素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ダメな千葉市ほど可愛い!? 前編

   



   本屋をぶらぶらしていたら、ナカナカ面白い本を見つけた。
   ご存知の方もおられるだろうが、「これでいいのか○○」シリーズの千葉市版「これでいい
  のか千葉市」であります。
   同じ千葉県でも同シリーズの東葛エリア(県民意識ゼロ!?「千葉都民」と呼ばれる彼ら
  の実態とは!?)、葛南エリア(東葛には譲らん!千葉の覇者は我々だ!!)に比べると
  千葉市のキャッチフレーズは強烈だ。

   ダメさだけが目立つ千葉市の実態とは?

   豊かさが産んだドンブリ勘定のひきこもり都市 


   頁を繰るとトッポイ表現やジモチーとして「それは違うんじゃない?」という箇所も散見され
  るが、それなりに取材しているらしく、この本の指摘はおおむね正しい。
   特にこのキャッチフレーズはどんぴしゃりで、「その通りです」とつぶやくしかない。
   表紙を飾るフレーズも的を射ている。

    ○ 標準語きどりの市民 実は千葉弁なまりがひどい?

    ○ こそドロが多いって本当?
 
    ○ 団地で起こる異文化ショック!!公団住宅が抱える問題とは

    ○ 長い歴史を物語る千葉氏と埋立地の存在

    ○ 赤字の根源!?モノレールって必要なの?

   さらに本文の小見出しもストライクだ。

    ○ バブルの象徴 チバリーヒルズの今は!?

    ○ 会社ごと島流しにされたエリートサラリーマンの本音

    ○ 巨大な卒塔婆・幕張を抱える美浜区に未来はあるのか?

    ○ PRすべきものがない千葉市ブランド 
   

   実に手厳しく散々な言われようだが、日頃、人様のことを容赦なく斬りまくっている
  私としては、我が故郷とえども正鵠を射ているなら、別に不愉快でもなく腹もたたない。
   この本が評価する数少ない千葉市の美点・長所のひとつは、

    ○ 自前でやっていける産業充実地帯
      (実力の割には存在感が希薄すぎる千葉市の工業)

   これは別の機会に譲るとして、今回はおそらく千葉市最大の懸案事項にスポットをあ  
  てましょう。


 〔 全国財政ワースト2位! 船橋市がうらやましい!?

   結論からいうと、前段はどうだか知らんが、後段は図星であります。
   財政もそうだが、とにかく船橋市の商業地は活気があります。
   京成船橋駅前は、街路が迂遠で狭隘(きょうあい)でほめられたもんじゃありませんが、
  色街のなごりの猥雑なパワーでしょうか、市場があって今でも漁業が行われているせいか
  とにかく船橋の商業地は根強いパワーがあります。
   比較的新しいところでは「ららぽーと」、「I KEA」、「ビビッドスクエア」(屋内スキー場
  ザウスの跡地)等湾岸エリアが活況を呈しているし、東武、西武、ロフト、津田沼パルコも
  健在です。(津田沼駅の陸側は「船橋市」、海側は「習志野市」。ついでににい
  うと、習志野、習志野台、西習志野は「船橋市」、東習志野は「習志野市」です。)

   本論にもどると、千葉市は身入りが多いが借金も多く貯金ができないが、船橋市は身入
  りは少ないが借金が少なく貯金ができるスマートな市町村といえます。



            千葉市      船橋市

    歳入総額  358,021  161,379

   歳出総額  356,759  157,267

   実質収支      709    3,316


                              ( 単位 :百万円 平成21年比較)


   何だか数字が合わないが、形式収支( = 歳入総額 - 歳出総額)から継続費や繰越明
  許費にともなって翌年度に繰り越すべき一般財源(これは当年度ではなく翌年度に属する)
  を控除して求めるのが実質収支であります。(財務省のHPから作成しているというので
  この数字を信じることにしよう。)

   このように比較すると一目瞭然でありまして、千葉市は船橋市の2倍以上の歳入があり
  ながら、実質収支ベースでは船橋市の5分の1、平成22年では、312と10分の1
  以下となります。トホホホホ・・・・・・。

   なんでこんなことになるかと言うと、やはり「実質公債費比率」に如実に現れており、
  借入金(地方債)の返済額が大きく響いている。
   千葉市(21.4%)は船橋市(2.6%)の8倍強。
   実質公債比率が25%を超えると一般事業でも地方債発行に制限が加えられるとか。
   千葉市の将来負担比率は、平成21年 306.4%、平成22年 285.3%になっており、
  政令指定都市の場合、350%を超えると「早期財政健全化団体」へ転落です。
   これは総務省のデータで、民間シンクタンクによるデータでは千葉市の将来負担比率
  は平成22年で438%で、あの夕張市についで全国ワースト2位だそうな。

   ホンマかいな!ヤバイぜ!千葉市!
 
                           (つづく) 

   
 
東京湾で魚
船橋の漁師・大野さんは全国的に、いや
世界的に?有名。











スポンサーサイト
地域活動 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>