素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

東北紀行 VOL .4

  

 

 
   〔ジャズ喫茶編〕

     一関に逗留したのは、有名なジャズ喫茶へ行くためであった。
     観光、自然を愛でるのとは別の趣きがこれらにはあるのだ。


     【RYOYCE】

     ROYCEと銘打たれているが、正確にはお店じゃない。
     酒屋さんが趣味で自分のオーデイオルーム開放してるといった方がよい。

    ROYCE 1

    ROYCE 2


     タンノイでJAZZ聞くというコンセプトは都内にもあるが、こちらの方が古いだろう。
     で~んとロイヤルウエストミンスターが両サイドの鎮座してその内側にレキュタンギュラ
     ーヨークが起立する。
     プリアンプはマランツ#7、これも都内の店と同じだ。

     ここで私は#7に関してやや意地悪な質問をする。
     「ECC83(=球の種類のこと)はテレフンケンですか?
     バンブルビー(=コンデンサーのこと)使ってますか?」
     「ええ、うちは全てテレフンケン、バンブルビーでもういつ壊れてもおかしくない状態な
     んですよ」

     全くオリジナルの状態の#7はなかなかないだろう。
     パワーアンプのメーカーは忘れたが、球はKT88。
     しかも茶ベースのKT88じゃないか~!
     茶ベースは初期型でネットで高額取引されている。
     玉(真空菅)は切れかけが一番いいというが、いつ壊れてもおかしくない状態の#7
     で聞くデイブ・ブルーベック、マイルス等は確かに素晴らしかったが、一番はカラヤン
     指揮のロンドン・フィルだった。

     「ベイシーへは行かないのですか?」
     「ええ、昨日行って、今日これからまた行きます」
     「一関だけでもベイシーと全く同じシステム組んでいる人が二人いる。ところが、これ
     が全然面白くないんだね。無味乾燥でさ~。それでも『いい音だろ?』って言うんだよ
     ね(苦笑い)」

     ベイシーはシステムだけでどうのこうの言ってもダメだと思う。よく指摘されるように蔵
     にシステム置いたからいいのだと思う。コンクリートと違って漆喰は音跳ね返すだけ
     じゃなくて少しは吸うと思う。
     2階は音抜けのため空けてあるというから独特の響きなんだよね。プロミュージシャン
     はいろんなところでやっているから響きには敏感だと思う。だから彼らは何度もライブ
     に来るのだ。
     いくら菅原さんに惹かれようとロクでもない音だったらこないもの。




     【 BASI E 】

     やってきました、ベイシー。
     高校の頃から名前と菅原さんは知っているのに出不精の私は50歳を過ぎて初めて行
     きました。

     ベイシー 1


     2日連続で行きましたが、ここはROYCEとは違い、昔ながらのジャズ喫茶、話してはい
     けませんモード、それでも2日目には「写真撮っていいですか」というはずだったのだ
     が、そう出来ずにビビってしまった。

     肝心の音の方ですが、これは素晴らしいとしか言いようがない。
     文句のつけようがない。初日は最後列で聞いたが、ここで聞くとややきつめBGM、2
     日目の真ん中あたりで聞くといわゆるジャズ喫茶の音。でも、これがそんじゅそこいら
     の音じゃない。レコードの再生音としてまろやかなのだが、同時の各楽器が生きてい
     る。音楽であるのと同時に楽器が立っている。


          ベイシー 3


     店内の野口久光氏の画集をぺらぺらめくっていると・・・・。
     (オイ、新参者、俺はドラマーなんだぜ、知っているか) ~ 以下、( )内は私の妄想 ~
     といわんばかりにロイ・ヘインズがかかる。
     こんなドラムは聞いたことがない。転がるピアノというはあるが太鼓が転がっている、歌
     っている。

     マスター、菅原正二氏は早大ハイソ(ハイソサエティーオーケストラ)が学生なのにはじ
     めてモントルー・ジャズフェスティバル行ってた時のドラマー兼バンマスだ。
     ハイソの隣の部室のモダンジャズ研でへなちょこトランペット吹いていたのがタモリさん
     だ。
     タモリさんが言われたという有名なフレーズ、
      「マイルスのパツラ(トランペット)は泣いているが、お前のパツラ(トランペット)は笑っ
      ている」
     は菅原さんがタモリさんに言ったセリフだ。
     「ヨルタモリ」のジャズ喫茶経営、吉原さんのモデルは菅原さんだ。
     文化系でもビッグバンドともなると1年違えば「王様」と「奴隷」。
     しかも、モントルーに出たバンマスとへなちょこトランペッターでは雲泥の差。
     そういうわけでタモリさんはどんなに有名になっても一生、菅原さんに頭が上がら
     ない。
     2006年のJBLの新作、DD66000の発表会にも菅原さんが講演する際、「そう
     いうわけだから森田、来てくれんね」とお願いのような先輩の命令によりタモリさん
     はノーギャラでゲスト出演した。

     JBLのみならずLINNの社長もイギリス(スコットランド)から感謝と視察でやってきた。
     LINNのLP12というプレイヤーがこんなに日本で売れるのは、菅原さんがベイシーで
     使っているからと言っても過言ではないだろう。

     ジャズミュージシャンももちろん多数やってきてLIVEやっただよね。
     Elvin Jones Jazz Machine with  Freddie Hubbard  
     なんて貼ってあった。
     エルビン・ジョーンズは来日する際、東京よりもまず、一関のベイシーでやったという
     からね。
     もちろん、カウントベイシーも何度か来ている。

     蔵を改造した壁には訪れた多くの著名人のサインが書かれていた。
     桃井かおりさんは81年と86年にやってきたんだ。
     榎木孝明さんとか高平哲郎さんとか、そうそう正蔵になる前のこぶ平にサインも
     あった。
     タモリさんは2012年、つまり震災後にも来ているだよね。
     店内にはこのポスターが貼ってあった。


         タモリ ジャズ


     2日目、女性店員は私は憶えていて「あら、また来たわね」という対応だった。
     前日、車の中に財布を忘れ大騒ぎしたから印象には残っていたのだろう。
     この日は、私がコルトレーンの中で2、3番目に好きな「クレッセント」をかけて
     くれた。ウチで聞いてもいいが、これはホント良かった。
     その前の店で長居してしまって山奥の宿の夕食の時間に帰らなくてはならない。
     あんまり時間がなくなってしまった。

     昨日の今日だから、さぞもう少し居ると店員は思ったのだろう、コーヒーを飲み干
     すと「(車だから)ジュースでも持ってきましょうか?」と尋ねたが、「すいません、
     宿に帰らないとまた怒られるので」と私が行った頃には次の曲が既にかかっていた。

     (おい!新参者!ベイシー来たんだからベイシー聞いて行きな)と言わんばかりに。
     「オーバーシーズ」で強圧的ともいえるエルビン・ジョーンズのドラムでトミー・フラナ
     ガンを前ノリでぐんぐんと引っ張っていくみたいに菅原さんは私の行動予定を見切っ
     た如くの前ノリでカウント・ベイシーをかけたような気がした。

                                         (了)







スポンサーサイト
観光・レジャー | コメント:0 |

東北紀行 VOL.3

 



    〔カヌー編〕

     東北行きを決めたのが遅かったせいか、有名観光地は宿がとれず実に巡路が迂遠と
    なった。一ノ関の宿に決めたのは当地に是非、寄ることろがあった他、「体験カヌーコー
    ス」というのがあったからだ。
     早朝5時に叩き起こされ、身支度して車で20分くらい行き湖に到着してカヌー出して
    装備を固め、漕ぎ出したのが6時少し前、8時半くらいまでみっちり2時間半、カヌー漕ぎ
    ましたが、見た目以上にスポーツでした。


    カヌー1
                    早朝の霧立ちこめる湖畔

    カヌー3 カヌー4
      さて出発です。               小さな滝がありあました。

      どうも蛇行してまっすぐ進まないことからインストラクターが見かねたのか、ボートの
     ように2人乗りでいくことんきしました。


    カヌー6
                 もう少し早いと濃霧の湖畔でした。

      
    カヌー8
       湖面に沈んだ樹木。青い棒は私の足ではなく、折り畳み式簡易チェア。


    この湖は「奥州湖」といいいます。
    名前からして新しい湖かと思ったら、胆沢ダムに沈んだダム湖だそうです。
    肝沢ダムは、1973年(昭和48年)に「胆沢川総合開発事業」として新石淵ダム建設事業
    が計画され、1989年(平成元年)9月環境アセスメント手続き終了・1990年5月(平成2年)
    ダム建設基本計画告示がなされ、補償交渉妥結調印後、本格工事に着手し、2013年
    (平成25年)11月16日に竣工した。堤高132.0mは東北地方に建設された多目的ダムの
    中では最も高く、堤体積は全国第2位・堤体長は国内最長723mの全国屈指の巨大
    ダム。
    
    胆沢ダムの建設の目的は、1)胆沢川流域及び奥州・一関市間の北上川の洪水調節、
    2)胆沢川流域農地への既得水利権分の不特定利水、胆沢川流域農地の新規灌漑、
    3)水沢区・江刺区等下流域への上水道供給、4)胆沢川の水位の安定、5)石淵ダム
    完成時より水力発電を手掛けている電源開発株式会社による発電、である。

                                   ~ 出典 WIKI ~



    カヌー11
                 ここらで接岸して一休み。


    カヌー7
                 鏡のように映る遠くの山々と森。

    カヌー10


    復路はだいぶコツを覚え、2ストロークづつ、「イチニ、イチニ」で声合わせ漕いだので往
    路の2倍以上の推進力のはずでしたが、逆風でどうもカヌーの進みは捗々しくない。
    ようやくスタートラインに戻り、クルマで宿に戻る際、「こんなところまで来たか」と呆れ
    るほどの距離でした。おかげで朝食を食べたら強烈に睡魔が襲ってきて、午前中は
    寝ることになってしまいました。


                                    (つづく)






観光・レジャー | コメント:0 |

東北紀行 VOL.2

  



  〔街並み・名勝編〕

    【盛 岡】 

     川を渡って向こう岸へいけば、レンガ造りの風格のある建物があるじゃないですか。
     この建物、どこかで見たことあるような・・・・・・・。


    岩手銀行
                    岩手銀行赤レンガ館
 
    岩手銀行 内部1 岩手銀行 内部2

    岩手銀行赤レンガ館は、明治44年(1911年)に盛岡銀行の本店行舎として落成し、昭
   和11年(1936年)に岩手殖産銀行(のちに岩手銀行に変更)に本店として引き継がれ、
   昭和58年(1983年)に岩手銀行新社屋完成に伴い中ノ橋支店となりました。
    平成6年(1994年)には、現役の銀行としてはじめて国の重要文化財に指定されまし
   た。
    設計は、東京駅の設計者として知られる辰野金吾とその教え子で盛岡出身の葛西萬司
   があたりました。
    辰野金吾が設計した建築としては東北地方に唯一残る作品です。
    平成24年(2012年)8月、「赤レンガの銀行」として親しまれてきた、この建築は銀行と
   しての営業を終了し、約3年半に及ぶ保存修理工事を経て、公共施設として生まれ変わり
   ました。

                         ~ 岩手銀行赤レンガ館 パンフ ~


    消防署
      おそらく現役のこの消防署も面白い。
 

    宮沢賢二 石川啄木館外観
     もりおか啄木・賢治青春館  こちらも第九十銀行をリノベしている。                

    啄木・賢治館 内部1 啄木・賢治館 内部2
    「雨ニモマケズ」をモチーフにした       啄木の処女詩集「あこがれ」 
    棟方志功                     跋文は与謝野鉄幹です。         





    【毛 越 寺】

     平泉は平地七町歩、塔山十五町歩合わせて二十二町歩の全てが国の特別史跡、特
    別名勝に二重指定されている。
     さらに「平泉―仏国寺(浄土)を表す建築及び考古学的遺跡群」として平成23年に
    世界遺産に登録された。
     世界遺産は、中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山から構成される。
     今回は毛越寺(もうつうじ)にしぼって拝観した。


    毛越寺9
                       本  堂

    毛越寺1
       大泉が池  現世に仏の世界を現した浄土庭園                


    毛越寺2


    毛越寺3
      なるほど龍が泳いでいる。      


      寺伝によると嘉祥三年(850年)慈覚大師が東北巡遊のおり、この地にさしかかる
     と、一面霧に覆われ、一歩も進めなくなりました。ふと足元を見ると、地面に点々と
     白鹿の毛が落ちておりました。大師は不思議に思いその毛をたどると、前方に白鹿
     がうずくまっておりました。大師が近づくと、白鹿は姿をかき消し、やがてどこからとも
     なく、一人の白髪の老人が現れ、この地に堂字を建立して霊場とせよと告げられま
     した。
      大師は、この老人こそ薬師如来の化身と感じ、一字の堂を建立し、嘉祥寺と号しま
     した。これが毛越寺の起こりとされています。

                                   ~ 毛越寺 パンフ ~


 
    毛越寺5


    毛越寺6

    毛越寺7

                                       
                                         (つづく)




    




観光・レジャー | コメント:0 |

東北紀行 VOL.1

   



    何となく東北道をドライブしたくなり東北を旅してきました。
    東北は自然、歴史的建造物、風物等みどころ満載なので、順路ではなく換骨奪胎して項
   目ごとにまとめました。  

 
   〔桜 編〕

    【角 舘】
    まずは角館の武家屋敷通りのしだれ桜でしょうが、ご覧の通り今年はやや開花が早く既
   に散ってしまった葉桜でした。

    角舘 武家通1
                  武 家 屋 敷 通 り
  
    角舘 桜6
                  黒塀の内側でご覧の通り満開です。

    角舘 桜2 角舘 桜4

    角舘 桜5

    角舘 桜8
     桜の種類によって違うのかと思いましたが、同じしだれ桜でも角舘樺細工
     伝承館前のしだれ桜は満開でした。

    角舘 桜10
               こちらも満開、桧木内川堤のソメイヨシノ    

    青柳家、石黒家、角舘樺細工伝承館、角館武家屋敷資料館と回りましたが、私には稲
   庭うどん屋さんにあったこの一葉の方が興味深かったです。

    金満家
     凄いですね、全国金満家一覧表とは!三井の三井家、三菱の岩崎家と
     納得の番付が並びますが、真ん中の総後見として三井八郎衛門の右
     隣に本間光輝とあるのが見るでしょうか?(拡大してくだされ)
     「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」と歌われますが、
     やっぱり出羽(酒田)の本間家は凄かったですな。



 
    【盛岡城跡公園】

  
   盛岡城址桜2


   盛岡城址3
    隅から隅まで見たわけではありませんが、「3.11」で石垣が大崩れした
   様子は見受けられない。

    盛岡城は,三戸から不来方(こずかた)に居城の移転を決定した南部信直(なんぶのぶな
   お:盛岡藩初代藩主)が,1597年(慶長2年)に嫡子利直(としなお:2代藩主)を総奉行
   (そうぶぎょう)として築城を始めたと伝えられ,翌1598年(慶長3年)の正式許可の後,
   築城工事が本格的に進められました。
   城の縄張りは豊臣家重臣の浅野長政の助言によるものといわれ,北上川と中津川の合
  流点に突き出した丘陵に本丸・二ノ丸・三ノ丸・腰曲輪(こしくるわ)などを配し,それぞれに
  雄大な石垣を構築して内曲輪(うちくるわ)(御城内(ごじょうない))としています

                                   ~ 盛岡市HP ~


    私にはわかりませんが、お城マニアによれば同じ石垣でも「野面積」、「乱積」、「布石」
   といろいろ積み方が違うようです。 



    【石割桜】

    石割桜 1
                       石 割 桜 

    石割桜2

    石割桜(いしわりざくら)とは岩手県盛岡市にある巨大な花崗岩の割れ目から育った直
   径約1.35m、樹齢360年を越える桜である。見ごろは4月の半ばから。

    盛岡駅から徒歩15分の、盛岡地方裁判所構内に所在する。1923年(大正12年)に国
   の天然記念物に指定された。寛永年間頃に南部藩主の分家にあたる北監物の庭園で
   あったといわれ、明治初期には桜雲石と呼ばれていた。家老の屋敷内の庭にあった巨
   石が落雷をうけてできた割れ目にエドヒガンザクラという桜の種子が入り込み成長した
   という伝承も残っている。1932年(昭和7年)に盛岡地方裁判所が火災に遭い石割桜も
   北側の一部が焼けたが、幸い全焼を免れ翌春には再び花を咲かせた。火事の際、
   庭師・藤村治太郎が身につけていた半纏(はんてん)を水で濡らし、濡れた石で足を
   滑らせて口を切るケガをしながらも石割桜を守ったという。

   樹勢の衰えが目立っていたため、2000年(平成12年)春に50年ぶりに樹木医による
   本格的な治療が行われた。

                                  ~ WIKI ~



    石割桜4 岩手銀行桜
     盛岡の桜は石割桜だけはないよ     川の向うに見えるのは岩手銀行
     うです。


                                          (つづく)








観光・レジャー | コメント:0 |

イギリス紀行 ロンドン後編

    



    「Good Vibrations」は、単にホップなヒット曲のように思われるかもしれないが、ブライア
   ンはこの曲に途方もない時間をかけて多重録音している。 
    いわゆる「Beach Boys」全盛の頃より、「Pet Sounds」以降のブライアンの方が重要な
   のであって、村上春樹氏は「陽光、大波、金髪美女、スポーツカー」にシンボライズされる
   「Beach Boys」が南カルフォニアの神話的アイコンとして輝いたのは数年にすぎないとして
   うえでこんな一文をよせている。

     「ペットサウンズ」以降のビーチ・ボーイは、より普遍的なものごとにアプローチした、
     「アメリカン・ホームメイド・ブログレッシブ・ロック」とでもいうべき独特の音楽スタイ
     ルを追求してきた。しかしそのようなブライアンの作業は、その音楽的コンセプトは、
     明らかに時代に先行したものだった。「罪のないサーフイン・ミュージック・バンド」と
     いう烙印は、彼らに終生つきまとうこととなった。そして人々に無理解は、ブライアン
     の心を深く傷つけ、現実逃避を目的としたドラッグの乱用へと向かわせ、彼の人間
     性の多くの良き部分を損なっていった。
     ブライアンは孤独だった。彼の頭の中には、表出するべき音楽のアイディアとサウ
     ンドが常に満ちていた。それは彼の存在の中枢から自然にあふれ出てきた。
     そういう意味ではブライアンはシューベルトのような、ナチュラルなタイプの音楽家
     だった。本質的に美しいものを追い求め、思惟よりは、直観を重視する音楽家だった。
     そしてシューベルトと同じように、自らの才能を実務的に制御することの不得意な  
     タイプの音楽家だった。傷つきやすく、無防備だった。そのおかげで、彼は自信と
     失望のあいだを、前進と自己破壊のあいだを、秩序と混沌のあいだを、不安定に
     行き来することを余儀なくされた。
 
      ~ 村上春樹 著 「意味がなければスイングしない」
           ブライアン・ウイルソン 南カルフォニアの神話の喪失と再生 ~
 

   
    確かに途方もない多重録音をコンピューター打ちこみのない時代、一人スタジオで繰り
   返す様は「ホームメイド」であり、多彩で多重構造の音響は「プログレシッブロック」とも言
   えるだろう。
    「Pet Sounds」はよくビートルズの「サージャント・ペパーズ・ロンリーハーツクラブバンド」と
   比較される。     
    ブライアン・ウイルソンとレノン/マッカトニーはお互い意識していたのであり影響しあっ
   ていた。ポール・マッカトニーはこのコンサートのパンプにこんな一文を残している。
  
      Pet Sounds was one of the greatest albums of the 20th century
      and Braian Wilson’s compositions and haramonies along with The
      Beach Boys created a work of sheer magic.
   
    先日、ロンウッドがホストしている音楽番組でポール・マッカトニーはこう語っていた。
    「ブライアンと一緒に「God only Knows」を歌う機会があったのだが、感動し過ぎて
     (キー)外してしまった」と。

     ブライアンウィルソン パンフ

       Eric Clapton、Elvis Costello、Art Garfunkel、Linda Lonstadt、
       Billy Idol、Daryl Hall、Carole King、Elton John、Alice Cooper、
       George Martin、Eric Carmen、Billy Joel、Lindsey Buckingham等々
       がコメントを寄せている。


    私はブリアン・ウィルソン再評価後から「Pet Souds」を聞いたのだが、初期「Beach boys」
   からリアルタイムでずっと聞いていた村上氏は「悪くない。ぜんぜん悪くはない。でもあの
   ハッピーで、スムーズで、スインギーな、僕のビーチ・ボーイズはいったいどこへ行ってし
   まったんだ?」と思ったという。
    有名すぎることだが、ビーチボーイズのメンバーにすら理解されず、「犬にでも聞かせる
   のか?」と言われた。私は最初聞いた時から何の違和感もなくすんなり入ってきた。
    試しに後輩に「Pet Souds」の謂われを語りつつ聞かせたが、これまた特に違和感がな
   いという。つまり、我々は「Pet Souds」の“ 子供 ”か“ 孫 ”をどこかで聞いているのだ。
    バルトークの弦楽四重奏をリアルタイムで始めて聞いた人は「何じゃこりゃ?」と思った
   に違いない。この楽曲も私は何の違和感もないし、楽曲の音楽的アイデイァが豊富で聞き
   飽きない。これまた、我々はどこかで既にバルトークの“ 子供 ”か“ 孫 ”を既に聞いている
   のだ。試しに映画「サイコ」でジャネット・リーが会社の金を横領して車で逃げるシーンにバ
   ルトークの弦楽四重奏をかぶせてみればいい。何の違和感なくピタリとはまるから。
    この映画の音楽担当、バーバード・ハーマンはバルトークの“ 子供 ”か“ 孫 ”だろう。
    天才の仕事とはそういうものだ。
    ブライアンを天才という人は多い。彼の仕事は「時代」を超えているのだ。 

    
    さて、帰国後私は「やはり『 Pet Souds 』 とは縁があるな」と思っていたが、それが何だっ
   たのか村上春樹氏の著作を再読して鮮明になった。    
    私には彼以上の文章書けないので引用する。

     「アメリカには第二章というものは存在しない」と、かつてスコット・フィッツジェラルド 
     は書いた。しかしブライアン・ウィルソンの人生には、第二章が紛れもなく存在した
     のだ。

            (中略)

     長く続いた荒廃した生活は、彼の中の何かを確実に破壊してしまったように見える。
     そしてその声には、若いころのあのスィートな張りはない。多くの貴重なものが失わ
     れてしまったのだ。しかしそれでも、ブライアンの歌は確実に、聞くものの心を打つ。
     そこには人生の「第二章」だけが持つ、深い説得力がある。

                             ~ 引用 同上 ~ 
              

    最初にこの本を読んだ時はさらりとやり過ごした一節だが、今読み返してみると「ズシリ」
   と胸に響く。「Pet Souds」を最初に聞いた時、私は「第二章」の扉に手がかかるか届かない
   かという時だった。
    今回、イギリス旅行でブライアン・ウイルソンの「Pet Souds」に再会して「第二章」の扉は
   完全に開き、もう歩み出していることがわかった。
    誰でもその気になって探せば「第二章」は必ずある。
    
    今回、旅日記という極私的なことでさぞかし退屈しただろうが、「第二章」を向かえた時、
   海外旅行すると私同様、きっと何か見つかるはずだという言葉をもってこの旅日記の結び
   とします。

                                                  (了)





観光・レジャー | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>