素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

稲毛浅間神社大際に関するウワサ(政治家の出番だろ!)




   世の中、スノーデンがどこへ行く、シリアがどうした(商船三井のタンカーが真ッ二つ
  だね)、中国(影の銀行)の7月危機、参議院選でも不正選挙?、等々俎上に上げるべき話
  題は事欠かない。

   でも、今回は思いっきりミニマム、地域密着の話題を一つ。
   来月7月15日、毎年恒例の稲毛浅間神社大祭が行われる。
   何でもウワサによれば、今年の出店は境内の中だけ、道路の露天は一切なしだとか。
   道路もホコ天状態止めて車通すとか。
   法律的には警察が道路使用許可を下ろさないということになるらしい。
   ウワサみよると、翌日、道路がゴミだらけになるとか、小競り合いがあってよろしくないから
  道路使用許可下ろさないとか。祭りにケンカはつきもの、それくらいどうした。
   ゴミで汚れるとか言っても、露天商の皆さんはきれいにして帰るではないか。

   警察権力がいよいよ強権ふるうようになった?
   どうも事態はそうではないようだ。
   むしろ、警察は道路使用許可以外の方法で何とかならないか苦心してくれたそうだ。
   何せウワサなのでわからないが、千葉市の条例に何やら抵触するそうだ。
   それじゃ今まで何だったの?新しく条例が出来た?
   警察は法律まげて動けないし、誰が言い出しっぺか知らないが、市職員だって上からの
  指示に従うしかないだろう。どうしたもんだ!

   まあ~、考え方は変えれば1年くらいこういうのもいいのかもしれない。
   私ら子供の頃からこのお祭りを知る者としては近年の“ ミニ渋谷センター街 ” 化した
  お祭り当日のストリートは目に余るものがあります。
   ケンカと言うなら昔もありましたよ、結構ハデな大立ち回りが。
   でも、あの頃のストリートは今日ほど見苦しくなかったな。
   一つのいい機会と捉えて学校の先生にも親御さんにも考えてもらいたいな。
   
   あくまでもウワサなので当日は通年どおりという可能性もある。
   でも、ホントに露店一切なし、ホコ天状態止めといった場合、それじゃお祭りとしてイカンだ
  ろという声があちらこちらからわき上がってくるだろう。
   その場合、誰が事態を収拾するんだ。
   
   政治家(市議、県議)でしょ。

   「天下国家」を語るのも結構だが、地方議員なんだから、こっちの方が重要なんじゃ
  ないの?
   
   「大きいことが出来る人は小さいことも出来る人だ」

   誰の言葉か忘れたが、この言葉を稲毛区に関わる政治家に送りたいです。









スポンサーサイト
地域活動 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>