素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

こんな政治家いたんだ!!(三宅洋平)

   




   お前(私)は政治ブログやっているくせに参議院選挙についてちっとも書かないじゃな
  いか!どういうことだ一体!?というわけでもないのだろうが、親友 I からある政治家に
  ついてのメールが届いた。

   三宅洋平という政治家であります。   
   ご存知の方もおられるだろうが、私は寡聞にして知らなかった。
   政治家というより沖縄在住のミュージシャンですね。
   選挙フェスというのをやっている。

  

   親友 I は、政治家としての三宅氏よりミュージシャンンとしての彼に注目しているようだ。
   あれこれ“ 放浪 ”してるが、一応政治ブログであることから政策をみてみよう。

     ① 文化を最大の輸出品に!

     ② 復興は補償から

     ③ 除染から廃炉ビジネスへ

     ④ 送電線から蓄電技術へ

     ⑤ 消費増税より金融資産課税を

     ⑥ 大規模農業から家庭菜園へ

     ⑦ 官僚主権から住民主権へ

     ⑧ 破壊の公共事業から再生の公共事業へ

     ⑨ 憲法9条を世界遺産に


                    ~ 三宅洋平 OFFICIAL WEB ~



   政策の半分以上は賛同できる。
   私は(理想主義という意味で)彼ほど左にまいていない。
   でもこれからの世の中、こういう人物は必要だと思う。
   発信力と突破力という意味でね。
   
   音楽とエネルギーに関する科学技術と若者と女性、これらが一体となった時、ムーブメ
  ントになるんじゃないかな。
   私は過去記事で「沖縄、大阪、東北が日本を変える!!」と述べたし、その想いは今も変
  わらない。
  
   エネルギーに関する科学技術は東北から世界に発信されればいいと思うし、対米従属日
  本が重くのしっかかっているのは沖縄だと思う。だからこそ彼らが日本を変える先端に
  立つのは当然だ。大阪は行政の問題もあるだろうが、電通のしばりの弱い在阪メディアに
  期待したい。

   以前も述べたように沖縄、東北の人が大阪からどんどん発信していけばいいのだ。

   今回は間に合わないような気もするが、「勝負は下駄履く」までわかりませんぞ。

 




     
スポンサーサイト

政治 | コメント:1 |
<<参議院選後の日本、そもそも我々は何を望んでいるのか? 前編 | ホーム | でも、結局、道州制(地域主権)論者は憲法改正に賛成するんじゃないか?>>

コメント

くだらない
2013-07-22 Mon 00:39 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |