素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

拉致問題進展(したたかな北朝鮮外交)

     



     のほほんと構えていたら、ご存じのように拉致問題で進展があった。
     「ぬか喜びはいかがなものか」と麻生財務相がまぜかえす一方、田口八重子さん、有
   本恵子さん、石岡亨さんを含む5人の名前も取りざたされている。
    それでも、横田めぐみさんだけは返してもらえないだろう。理由は皆さんご存知の通り
   です。もし彼女が帰国できたら巷間喧伝されるウワサは間違いということになる。
    それはないのではないだろ。

    集団的自衛権で予想以上に国民の反発を買い、(株式)市場はアベノミクスはもういい
   や、 という調子で6月は「安倍ちゃんやめて相場」になるかもしれないと言われる。
    夕方に「緊急会見」なんて大仰な姿勢はどうも匂うのであります。
    いろいろ批判はあるもののホントに拉致被害者帰国が実現すれば、やはり安倍内閣の
  支持率はあがるでしょう。北朝鮮がいやらしく五月雨式に帰国させてくれれば、その間は
  ずっと内閣支持率が高い水準で推移するでしょう。それこそ安倍首相の思うツボ、高支持率
  に後押しされて集団的自衛権中央突破という算段だろう。
 
    改めて思い知らされるのは外交とは自国内をまとめ切らないと進展しないというパラドッ
   クッスであります。前回、拉致問題が進展した小泉内閣の時も“ クロフォードお泊り同盟 ”
   のブッシュとの蜜月関係をベースに最大派閥に属しながら変人として1匹オオカミ的存在
   だった小泉首相が強引に自民党内押さえ込んだからこそ金 正日も動いたと思わる。  
    (外務省事務方の尽力、タイミングが不可欠な要因ではあることは言うまでもないが)   
    ファシスト政権とか言われながら安倍政権は北朝鮮外交には効を奏したというとか。
    (もっとも露骨な対中国封じ込めはズレていると思うが)

    それにしても北朝鮮はなぜ、態度を軟化させたのか?
    米国から「人権」で攻められる前にアリバイとして?
    確かにそういう一面もあるだろうが、もっと本質的な問題があるでしょう。
    北朝鮮にとって一番大事なことは何だろうか?北朝鮮の国益?いや、もっと重要なこと
   があります。それは金王朝の安泰です。確かに金 正日は悪役だったかもしれないが、
   もともとブッシュ(CIA)とズブズブで支持通り悪役やっていたのに、「悪の枢軸」とか言っ
  てどういうつもりだとブッシュは!腹突き出してふんずり返っていても金 正日はビビッて
  いた だろう。このままでは金王朝は滅ぼされてしまうかもしれない。核武装、ミサイル
   発射、金王朝守るためなら何でもやる北朝鮮でありました。

    今や米国も朝鮮半島も情勢が変わった。
    ホントは自分が「悪の枢軸」だったブッシュ一派の弱体化、南北朝鮮統一は韓国の朴槿
  恵(パク・クネ)大統領も諒解事項。南北朝鮮統一後も金王朝は日本の象徴天皇制のよう
  に存続することになったのだ。
   叔父で中国とパイプの太い後見人、張成沢(チャン・ソンテク)を処刑したことからもわかる
  ように金 正恩は、極力、中国の影響を排除しようとしている。
   中国の影響を排したとしても朝鮮半島だけで一人立ちできるわけではなく、韓国経済にも
  影響力を及ぼす日本と手を結たい、日本に援助してもらいたいという結論になるのだ。
   高飛車でエラソーにしていてもこれが彼らの本音だと思う。

   国際情勢、地政学も重要だが、歴史的背景をもっと考慮しなければならない。
   北朝鮮は日本の植民地であっただけでなく、そもそも旧日本軍の残党が作った国で金王
  朝は戦前の日本の天皇制を模したものだと言われるくらいだから、結局、日本に頼るしか
  ないのだ。
   
   それにしても北朝鮮外交はしたたかだ。
   まるで駄々っ子のような瀬戸際外交で、結局、最大の目的、金王朝の安泰を勝ち取った
  のだから。産業といえば麻薬産業くらい、核があってもさしたる軍隊もなく国民は飢えてい
  る国、北朝鮮。レアメタル等地下資源は豊富のようだが、どう考えてもさしたる外交カード
  を持ち合わせているようには思えない。それなのによくここまできたものだ。
   日本と北朝鮮の国力を比べれば、日本の使えるカードは北の何10倍、少なくても10倍は
  あると思う。
  
   それにしては日本の外交は今一つだと思うのは私だけだろうか?

   





スポンサーサイト
政治 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>