素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「 メンヘル 」 って言いますが・・・。

   



   「 メンヘル 」とか結構、お軽く言いますね。
   私の身にまわりにも結構います。
   うつ、統合失調症、大人の発達障害、自傷等々

   病気は個人情報に関わることですから詳細は書けませんが、かなり奇っ怪なことになって
  います。
   うつが一番多いように思いますが、あまり表面化しないだけで「大人の発達障害」も潜在
  的にはかなり多いのではないかと思います。「大人の発達障害」は統合失調症になったり
  するそうです。
   一昔前なら、アダルトチルドレンとか言ったのでしょうか、この「大人の発達障害」は。

   ちょっと調べたら、「大人の発達障害」の専門家は日本で数えるほどしかいないそうじゃ
  ないですか。
   そうするとどうもあることが気になります。
   私の身の回りはみんな明らかに「心の病」という症状を示していますが、それ程でもない
  人も精神科で病気にされちゃったりしていません?

   アメリカでは精神科通院はカジュアル。
   日本では少し前まで精神科は縁遠かった。
   逆に言うと、日本には精神科の未開発な広大な市場が広がっているということになり
  ます。

   そんなことを危惧していたら、どうも危なげな法案が提出されているようですね。

    ついに国際連合拷問禁止委員会が日本の精神科病院の強制入院・長期入院の
    人権無視(拷問)に警告!

    実は世界的にみても日本の精神科病院の強制入院制度、長期入院制度は異常
    である。

    精神保健福祉法改正案というだれでも入院させられるとんでもない
    スターリン法案を6月7日に通そうとしている政府。
    ついに国連拷問禁止委員会が警告を発した。

            ~ 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」


    メンヘルを身近に持つ人から相談された際、薬はほどほどにして「○○さんに預けたら
  どうですか」と回答しました。
   
   精神科がなかったに等しい時代、道を外れてどうしようもなくなった人を「○○さんに
  預ける」とか「こいつは俺が預かる」で解決してきたのです。

   これも精神病の解決策の一つだと思います。

   






スポンサーサイト

医療 | コメント:0 |
<<「陰謀」から「公然の秘密」へ、「公然の秘密」から「権威」へ | ホーム | 「成長戦略」など吹っ飛んでしまえ!!  後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |