うよりも精神修養の場、その人間関係は
  「監督(コーチ)と選手」というより「師匠と弟子」だったりする。
   空手などはこの師弟関係が海外でも人間関係を規定しているようだ。
   世界中に道場のある空手の場合、一度、師弟関係を結ぶとその関係が終生続くことも
  あると聞く。アラブの王子を弟子にしたら、物凄い人脈が余祿としてついてくるそうだ。
   
   早めの結論を言うと、私は自分がその世界に身を置いたことがあることから、師弟関係
  を必ずしも否定はしない。ビジネスモデルとしては成り立たなくても教育システムとして
  は今後も師弟関係は生き残っていくと思う。 
   
   武道に限らず料理人の世界も師弟関係の世界だ。
   厳しさを通りこして暴力事件も耳にする。(三国シェフの事件など)
   何せ狭い空間に包丁を持った男たちが寄り合っているわけだから絶対の主従関係になら
  ざるを得ないところがあると思う。
   厨房にシェフは一人、船に船長は一人だと思う。
   それでも暴力はイカンと思うが、フランスに料理修業したある料理人は手こそでてこな
  かったが、言葉の暴力は凄かったと言う。
   洋の東西を問わないということか。

   さらに能、狂言、歌舞伎、日舞、落語等古典芸能の世界も師弟関係の厳しいタテ社会だ。
   親子でも師匠と弟子だったりする。
   武道ではないが「芸の道」とか言うからね。
   師弟関係に見られる様々の「修行」とは突き詰めると仏教、特に禅宗の修行に淵源がある
  ような気がする。その昔、雑誌上で人生相談していた今 東光和尚は読者に「和尚はバカ
  ヤローの一言でお終いで答えになっていないじゃないか」と詰問されて曰く、
   「甘ったれんじゃない、禅宗の修行なんかもっと厳しいぞ」と一喝した。

   修行の中で一番きついのは大阿闍梨になるための千日回峯行だろう。
   ひとたび、千日回峯行に入ったら、きついので止めますはもちろん病気になっても親
  兄弟が死んでも途中で止めることは許されない。仮に途中で止める時は、自刃すべく懐に
  短剣を忍ばせて入山すると言われている。
   この千日回峯行を2度行ったものは比叡山延暦寺の酒井雄哉大阿闍梨を含めて1000
  年の比叡山の歴史で3人しかいないという。
   まあ~、ここまでの厳しさは別格としても、本来、武道はスポーツにして「道」を究める
  者の世界、精神修養の場としても位置づけられている。
   今やこの点があいまいになりつつあるのだが、その痕跡ははっきり残っていると思う。
   
   オリンピックなど関係無しで、時代劇の世界のような町道場では「道」を究める者の
  世界もありなのだが、現実はそうはいかない。
   日本柔道連盟に組み込まれ、JOC、IOCが厳然と存在するのだから。
   それに町道場と違い、金メダルが当然というプレッシャーも相当なものだろう。
   柔道はスポーツであって武道だから・・・と今までは玉虫色で済んでも、もはやそれは
  世界には通用しない。
   いくら日本が柔道の母国であっても今や「JUDO」になってしまったのだから。
   
   日本柔道界は「柔道」と「JUDO」の狭間をしばらく揺れ動くのだろうか? 









スポーツ | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>