素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

A I 時代の教育

     



     将来、2030年頃か、ITによって仕事が奪われる旨、記事にしたことがありました。
      ( 「スピリチュアル」と「実務」の交点」
     「2030年 あなたの仕事がなくなる」という週刊東洋経済(2013年3月2日号)の記事
    を参考にしたものだが、当時は「IT」という言葉は頻出しても「AI」という言葉はほとんど
    出てこなかった。

     俄然、AIが世間の注目を集め出したのは、この2~3年だろう。
     チェスの世界チャンピオンがAI に負けた、囲碁の世界チャンピオンはかろじてAI を負
    かし面目を保った、等々。
     先だって日本が開発したAI が東大受験を断念したことがニュースとなった。

      「こちらは、東京大学の合格を目指して、4年にわたってセンター試験の
      模試を受けてきた人工知能『東ロボくん』です。
       有名私立大学に合格するほどの成績を収めてきましたが、このほど東大
       の合格は諦めることになりました。 その理由とは?」

      得意とするのは数学や世界史など、蓄積した知識や論理を扱う科目。
       しかし、英語や国語など「読解力」を必要とする科目は苦手です。
      東大合格の水準まで成績を上げることは、現在の技術では難しいと見極められ
      たとして、進路変更を決めたのです。

                                   ~ NHK ~



     AI はデータ、数的処理、論理力などは優れていても今のところは読解力が劣るよう
    だ。そのAI よりも昨今の中高生の方が読解力に劣るという。

      「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を
      募らせる、AI に勝てない中高生の読解力


      「東ロボくんの性能を上げるよりも、中高生の読解力向上が直近の課題」――国立
      情報学研究所(N I I )が14日に開催した人工知能(AI)開発プロジェクト「ロボットは
      東大に入れるか」の2016年成果報告会で、中心メンバーの新井紀子教授が警鐘を
      鳴らした。

      N I I の調査によれば、中学生よりも(文脈を理解できない)AIのほうが文章を読め
      ているという事例があるという。「正直言って、東ロボくん(AI)の性能を上げるよりも
      中高生の読解力を向上させるほうが国民としては直近の課題だ」(新井教授)。

 
                                   ~ IT media ニュース ~



     昨今、OECD加盟国での調査結果にもこの傾向がはっきりと見てとれる。

      経済協力開発機構(OECD)は6日、72カ国・地域の15歳(日本は高校1年)約54
      万人を対象として2015年に実施した国際学習到達度調査(PISA)の結果を公表
      した。
      日本は「科学的応用力」が前回12年の4位から2位に、「数学的応用力」が7位から
      5位に順位を上げた。一方、「読解力」は4位から8位に低下した。

                                    ~ 時事通信 ~


     何でそうなるのだろうか?
     その原因は様々指摘されるだろうが、やはり非対称性 ≒ デジタル人間が増えている
    ことに起因するのではないか。ゲーム脳と言ってもいいかもしれない。処理スピードは速
    いが本当の意味の思考力は昔より劣化しているように思えてならない。
     もう少し科学的に言えば、おそらく前頭前野がおかしくなっているのだろう。
     前頭前野は思考力や創造性を司っているヒトを人たらしめる最高中枢と言われる。
     スマホ、携帯等の電磁波やその他の原因で前頭前野がダメになっていることはよく喧
    伝されるが、私は専門家でもなければデータもないのでこれ以上深入りはしない。

     もう少し現実的視点で言えば、「やれ、統計が大事だ、ビッグデータだ」というが、これら
    はスパコンで可能な分野であって統計学を修めることが本格的な「AI 時代」になれば今
    ほど意味のあることとも思えない。
     一方、すべてスパコン、AI におまかせというのも如何なものかと言う指摘もあろう。
     電卓があるのだからそろばんなんかいらない、時代遅れとはならないように。
     そろばんが出来れば暗算ができるようなりにそれなりに役に立つ。
     実際、簡単な計算はすべて暗算でやり、念のため電卓で検算するという人は存在す
    るのです。それではフラッシュ暗算まで必要かというとそれは疑問符がつく。
     高速処理とは別のところで数的処理を人力でやることの意義は別のところにもある
    のです。浜 矩子同志社大学大学院教授は三菱総研時代を振り返って述壊する。

      このころは細かい品目ごとの輸出入データを作成する時も、電話帳を3冊くっつ
      けたような分厚い通関統計から商品分類の番号を探し出し、手書きで数字を抜
      き出していました。おかげで、根気と耐久力が要求される仕事を恐れないように
      なりましたね。

                                 ~ 日刊ゲンダイ 12月8日 ~


     さて、何故AIは読解力に劣るのだろうか?
     素人の推論に過ぎないが、AI は矛盾すること、あいまいなこと、現段階では理解不能
    なことをホールドすることが苦手か、場合によってはフリーズしてしまうのではないか?
     それとAI は、少なくても現段階では、情感、情理、感性といったものが無いか、若しく
    は著しく払底しているのではないか?
     これら基礎がないからいくらでも「学習」は出来ても「経験」が出来ないのでは?
     「更新」はできても、ある時「ハタ!」と閃くことがないのではないか、少なくても今のと
    ころは。
     大量高速処理、瞬時に最適化、結果を出すことがAI の主たる能力だろう。
     現時点では意味のないこと、理解不能なこと、重要性が乏しい、どうでもいいことは、
    AIの範疇外だ。もちろん、人間は違うのであって何だか知らないが魅かれる、突然、
    雷に打たれたような衝撃を覚えるといったことが起こる人には10代のみならず、年を重
    ねてからも起こる。その時はわからなくてもそれが何であったのか数10年後にわかるよ
    うになったりするものだ。

     この15~20年、我々はITを使いこなしていこうとして実は自分自身がIT化、すなわち
    疑似サイバーパンクな状況に対応してきたように思う。
     この状況とサイバー資本主義経済とグローバル化の結果、どうなったかというと大学
    に文学部は不要という趨勢となった。理科系、実学万能主義といっていいのではない
    か。
     私の身の回りにも理科系人間は少なくなく、彼らはそれぞれ専門性の高い仕事をして
    いたりもするが、どうも読解力(リテラシー)に乏しい人が多い。
     読解力は文学作品や音楽、映画、アニメ、芸術作品についての素養、前頭前野を駆使
    したコミュニケーション力(⇒ 恋愛力)、及び経験(もっと言うなら失敗)でしか陶冶されな
    いと思うのです。

     「競争」とは比較劣位を引き上げることではなく比較優位をさらに強化することでなされ
    るべきことです。
     AI と人間の競争で人間のなすべきことは自ずと明かになろう。
     この10数年、及び現在も喧伝されている人間のAI化教育・修練ではなくて、AIの苦手
    な読解力の基礎となる人間力を徹底的に磨くことが、一見、遠回りのようでゴールである
    と私は考える。

  






      
スポンサーサイト
教育 | コメント:0 |

朝生 「 橋下 徹 vs アンチ橋下 」 中編

 
  ◎ 教育問題

   「君が代」斉唱、「国旗」掲揚の際、起立しない教員がいるのは怪しからん、いや思想信条
  の自由だ、どこまでいっても結論が出ないことから、「zero tolerance」で職員に関して段階
  的に懲罰規定を課し停職をも視野に入れるというのが橋下氏の主張だ。  
   正直あまりに関心がないのでしっかり観ていなかった。
   いきなり結論を言うと田原氏曰くのように、

    「太平洋戦争をいまだに総括していない」

   これに尽きるのであります。
   左寄りの人達が、「君が代」、「国家」にアレルギーを示すのは、戦時の軍事独裁体制に
  起因すると認められる。彼らは間違いなく太平洋戦争を負の遺産としか捉えていない。
   片や反「自虐史観」の人達は、この戦争の闇の部分を見ようとしない。
   どちらも間違いだ。
   だから、この論争自体に私はそもそも興味がないのであります。
   闇の部分とは何のことだろうか?それは「侵略」だの「大虐殺」ではない。
   児玉誉士夫らによる用意周到に計画された「略奪」のことであります。
   中国の馬賊を利用した児玉らと日本軍のマッチポンプ。
   中国をはじめとするアジアの金(きん)、銀、財宝を掃除機で吸い上げるように「略奪」
  したことであります。戦争に「強姦」、「略奪」はつきものだが、この「略奪」は計画的
  組織的大規模な「略奪」だ。
   そもそも明治時代の頃にこの「略奪」は闇の勢力によって計画されていたとさえ言われる。
   このように書くと反「自虐史観」の面々は怒り出すか、堪えられない。
   でも、「歴史学の真実」ではなく「歴史の真実」を見つめないといけない。

   この「略奪」によって集められた金(きん)はやがて「天皇の金塊」となる。
   これから日本を経済危機やデフォルト危機が襲うが、これら金塊によって担保された
  世界の3大保証人たる天皇陛下によって日本は守られる。
   サヨクがピーヒャラ言っても、戦後復興の延長線上にある世界第3位の経済力を享受
  しているのなら、彼らも「天皇の金塊」と無縁ではいられない。
   20世紀はともかく、今回の経済危機に際して児玉らの行為も単純に善悪では判別で
  きないのではないか!少なくても日本国民にとってはそう考えざるを得ない。

   過去の戦争に関して「良い戦争」はもちろん、「絶対悪の戦争」もなかなか存在
  するものではない。ただ将来の戦争については、「戦争」の仕組みを知ってし
  まった以上、バカバカしいので回避すべきだと主張するしかない。

  「戦争」の仕組みとは何か?
  「愛国心」だ「大義」だと言われるが、戦争当時国が気づかないところでチェスの駒に
  されて殺し合うさまを彼らがチェスプレイヤーとして眺めていることであります。
   このあたり、サヨクも反「自虐史観」の連中もさっぱりわかっていない。

   いずれにせよ、日本を守ってくださる天皇陛下、天皇制にこうべを垂れるのは当然の
  ことであって、思想・信条の自由の入り込む余地はないと考える。



 ◎ 電力・エネルギー

   橋下大阪市長は、関電にモノ申している。
   大阪市は関電の株式9%を保有する大株主であることから「モノ申す株主」という
  わけだ。そう考えるのは至極当然のようだが、関電は関西財界を牛耳っているので
  関電をモノ申すと関西財界を敵に回すことになり、歴代市長は誰も出来ないことだった。
   関電に限らず東電も巻き返しているわけで、このままでは発送電分離もおぼつかない。
   大阪市のみならず神戸や京都も合わせれば株式保有率は22%に達するという。
   これに一般株主が加われば関電を動かしうるというわけだ。

   原発が止まると電力供給が足りないというが、橋下市長はリアルな需給関係資料の
  開示を関電に求めた。橋下氏曰く、これは今だかって国会議員は誰も出来なかったこと
  だそうだ。
   さっきまでやいのやいの言っていたサヨク論客も急にしゅんとなってしまった(笑い)。

   橋下市長の圧勝、討論にならないので次にいくことにしよう。

                              (つづく)











教育 | コメント:0 |

帰化した元・中国人の意見も聞いてみよう。(その3)




 ◎毛沢東(ビッグブラザー)は不滅です
   
   中共が「反日・愛国教育」、すなわち中国風に言うなら、「愛国攘夷」という集団ヒステ
  リーを浸透させるにあたって、採用したのは「国恥教育」と「中華民族の偉大なる復興」という
  ものであって、この両者は合わせ鏡のように相まって、「中華思想」を復活・強化させたので
  ある。

   いきなり結論めいたことを書いたが、すべては「中華思想」を復活・強化させるため
   にあると言って過言でなく、「中華思想」こそ中国共産党を盤石なものとするので
   ある。

   
   どうも思考が「八艘飛び」するが、まずは「国恥教育」からみていこう。
   「国恥教育」とは、中国がかつて受けた「国恥」を「教育」を通じて中国国民に、もう一度認
  識させることをいう。「国恥」とは、すなわち近現代史において、中国がかつて列強国の侵略
  や圧迫を受けた屈辱の体験を差す。

   中共にとって、「中華民族の偉大なる復興」のモデルは、国民党時代はもとよりアヘン戦
  争から毛沢東時代まで一つもないのです。石氏は次のよに説く。
   
    中国にとって『復興』のモデルになりうるような輝いた時代が、近代以前にしか存在しな
    ければ、『中華民族の偉大なる復興』というスローガンが目指しているのは、結局、大漢
    帝国や大唐帝国の「強き良き」時代への「復興」にほかならない。
    それは天上天下唯我独尊の自己中心的な、中華思想への回帰でもあるのだ。

    

   これには異論もあって、

    中国式の共産主義と称される毛沢東主義思想の根底に流れていたのは、階級理論
    に基づくマルクス・レーニン主義ではなくて、中国古来の王統主義(皇帝を中心として
    世界観)と穣夷秩序(中国を世界の中心に置き、周縁は中心に従属すべきだとする中国
    的な覇権主義)すなわち中華思想であった。
    一般的に世界では、共産主義が衰退し毛沢東の威光が衰えたため、代替イデオロギー
    として共産党が中華思想を復活させたのだなど言われているが、これは正確ではない。
    実際には、共産主義の仮面が剥がれたために、底層にあった中華思想が剥き出しにな
    ったに過ぎない。


     ~ 陳 惠運 野村旗守著 「中国は『毛沢東』が生きている限り崩壊しない」~

   両者を合成して、中華思想を根強く持っていた人民が中共の「教育」、「宣伝」、「洗脳」に
  よってより強化された中華思想を奉じるに至ったと考えたらどうだろう。
   さらに同書は、「極論を言えば、中国人は支配されたがっている」と説く。   
  すなわち、数千年もの間、民主主義も議会政治も知らず、独裁者に統治されるのは当たり
  前の ことになっているわけだ。

   ベタな印象として、あんなに広大で13億人もの国民を抱える国を統治するには、強権
  的政府、独裁者によるしかない、と思うのは私一人ではないだろう。 
  
   人民、すなわち「小人」(リトルピープル)は強力な独裁者(ビッグブラザー)を
   待望する。

   同書のタイトルの「毛沢東」にはビッグブラザーのリビがふってあり、J・オーウェルの
  「1984年」の世界は中国において実現しているというのが著者の主張だ。

   80年代の「民主化」の時代でも、毛沢東は、「過ちを犯した」とされても完全否定された訳
  ではなかった。21世紀の中国では、毛沢東崇拝は復活しているという。
   毛沢東のバッチをつけたオリンピック選手が

    「毛主席のおかげだ。このバッチが金メダルを獲らせてくれたんだ」

   と「中国新聞網」というサイトでコメントすると、たちまちこんな書き込みが殺到する。

    「毛主席がいれば我々はどんな困難にも打ち勝つことができる。毛主席、あなたは永遠
     に我々の心に生きている」

    「毛主席は神だ。私も感じた」

    「毛主席は中国人民の精神的指導者であり、中国人に必勝不敗の信仰を与えた」

    「毛沢東は億万中国の心の中の神だ。彼の思想は永遠の光を放つ」 
 

                             ~引用、前掲書~   
    
   まさに独裁者(ビッグブラザー)を待望する小人(リトルピープル)そのものではないか!
   J・オーウェルの「1984年」は、スターリン体制批判のようで、そうとも言い切れない。
                     ↓
   旧・ソ連ではなくて、未来の別の国、すなわち21世紀の中国なのかもしれない。

                                  (つづく)  






教育 | コメント:0 |

帰化した元・中国人の意見も聞いてみよう。

  


  日頃、帰化した元・カナダ人、すなわちベンさんのレポートを中心にしてきましたが、厄介な隣人、中国について知るには、帰化した元・中国人の意見が参考になると思われます。
  
  本稿で取り上げる石平氏は、1980年に大学に入学して、「民主化運動」に青春をかけ、「天安門事件」で挫折を味わった世代です。彼は、毛沢東、中国共産党に騙され裏切られ続けたと思い知った時、洗脳から解け、例え「売国奴」と罵られようとも、反「反日」にその身を捧げる覚悟を決め「日本人」となりました。

  なぜ、そう思うに至ったか、彼の著作を中心にみていきましょう。

 

《反日・愛国教育編》

 ◎伯父さんは間違っていた

   石氏が四川省に帰郷した際、甥っ子にお小遣いをあげようとしたら、日本で稼いだ金は受
  け取れないと拒否されたという。大学生だからと軽く受け流していたが、甥の発言は次第に
  激しさを増す。

    (石氏に日本が攻めてきた時、どうするのかと訊ねてから甥は、)
    「僕は戦う。最前線へ行く。小日本を徹底的にやっつけるのだ」と。
         (中略)
    「実は僕、大学で入党申請書を出した。来年には党に入れるよ」
     (「そうか、お前は共産党が好きなのか」と石氏に問われ)
    「当然だろう。中国人なら皆、中国共産党が好きじゃないか。党を擁護しているじゃ
     ないか。小平おじさんはそうじゃないのか」
         (中略)
    「当たり前だ。当たり前じゃないか。共産党の指導があるから、中国は日本の侵略を
     防げるんじゃないか。昔、日本侵略軍をやっつけたのは共産党じゃないか。小平お
     じさんは歴史を忘れたのか」と甥は、少々興奮状態になっていた。

     ここまで来ると、もはや伯父も甥もない。大人同士の議論となっていたのである。
  
    「そうか。やっぱり歴史か。それでは聞く。今から11年前、北京で起きた
     『六・四事件』、あれも歴史だけど、君はどう思うのか」と、私は反撃に出た。
     (中国では、『天安門事件』のことを普通「六・四事件」という)

    「何ですかそれは。『六・四事件』って、あ、あれですか。思い出した。じゃあ
     はっきりと言います。小平おじさんたちのやったことは、間違っています。
     党と政府の措置は正しかったと思います。僕だけじゃない、大学では皆、そう
     思っています」
         (中略)
     そう言われると、私も勘忍袋の緒が切れた。
    「正しかった?丸腰の学生たちを虐殺して一体どこが正しかったのか。政府が罪
     のない人を銃殺するのは正しいというのか、君は」と、私は声を荒げた。
     
     しかし、甥も一歩も譲らなかった。
    「そうだ。正しかった。おじさんたちのやっていたことは、外国勢力の陰謀じゃ
     ないか。鎮圧しないと、この中国は外国勢力の支配下に入ってしまうじゃないか。
     鎮圧して、どこが悪いのだ」

     甥が薄ら笑いを浮かべながら、挑発的な目付きで私を見ている。
     私は絶句した。怒り心頭に発した。すぐにも立ち上がって、こいつの顔に平手
     打ちを食らわそうとするところだった。      

                  ~石平著 「私はなぜ『中国』を捨てたのか」~
                            〈以下、引用同様〉
  
  げに恐ろしきは教育。                  
  でも、これは90年代を通して江沢民らが施した「反日教育」のほんの一例に過ぎない。
  中国では、さらに恐ろしいことが起こっているらしい。
                   
                           (つづく)







教育 | コメント:0 |

チイチイ通信 2



  チイチイです。
  ジィジーラがロクガした「チバケンギカイ」を見ていたので、ぼくも見てみました。
  少しはカンジも書けるようになりました。

  ジミントウのギインさんは、しつもんするときゲンコウを見ながらで、ケンのしょくいん
  さんもゲンコウをぼう読みでした。あ~たいくつだ、ねむたいよ~。
  
  さいごにギインさんは、

  「チバケンリツ中学校はコウリツの中高いっかんキョウイクとしてゼンコクてきにちゅう
   もくされています。でも、ちゅうがくせいがブカツでスポーツするにしてもグランドが
   せまく、はしっこでカタミのせまいおもいをしている。
   となりに、広いケンのしょうゆうちがあるのになぜつかわないのか?」

  といっていました。



  そういうわけでジィジーラと見にいきました。


千葉中正門   部室
まだまだピカピカです。              広くみえるのはシャシンのせい、
                             じっさいはもっとセマイです。      


野球場   すみ
高校生が野球のレンシュウをしてました。    このネットのワキを使っているのかな?
チュウガクセイはどこにいるの?


ジィジーラが高校生にインタビューしたところによると、タイクカンとテニスコートはいっしょ
につかっている。シャシンのネット脇は高校生の女子サッカー部がつかっているそうです。
中学生はコウシャもいっしょにつかっていて、1階が中学生のしようぶぶんだそうです。



だいじょうぶかな~と思っていたら・・・・。


看板   建設中
隣で中学校のコウシャけんせつちゅうでした。 9がつにカンセイよていだそうです。


野球グランドの脇をよこぎると、高校生のおにいさんが、いっせいに「ちゃ~す!」と
あいさつしました。きもちよかったです。

「ちゃ~す!」






教育 | コメント:0 |
| ホーム |