素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

中央銀行が国有化されたらハンガリーのようになるのかな?

    



    さて、週の始めなので希望のある話にしよう。
    昨日、ボケ~とTVを観ていたら、「世界の年収400万円 400万円で夢の豪邸&セレ
   ブ生活」をやっていた。どうやら昨年8月の再放送らしかったが、日本人の平均年収
   400万円で海外ではどんな生活ができるかレポートしたものだった。
 
    何ヶ国か紹介されたが、特に注目はハンガリーだ。
    観光船の管理・運営をしているもちろん年収400万円の人の家族、家、日常の買物を
   密着取材だ。家族は奥さんと子供4人、家は6000万円だそうだが、40代半ばにして既
   に完済。この家はリビング40畳、地下もあり6LDKだった(と記憶する)。子供用のバス
   トイレまであった。日本で言ったら、建物だけで3~5億円くらい?の豪邸だ。
    何でこんな生活が可能なのだろう。
    とにかく物価が安いのだ。ランチのチキンカツ&スープで税込500円。
    何だ日本と変わらない?いやいやハンガリーは消費税27%ですから断然安いのです。
    市場へ行けば、ジャガイモ1kg60円、タマネギ1Kg80円、パプリカ1kg350円、牛肉
   は軽減税率で5%で1Kg700円、これらは日本じゃ100~200gの勘定じゃないか。
    そうは言っても子供4人のいれば学費等大変じゃないのか?
    学費は私立じゃなきゃ基本、大学まで無料、医療費も無料、子供4人以上になるとナン
   ト所得税無税!
    それじゃ、「産めよ増やせよ」となりますね~。
    消費税27%でも納得する人も多いのでは?
   
    何でこんな夢のようなことが可能なのでしょう。
    ハンガリーというと、2010年、ビクトル・オルバーン首相が政権に返り咲き翌年には、前
   首相(社会主義者)が、イスラエルとIMFの厳しい方針に従い、国民を底なし借金奴隷に
   させてしまったことに関し、前首相に対する法的処置を実施すると国民に約束していたの
   です。
    オルバーン首相は、IMFに対して「ハンガリーはこれ以上、ロスチャイルドが支配する
    民間の中央銀行であるFRBからの支援を受けない」と伝えました。
    有言実行のオルバーン首相は、2014年までにIMFに返済すべき負債(22億ユーロ)
   を完済しました。
    ハンガリー政府は、ロスチャイルドの中央銀行から通貨の発行権を取り戻して必要な
   時に借金のない通貨を発行することができるようになりました。
   
    ベンさんがよく言う「日本銀行を国有化すれば、国民一人に1000万円配り、医療も教
   育費も無料」、これをハンガリーは実行しているわけです。
   (日本はハンガリーよりはるかにGDPが大きいので1000万円配ることも可能でしょう。)    
    ハンガリーに出来て何で日本に出来ないのでしょう。
    政治家も官僚も経済人もマスゴミもみんな、IMF、世銀の背後にいる彼らの奴隷だから
   です。
    レポーターの杉村太蔵以下B層は、「きっと消費税27%だからあんなことが可能なん
   だ」と思っているでしょう。
    それより中央銀行が国有化されたことの方が大きいと思います。
    中央銀行の国有化など日本の大手メディアでは絶対に報道されません。
    そうすると、あの番組は消費税増税のためのTPR(TAX PR)だったのかもしれません。

    植草一秀氏曰くの財務省のTPRに騙されちゃいけません。
    消費税上げずとも日銀を国有化すればいいのです。









スポンサーサイト
経済 | コメント:0 |
| ホーム |