素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「陰謀」から「公然の秘密」へ、「公然の秘密」から「権威」へ

  



   「ビルダーバーグ会議」――― かつては陰謀論の文脈で語られた。
   今やネット賢人はもとより、少しばかり事情通なら誰でもどんな会合なのか承知している。
   さらにかつては厳しくかん口令がしかれ、会議内容は秘密とされていたが、今や参加
  メンバーから議題すらネットに流失してしまう始末。事情通にとって「公然の秘密」と言って
  差し支えない。つまり、「陰謀」から「公然の秘密」となった。
   
   今年のビルダーバーグ会議は6月6日から9日までイギリスのグローブホテルで開催さ
  れた。参加メンバーは以下のものだと伝えられる。

   米国のヘンリー・キッシンジャー元国務(ニクソン政権、フォード政権)、
   ガイトナー前財務長官、ロバート・ゼーリック元世界銀行総裁
   (ゴールドマン・サックス証券国際戦略部のMS元マネージング・ディレ
    クター兼代表)、ペトレイアス前CIA長官(最近KKRで話題)、
   クレイグ・ジェームズ・マンディ(マイクロソフト最高研究戦略責任者)、
   エリック E. シュミット(Google 株式会社取締役会長)、
   ピーター・サザランド(WTO元事務局長、現ゴールドマンサックス及び
   英国石油公社会長)、ルービン元財務長官、英国のオズボーン英財務相、
   ピーター・ヴォーサー(ロイヤル・ダッチ・シェルCEO)、
   フィンランドのオリラ・ヨルマ(ロイヤル・ダッチ・シェル会長)、
   フランスのフィヨン仏前首相、キャストリー・アンドリー
   (アクサ・グループ会長兼CEO)ドイツのポール・アクライトナー
   (ドイツ銀行会長)、イタリアのモンティ前首相、
   オランダのベアトリクス王女、オランダのルッテ首相、
   HSBCからフリント会長とガリバーCEO、スイス中央銀行総裁、
   ラガルドIMF専務理事

             ~ MU(ムー)のブログ ~


   さもありあんというメンバーだが、私(わたし)的に注目はグーグルの会長が参加して
  いる点です。どう考えてもグーグル、フェイスブックあたりが現代の「ビッグブラザー」
  の目なのです。

   もう「公然の秘密」となったのだから、デモ隊が会場に押し寄せる。
   例によってアレックス・ジョーンズが口角泡を飛ばすかのような勢いでアジっているよう
  です。





   ところで敵もさるもので、「公然の秘密」となったなら、いっそ「権威」にすり替え
  ちゃえということらしい。ビルダーバーグ会議はかつて欧米メディアでまともにとり
  扱われることがなかった。今年から様変わりしたようだ。ベンさんよると、

   英国のデイリー・テレグラフ紙の記事では、『ビルダーバーグ会議は
   陰謀などではなく、世界権力の最高峰である』などと報じられている。

  という。
  「陰謀」から「公然の秘密」ならず、「陰謀」のままの人にはいきなり「権威」に
  なってしまうだろう。あぶない、あぶない。

   日本人は「よく世界が認めた」、「世界のスタンダード」などと「世界」というが、
  そもそも日本人のいう「世界」の大元はビルダーバーグ会議とか300人委員会に
  連なるものだ。
   決して自然発生的に収斂され合意形成されたものではない。
   従って、そこには公正とか倫理などなく彼らのご都合に沿うか否かだけだ。
   いやそんなことはない、となまじ専門知識があると訓詁学のように瑣末な議論に
  終始してしまう。先日も引用したばかりだが、この一節の意味をもう一度、噛みし
  めよう。

    戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット
    生物たちは神人たちの認める程度で、多くのものを与えられる。
    食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想させも与えられる。
    ただロボット生物たちは、与えられ、操られていることを意識できないよう
    になる。
           ~ 五島 勉 著 「1999年以後」 ~  
   
   
   
   ここでいう神人とはビルダーバーグ会議に集う面々のことと言っていいだろう。
   「戦争も経済も」は当時でも納得できたろう。「気候」についても気象兵器の
  存在が明らかになった今、不気味なリアリティーがあるだろう。
   「時には思想させも与えられる。」―― 総合力のない単なる専門家などヒトラー
  曰くのロボット生物と同じだ。彼らの専門知こそここでいう「思想」だ。
   
   そういうロボット生物たる専門家こそ「陰謀」から「権威」にすり替えられて
  もやすやすと信じ込んでしまう。
   
   もっとベタに考えればすぐわかることだ。
   それではなぜ今まで厳しくかん口令がしかれたのか、大手メディアは報道しない、
  できなかったのか、陰謀ではないというならどういう基準でメンバーが選ばれ、
  どういう内容が議題かきっちり説明できるか等々。

   もうこの期に及んでかわらん奴はほかっておこう。
   でも、ロボット生物に過ぎないような専門バカの専門家にはダマされてはいけ
  ない。

   世界の奥の院についての考察から意外のところが着地点となった。






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<やっぱり初音ミクは・・・。 | ホーム | 「 メンヘル 」 って言いますが・・・。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |