素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

やっぱり初音ミクは・・・。

   



   過去記事「『 スピリチュアル 』 と 『 実務 』 の交点 」でこんなことを述べました。

    「日本人は20世紀に『カラオケ』を21世紀に『初音ミク』
     を発明したと振り返る日がやがて訪れるだろう。」

   どうも事態は予測より早いのかもしれません。

   20歳以下のカラオケ人気曲ランキングをみるとそう思わざるを得ません。

 カラオケ
     

   私らオジサンはこれら人気曲を1曲も知りません。   
   別に初音ミクが作曲しているわけではないのでしょうが、初音ミクがフィーチャー
  されたものが4曲。GUMIや鏡音リンといったボーカロイドまで含めるとベスト
  10中7曲がボーカロイドの曲ということになります。

   今日の若い衆はもう生身のアイドルには興味はないのでしょうか?
   「AKB48」や「ももクロ」はメディア(電通)が作りだした人気なのかしらん。
   こないだのAKB48の総選挙をTVでやってましたね。
   何だかな~という感じですな。
   あの総選挙だって怪しいですし、じゃんけんもヤラセでしょ、と気づいてしまった
  若い衆はもはや生身のアイドルに見切りをつけて初音ミクに行ってしまう?
   歌だけではなく初音ミクのコンサートも大盛況だそうですから。
    
   20世紀の発明(カラオケ)にのって21世紀の発明(初音ミク)がいよいよ
  21世紀の日本を席巻するのでしょうか?








スポンサーサイト

文化 | コメント:0 |
<<眠れないのはお前だけじゃない!? | ホーム | 「陰謀」から「公然の秘密」へ、「公然の秘密」から「権威」へ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |