素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

これも島嶼防衛!?




 韓国大統領府は南北首脳会談が27日に開かれる板門店(パンムンジョム)の
韓国側施設「平和の家」の調度や夕食会のメニューを公開した。
 ご覧のように両首脳が座る椅子やデザートのマンゴームースに朝鮮半島と
共に竹島が描かれていた。
 これに対して日本政府は「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」として抗議し
た。

島嶼防衛2

島嶼防衛1


 日本は領土が38万平方kmで決して大きくはないにもかかわらず、EEZ
(排他的経済水域)と領海を合わせた面積は世界第6位であります。
 海洋国家の面目躍如というものでありますが、水産資源だけではなく海底
に「お宝」ともいうべきレアメタル、レアアースが莫大に眠っていることは今や
周知のことです。
 なぜこれほど領海、EEZが広大かというと、もちろん島嶼が日本列島から
遠く太平洋へと広がっているからです。
 日本の領海、EEZを守るには島嶼防衛が重要ということになります。
 
 そうはいうものの過疎地域の離島に自衛隊配備するわけにもいきません。
 うかうかしていると島民が逓減して、気づいたら外国人が住み着いていた
なんてこともこれからの人口減少社会、十分にあり得ることです。
 さらに進んで日本人はゼロに近づき、離島全体に住み着いた外国人が
竹島のように実効支配していたなんて・・・・・・。

 この人口減少社会日本でどうしたもんでしょう。
 若い人が島に残ってくれないとやがて(日本人)無人島になり、工作員の
ような外国人に島を実効支配されてしまいます。
 島に若い人がとどまる、又はUターンするようにするためには島に産業が
ないといけません。観光産業があまり成り立たないなら、せめて島の特産
物を産業として維持し続けなければいけません。
 酒、特に焼酎などは島の特産物としてPRできて、さらに産業となり得るか
もしれません。島の焼酎をPRして本土の人にも飲んでもらったらいい、消費
者を拡大したらいい。

 先日、とあるセミナーで伺ったビルオーナーがそんな視点で島嶼防衛のた
めを島の焼酎をPRしていました。

島嶼防衛4

島嶼防衛3

 
 声高に日本の領土としての島嶼防衛を叫ぶのも結構ですが、これも立派に
島嶼防衛に資すると考えます。







スポンサーサイト
都市 | コメント:0 |

稲毛海岸3丁目団地 リノベーション!?

   



   森友学園の報道をNHKが忖度したという内部告発があった。
   さもありなんというもので、「マンション75%修繕不安」という記事が日経のトップ記事な
  ったりする。麻生財務相が「TPP11より森友が大事か」といった事実誤認でまたぞろ舌禍
  が波紋をよんだが、実際、森友より別の記事が優先している。
   
   今回は、私も森友学園のことではなくマンション・団地のリノベ、ファシリティービジネスに
  ついて述べよう。
   「AT時代の残る仕事は男のロマンか」 で登場したH君とまた、いきつけの料理屋で再会
  した。4月からではなく3月から、国交省の外郭団体で仕事しているらしく、引っ越し先の遠
  方よりはるばる千葉まで来たという。
   我々業界では「常識はずれ」と言われることもH君には当たり前のことらしく都市計画、
  建築様々な話題に花が咲いた。
   H君曰く、稲毛海岸3丁目団地が一部リノベして話題を呼んでいるとか。
   稲毛海岸3丁目団地といえば、子供時、同級生も少なからずいたことから遊び場だった。
   アスファルト、コンクリート等が多く、当時流行っていたローラースケートやるには恰好の遊
  び場だった。千葉にはマンションなどほとんどなく、共同住宅といえば公的機関の供給する
  団地だった。団地内の住環境と共に子供の目には眩しく映ったものでした。
   それがだいぶ前から「時代」から完全に取り残され、今や不動産ならぬ「負動産」となって
  いる。子供だったから稲毛海岸3丁目団地は輝いて見えたのだろうか?
   どうもそうでもないようだ。

    チョコレート色の鈍行列車を降り、稲毛駅のホームに立つと、青空に富士の
    たおやかな姿が浮かんでいるのが見えた。
    1968(昭和43)年、春。のどかな朝だった。  
    東京・大手町の石油会社に勤める水越速雄は、富士山を眺めながら両腕
    を天に突き上げ、堅い座席でしびれた腰を伸ばした。

          (中略)

    行く手に陽光を浴びて輝く、白い瀟洒な建物の群れが現れた。
    「稲毛海岸3丁目団地」
    日本住宅公団(住宅・都市整備公団、都市基盤公団を経て、2004年7月
    から独立行政法人「都市再生機構」)が、分譲を始めた「夢のマイホーム」
    の集合体だ。それは、富士山の眺望が象徴するように、庶民にとってまさ
    に高嶺の花だった。近隣では大蔵省・関東財務局が管轄する公務員住宅
    (21棟、1350戸)が、ひと足早く竣工し、霞が関に通う国家公務員とその
    家族を巨大な都市集住の器に収めていたが、民間向けのモダンなコンク
    リート住宅は、ずいぶん離れたところに数棟しか建っていなかった。

    水越は胸が高鳴った。稲毛海岸3丁目団地は、約2万5000千坪もの敷
    地の4~5階建ての住宅棟が27。全768戸が整然と海に向かって並ん
    でいた。棟と棟の間隔はゆったりととられて芝生が芽吹き、夾竹桃(きょう
    ちくとう)や桜の苗木が植えてあった。

       ~ 山崎淳一郎 著 「あなたのマンションが廃墟となる日」 ~

                                 ( )内加筆


   松戸の常盤平団地の募集は1955年に始まり62年に入居完了。
   68年当時、富士山を望む海辺の稲毛海岸3丁目団地はまだまだ「高嶺の花」だった
  のだ。

   稲毛海岸3丁目団は、1990年、バブルの頃、横河設計、鹿島建設、藤和不動産の3社
  による建て替え案が浮上した。
   47~49階の超高層住宅3棟、8~14階の中層住宅22棟、総戸数1947戸でバブル
  時代を反映させた壮大な計画だった。
   建て替え賛成は97%にもなった。3%が反対したわけだが、当時では偏屈とも思われた
  だろうこの3%こそ最悪の事態から稲毛海岸3丁目団地を救ったのかもしれない。
   バブル崩壊の足音が近づくにつれ、鹿島建設がまず下りた。
   95年12月、藤和不動産が2年間の中断を申し出た。
   藤和側の説明がこれだ。

    「管理組合との基本合意の締結以来、2年半、事業を進めてきました。建て
     替えへの住民同意の取得も97%に達し、千葉市との事前協議も始まった。
     しかし、この事業は大型であり、藤田・フジタグループとしては、不動産市況
     を見守りつつ慎重に事を運びたい。このところ地価の下落は歯止めが利きま
     せん。さらに首都圏のマンション供給は年間8万戸に達し、適正戸数の倍以
     上の供給過剰になっています。そこで2年間、事業を中断し、その後にもう
     一度見直したい」

                     ~ 引用 同上 ~
  
   

   マンションの建て替えのほとんどが等価交換方式で行われている。
   区画整理でも同様だが、長期間を要する間に土地価格が大幅に下落してしまったら、この
  等価交換方式は成り立たない。
   結局、藤和不動産も下りて住宅・都市整備公団が手を上げたがこれも頓挫した。
   建設コンサルタント業者を経て三井不動産が参画してきて事態は進むかと思われた。
   2000年5月、地権者(住民)の投票が行われ、全体としては768戸のうち81.5%
   すなわち5分の4以上の賛成が得られたが、8棟が各棟の5分の4以上に届かず建て替
  え決議は団地として否決された。
    (その後、「マンション建て替え円滑法」の成立、区分所有法が改正されて団地全体
     の5分4の賛成があれば、各棟は3分の2以上の賛成で建て替え可能になった。)

   稲毛海岸3丁目団地の場合、藤和不動産主導時、「97%」、コンサル会社発案時、
  「80%」、三井不動産参画時、「81.5%」と多くの建て替え賛成派がいたにもかかわらず
  結局、建て替え出来ずじまいです。
   ことほど左様にマンションの建て替えはこれからの人口減少、地価下落時代、困難な
  ものとなろう。それが故に単なる維持管理、修繕のみならず、マンションの「終活」と「再生」
  すなわち、ファシリティービジネスの重要性が叫ばれてから久しい。

   さて、H君との歓談に戻すと、彼曰くのように稲毛海岸3丁目団地の一部ではあるが、
  見事にリノベした。内装だけみると3丁目団とは思えず確かに見違えるほどだ。
   すでにこの賃貸は決まったそうだ。


 稲毛海岸3丁目 1

 稲毛海岸3丁目 2

 稲毛海岸 3

                         ~ 画像出典 R ― STORE ~


   H君とも話したが、これからの時代、4階を3階にというように減築という考え方もとり入
  れていかないとどう転んでも老朽化した建物の再生は困難だろう。
   増床という発想は、(高度)経済成長の発想そのものなのだから。
   







    

都市 | コメント:0 |

神田カレーグランプリ




    
    トランプ米国大統領の娘、イバンカ氏が疾風のように来日し去っていったのと入れ替わ
   るようにトランプ米国大統領が来日した。
    イバンカ、トランプと連続してVIPの来日に首都東京は厳戒態勢の警備だが、そんなこ
   とはどこふく風、呑気に第7回神田カレーグランプリに行ってきました。
    公式HPはこちら。    

    曰く、今や神田界隈はカレー世界一の激戦区とか。あたしも欧風カレー、ボンディーくら
   いは立ちよるが、こんなにもカレーの街となったのはどうしたことだ。
    江戸の守り神、神田明神(平 将門)の神通力によるものか。
    パリのカルチェラタンなんかより神田古書店街の方がはるかに総蔵書数は多いからね。
    神田古書店街が空襲を免れたのは米国人美術家ラングンドン・ウォーナー氏の尽力に
   よるものと言われるし、そもそも古書店街を作ったのは旧長岡藩の人々だとされるが、
   それでもなぜ、この地に古書店やカレー屋が集積したのは容易には説明つかないだ
   ろう。きっと、平 将門の神通力に違いない。 
 
    さて、前置きが長くなった。
    神田小川町のカレーグランプリ会場へと足を運びましょう。 

     カレーグランプリ 看板


     小川町サイド
                        小 川 広 場

     グランプリ アップ
      「世界一の激戦区」ってインドよりもということですか?
      ラーメン同様、日本独特のアレンジが加わるからバラエティーが豊富という
      ことでしょうな。


     
     店1  店2

     店3  SBオリジナルカレー

     

     会場1
       うっかりすると買ったばかりのカレーをこぼしそうな会場の賑わい。

       さ~てどれにするかと迷った挙句、とりあえずこの二つにしました。
       一番、行列の長かったのは15番 オードリーのようでした。

     南インド 南インドカレー
      14番 シリバラジ 南インド料理と   筒状のものはナンより薄いものを
      いうと昔は、麹町のアジャンタくら    丸めたもの。ドーサというそうです。
      いしかなかったはず。今や弟子た
      ちが各地に散らばっているようだ。      

     ココナッツ ココナッツカレー
      19番 チャントーヤ             ココナッツカレーです。 
      こちらは有名だそうです。


     会場2

     歌
           フェスには歌がつきものということでしょうか?

 
     江戸城
           な、何と江戸城の天守閣復活計画があるそうな。
           署名を集めていました。


     古書店
      カレーはあと2杯は軽くいけましたが、古書店に寄ってさらに次の予定が
      あったことから、早々に会場を後にした。

      投票結果はどうなったでしょう。






 
都市 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さよなら千葉パルコ

    



     今月30日で千葉パルコが閉店になります。
     閉店になることは多くの人が知っているだろうし、私もこの件にふれないわけにはいか
    ないと思いつつ書きそびれていた。
     売上のピークは92年で約230億円にのぼったが、15年の売り上げは約47億円と4
    分の1まで落ち込んだ。県内で郊外型大型商業施設の出店が相次ぎその影響で顧客
    減少に歯止めがかからなかったと説明されるが、本年8月閉店した渋谷パルコに象徴さ
    れるようにそもそも業態そのものが少なくても千葉にはミスマッチとなってしまったのだと
    思う。  

    千葉パルコ 全景1

    千葉パルコ 銀座口 千葉パルコ 川

    高校時代、仲間とけっこう、パルコには行った。
    当時、渋谷パルコ自体が近年のパルコとは全然、別物であり、キラキラ輝いていた。
    「あのパルコが千葉にも出来たか」という感慨がありました。
    千葉パルコは76年開業だと言うが、全国のパルコの中でも早い方ではないかと思い
   調べてみました。

      
      1969年11月 「池袋PARCO」開店

      1973年6月  「渋谷PARCO」開店 「PARCO劇場(旧 西武劇場)」を開設

      1975年8月  「札幌PARCO」開店

      1976年12月 「千葉PARCO」開店

                            ~ パルコ 企業情報 沿革 より ~


     全国で4番目、東京以外では札幌に次いで2番目の出店となります。
     「なぜ?」と思われる人もおられるだろうが、当時、千葉市は消費額で横浜市を凌い
    でいたのです。(過去記事で書いたと記憶していたが、このブログではなかったか・・・)
     今とは違い外房、内房に目立った商業施設も少なく、これら地域からも顧客を千葉市
    に吸引していたからだろう。
     それ故、千葉市にパルコを出店しようということになるでしょう。
     そんな時代、高校生にはパルコはやはりキラキラ輝いていました。

    千葉パルコ パルバス
      まだ、あったんだね、「パルバス」

    いろんな世代にとって「我が青春のパルコ」があるのだろう。
    近年なら「パルコ」といえば「タワレコ」や「ビレッジバンガード」かもしれない。
    私らは、「パルコ」といえば大食い大会、ピザ、そば、稲荷ずし、アイスクリーム等々。
    ラグビー部とサッカー部で合同でよく行った。30分とか1時間とか規定時間に完食する
   とただ、失敗すると食べた分だけ金払うというシステムだ。当時、最も食べ盛りであった
   はずなのに成功した奴は1人か2人だったように記憶する。
    何かの記念日、または賭けで勝った負けたでロシア料理「バイカル」でボルシチを食した
   こともありましてね~。
    服飾は我々、高校生には手が出ないと言う感じでありました。
    これまた今やマンションになってしまった「セントラルプラザ」で服は買っていた。


    千葉パルコ セール1

    千葉パルコ セール2 千葉パルコ セール3

 
     千葉パルコのみならず千葉三越も来年3月で閉店。
     さらに船橋東武も近々、閉店すると聞く。船橋といったら西武より東武の方が売上い
    いはずなんだが・・・。総武線沿線はそごう・西武グループの一人勝ちということになる
    ね。パルコと三越が閉店する千葉市はどうなっちまうのかね~。
     元々さびれている商業地はますますさびれるでしょう。
     千葉パルコ跡地はどうなるのか、詳細はまだ決まっていない。
     ここがどうなるか見定めるまでは我々、不動産屋は千葉市街地には手を出さない方が
    いいということになっている。
     私は、ビジネスホテルに毛が生えたくらいのホテルでいいんじゃないかと思っている
    が、実際、その方向で動いている会社もあるようだ。


    千葉パルコ 8F
                      8 階 飲 食 店 街

    千葉パルコ タワレコ 改造社
            タワーレコード                改造社書店

    千葉パルコ 改造社
       近年、パルコへ行くとすればここ改造社書店だけ。
       音楽、映画、精神世界、歴史、軍事と独特の品ぞろえだった。
       はっきり言って総武線沿線ではここが一番好きな本屋です。
       ここが無くなってしまうのはホント、残念だ。


    改造社書店以外では、こういう催しがるとタマにくることもあったかな。
    サウンド 全景

    千葉パルコ サウンド 千葉パルコ カセット
                                昨今、若い衆に人気のカセット 
                                彼らにカセットデッキはどう映るの
                                かしらん。


     千葉パルコ、オープン当初を知るものとしては近年はもう別物で様変わりしてしまって
    久しい。それでも、何のかんのいって「我が青春の千葉パルコ」であるからして、全く無
    くなってしまうのはやはり寂しいものだ。

     ありがとう、千葉パルコ。

     さよなら、千葉パルコ。





  〔関連記事〕

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 前編

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 中編

   ダメな千葉市ほど可愛い!? 後編









都市 | コメント:0 |

乱歩邸訪問

     



     かねてより訪れてみたいと思っていた江戸川乱歩邸。
     「回遊美術館 新池袋モンパルナス」の一環で乱歩邸も開放しているとか。
     この美術イベントは最終日で多くのイベントは終わっていたが、乱歩邸だけは観ておこ
   うと出掛けてみた。 
   
     そもそも江戸川乱歩はしょっちゅう引っ越ししていて東京だけで26ヶ所引っ越した。
     26番目が豊島区池袋3丁目1626番地のこの地というわけだ。
     立教大学と隣接するこの地に昭和9年から昭和40年の没年まで居を構えた。
     作家というと世間とは交わらない人も少なくないが、乱歩は町内会長も務めたそうだ。
     歳月は流れ2002年に乱歩邸と蔵書・資料が立教大学に帰属することになった。
     
    乱歩邸門

    乱歩邸パネル 乱歩邸アポローチ
                         曲がりくねったアプローチの先に玄関

    公開されているといっても建物の中には入れません。
    玄関先の各種展示物、蔵の入り口、応接間を外から眺めるだけです。
    それでも乱歩ファンにはたまらないものがあるでしょう。

    乱歩少年探偵団2 乱歩少年探偵団3
      乱歩は自身の作品関連の資料も収集したという。

    乱歩少年探偵団 乱歩名刺
                                      左隅は乱歩の名刺

    乱歩トリック表
                     乱歩自筆のトリック表

    乱歩4ショット
      豪華4ショット 左から松本清張、吉川英治、江戸川乱歩、横溝正史

    乱歩中庭
      中庭を抜けると蔵が。

    乱歩蔵扉 乱歩蔵の乱歩
                                      幻影城の主・乱歩        

    乱歩蔵の中
     ガラス張りになっているが中には入れません。このパネルが置いてある。


    乱歩の蔵書は土蔵内部、土蔵の外側の軒下部分を書庫に改造したもの、母屋・洋館
   部分の三つに分けられ、和書(翻訳を含む)約13000冊、洋書2600冊、雑誌5500冊
   にのぼる。 


    乱歩応接間
     多くの作家、編集者を招いた応接間

    乱歩机
    扇風機も電話も地球儀も当時のまま。この机いいですな~。 


    1年に1回くらいしか公開しないのかと思いきや水、金曜日は常時公開しているとか。
   
    興味ある方は足を運ばれてはいかがでしょう。









都市 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>