素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ポール・マッカートニーのささやかだけど確かな抵抗

   



   前回でジョン・レノンが彼らに気づき、彼らと決別し表現の中で彼らと闘ってきたことはある
  程度納得してもらえたと考える。
   でも、ビートルズが、ポール・マッカ―トニーが奴ら、サタニズムと関わりがあるはずない。
   世間一般は無反応でも熱心なビートルズファン、ポールファンは激しく反発するか無視す
  るであろう。
   残念ながらアクエリアンコンスピラシーの中心であるビートルズは悪魔教(サタニズム)と
  無縁ではない。(もちろん、ストーンズをはじめ、数々のロックミュージシャンが悪魔教、
  又はグノーシス派とつながる。)

   ビートルズの代表作として「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」を挙げる
  人が多いだろう。ご存知のようにこのアルバムジャケットには多くの著名人がビートルズの
  メンバーと共に写っている。

サージャントペパーズ

   この中の左上のある人物をクローズアップしてトリミングしてみるとこうなる。

                 アレイスター


   この人物はアレイスター・クロウリーという人物で、この人の著作に基づいてアントン・ラ
  ヴェイが創設したのが(狭義の)「悪魔教会」だと言われる。
   それがどうした?
   たまたまアルバムジャケットに写っていただけではないか!
   そう言って熱心なビートルズファンは反駁するだろう。
   でも、そうでもないのです。こういう証言があります。

    ザガミ 
     
          (前略)
     それはトート・タロットの制作者で魔術師でもあるアレイスター・クロウリー系列
     のカルフォニアのロッジが舞台となりました。そこにはヒッピー世代の人間、有名
     なところではローリングストーンズ、ビートルズ、レッド・ツェッペリンのギタリ
     トであるジミー・ペイジといったミュージシャンもいました。

   ~ ベンジャミン・フルフォード 著 「これが闇の権力イルミナティーの内部告発だ!」~ 
              

    事情通ならご存知のようにビートルズ(特にジョン・レノン)はアレイスター・クロウリー
   にはまったのです。(もっとも、同様にはまったロックミュージシャンはジミー・ペイジ、
   デヴィッドボウイー他たくさんいます)    
    レオ様(レオ・ライオン・ザガミ)はこう言っているけど。

     悪魔教は、必ずしも邪悪な信仰ではないのです。

    悪魔教の大幹部のレオ様がそう言っても全く説得力なしです。


    ビートルズ云々を言う前にプレスリーの時から彼らの工作員が「集団ヒステリー」を
   起こす生体エネルギー的音楽実験が行われたという。
    いやいや、もっと淵源に遡れば、1939年、現在の国際標準音A = 440Hzを
   決めた時すでに仕組まれいたというのだが、これは長くなるので別の機会に譲る。
    一言でいうと、周波数A = 440Hzは人々を非常に攻撃的にして、社会的に動揺
   させ、精神的苦痛を与えるミュージック・カルト・コントロール的「家畜化」周波数
   であるということです。自然に本能的に心地よく感じるのはA = 444Hz( C5=
   528Hz)であって、国際標準音A=440Hzに決めたことがすべての間違いの
   始まりだということです。  

    平均律よりももっと古い音階、古代ソルフェジオ音階の「ミ」の音が528Hzだという。
    悪魔教にとりこまれ、一時ははまったとしてもレノン&マッカトニーは、このあたりを
   知悉しており528Hzを使って有名な曲のレコーディングをしていることが、ソルフェジ
   オ周波数の研究者の調査で明らかになっています。ビートルズ以降も含めると、

     「ヘイ・ジュード」、「レットイットビー」、「バンド・オン・ザラン」
     
    などがこれにあたるそうです。
    ビートルズファンの皆さま、ご安心ください。
    奴らに取りこまれてもレノン&マッカトニー(特にジョン)はギリギリで抵抗して
   きた。
 
   さらにポールは1999年以降、自分のバンドのチューニングを528Hzにしているそう
   です。
    そうは言っても、デビューから途中までは奴らに有名にしてもらったことから「やれ(演奏
   しろ)」と言われれば奴らが仕切るオリンピックで「Hey Jude」歌わなければならないが、
   ポールはささやかだけれど確かな抵抗をしてきているのです。  
  

インセプション
528は周波数だけでなく特別な数字。
この映画でも528がカギを握るとか。
「刷り込み映画」撮らされているよ
うでクリストファー・ノーランは
ギリギリでささやかな抵抗している。
もう一度見直してみよう。 








スポンサーサイト
文化 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>