素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

久しぶりのベンさん 後編

   



   尖閣問題における中国の反日デモ、日本の石原慎太郎の行動、それぞれの背後に誰が
  いるのか、イスラエルがプサン港、横須賀港に核攻撃して、それを北朝鮮の仕業にしようと
  して未遂に終わったこと、ボストンテロの茶番、シリア情勢の背後などが続けて解説さ
  れた。さもありなんというもので事ここに至ってはそれら個別の事象をフォローしても如何な
  ものかと思われる。
   (もっとも、シリアはこれからが本番で、いよいよアメリカ(正確にはペンタゴン)がイスラエ
    ルを見捨てるらしい。米軍の支持のないイスラエルはロシアに敗戦、国家が崩壊、
    またしてもディアスポラか?そうなると鳩山元首相の密約どおり日本(北海道)にイスラ
    エル難民が押し寄せる?)
   いずれにせよ、今考えておくべきはサバタイ派崩壊後だろう。

   
   
 ◎ サバタイ派の支配が終わったらどうなるのか?
   
   過去、何度も聞かされたが、曰く、今年中にサバタイ派は崩壊するそうだ。
   前編の〔参考〕で記したように、「3.11」の真相が世界各国の軍部、諜報部ではすでに
  知れ渡り、もはや軍部がサバタイ派のいうことを聞かないようだ。残るはボストンテロのよう
  に少数民族をテロリストにしたてあげるか(若しくは洗脳)して攻撃するか、民間軍事会社し
  か彼には残らないということになろう。
   そうなったら、サバタイ派の息のかかったマスゴミのインチキが表に出てしまう。
   マスゴミ上層部もそのあたり承知していることから、どうソフトランディングさせるか頭を
  悩ましていることだろうよ。逃げ足が早い?日テレは目玉マークもどきのCIから現在のCに
  変えて“ 知らぬ顔の半兵衛 ”を決め込むつもりだろうが、

    お前らの悪事は、まるっとお見通しだ!!

   とチト古かったか。(笑い)

   その時、私のテーマの一つ「マスゴミ交代」が実現に向けて一気に加速するだろう。
   それだけじゃない、「正しい歴史」とか言っている輩が目玉を白黒させるような「隠された
  歴史」が表に出ることになると言う。逃げ足の早い?日テレは過去記事「大河ドラマ『八重
  の桜』の隠された新傾向」
で指摘したように西郷のリアルな顔を端緒に司馬史観とは全く
  違う明治維新の真実を少しばかり露出させた。反応をモニタリングしているのだろうな。
   
   サバタイ派崩壊と共に金融はカタストロフィーを向かえるかもしれないが、オフショアーに
  隠された32兆ドルを事態の収束に使うようだ。
   そういえば、昨年7月頃、あれほど騒がれたLIBOR不正操作はどうなったんだ。
   「大きすぎて潰せない」なんて許さない、金融機関の「生前遺言(Living Will)はどう
  なるんだ。うやむやには出来んだろう。

   隠された歴史だけじゃなく、隠された科学技術も部分的には解禁となるようだ。
    ペンタゴンの予算は世界の軍事予算の57%を占めるのにアメリカにはお金がない。
   シェールガス?あれも何やら先行き怪しいらしいですよ。
   そうしたらペンタゴンの所有する約6000の隠された科学技術に関するパテントを
  商品化するだろうと説明された。

   この日も話題になっていたが、NASAは何をやっているのかよくわからない。
   彼らも大いなる秘密を隠している。
   宇宙人のみならず宇宙人と地球の世界勢力との関わりあい、これについてのディスク
  ロージャー映画「シリウス」が自主上映されているね、何度かお誘いを受けたが都合が
  つかずまだ観れていません。これは是非、観ないといけない。

   
   さて、サバタイ派が崩壊しても変わらずに推移するだろうアジェンダがあります。
   P2ロッジは「もう人間はいい、コンピューターが人間にとって変わる」と言って
  いると説明された。これは過去記事「『スピリチュアル』と『実務』の交点」で述べた
  ことと符合する。さらに過去記事「ヒトラーの予言!?」でもふれた。

    ただ諸君。それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、その時
    もういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”
    するか、そうでなければ退化してしまっているからだ。

            (中略)
   
    戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット
    生物たちは神人たちの認める程度で、多くのものを与えられる。
    食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想させも与えられる。
    ただロボット生物たちは、与えられ、操られていることを意識できないよう
    になる。
 
            (中略)

    こうして人類は、完全に二つに分かれる。天と地のように、二つに分かれた
    進化の方向を、それぞれ進みはじめる、一方は限りなく神に近いものへ、
    他方は限りなく機械生物に近いものへ

             ~ 五島 勉 著 「1999年以後」~



   ヒトラーはコンピュター、機械そのものというより「人間」そのものが機械人間、ロボット
  人間化すると予言している。いわゆる「人間」は機械人間、ロボット人間に仕事を奪われるの
  だろう。思考力はともかく処理能力だけは異常に発達したロボット人間は既に存在する。
   そんなロボット人間も機械そのものにやがて仕事を奪われる。

   P2ロッジはバチカンとイタリアンマフィアに命令する立場。
   バチカン内部ではイエズス会が幅を利かせている。
   ナチスはイエズス会を組織のモデルとしている。
   P2ロッジは世界独裁体制(かつてナチス、共産主義、いまはNWO?)の総本山と言わ
  れている。

   いわゆるサバタイ派が崩壊しても映画「マトリックス」の世界もどきへの可能性は以前と
  して残るということだろうか?

   彼らに対抗できるとしたら、一神教ではなく多神教で地球原人たる縄文人のDNAを持つ
  我々、日本人ではないかと思うのです。

                            (了)






 
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<「成長戦略」など吹っ飛んでしまえ!! 前編 | ホーム | 久しぶりのベンさん 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |