素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「 あの手口に学んだらどうかね 」 って、もうやってんじゃないの?

   



   麻生副総理・財務相の舌禍がとまらない。
   驚愕の発言、及び米国ユダヤ系人権団体の抗議を受けて麻生大臣が撤回した経緯は周
  知のことだろう。
   麻生発言全文を読めば、ナチスそのものを肯定している訳ではないことは伺える。
   彼流の強烈にひねりの効いた反語、ブラックジョークと好意的な解釈もあるようだが、それ
  は日本国内しか通用しない。
   例によって、橋下氏が屁理屈こねて擁護しているようだが、開いた口がふさがらない。
   そもそも政治家は「誤解」だと言い訳してもしょうがないのだ。誤解を招くような発言をした
  時点でアウト。

   
   「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。
    誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」


   米国はすでに「あの手口」を実行している。
   いわずとしれた「9.11」後に国民が愛国心にファイヤーしているどさくさに拙速に制定
  された「愛国者法」で米国はファシスト国家への道を歩み出した。
   ファシスト国家が言い過ぎなら、「監視と密告」の国になったことは事情通なら承知して
  いる。

   「あの手口を学んだらどうかね」

   まだこれからどうするか思案中のようだが、着々と事態は進行中なのではないか?
   「秘密保持法」が秋の臨時国会に提出されるそうだ。
   日弁連によれば、「秘密保持法」の内容は、

    「国の存立にとって重要な情報」を新たに「特別秘密」に指定し、

    秘密をあつかう人の「適性評価制度」を導入し、

    「特別秘密」を漏らした人は厳しく罰する


   などを柱にしています。 
   「特別秘密」は ① 国の安全、② 外交、③ 公共の安全と秩序の維持が挙げられるが、
  「公共の安全と秩序の維持」が問題です。原発情報もこの「公共の安全と秩序の維持」
  に含まれます。原子力発電所の安全性、福島原発事故の原因、放出された放射能の量
  環境汚染の実態等が「国民の不安をあおり、公共の秩序を害する」として「特別秘密」
  とされてしまうかもしれません。 
   
   これらについてマスゴミが取材することは困難となるでしょう。   
   
   最初は良心的記者がこれら原発情報について取材したとします。実際には「特別情報」
  に原発情報が該当しなくても担当デスクはビビってボツにするんじゃないかと思います。
   コンプラで自主規制しているマスゴミがさらに自主規制して職務放棄、完全に政府
  (権力)のプロパガンダ装置に成り下がると思います。
   実にゆゆしき事態ですが、それだけではありません。
   仮に原発情報が「特別秘密」に指定されたら、一般人がツイッターで原発情報を
  つぶやいても処罰の対象となるようです。

   自民党版憲法改正にあたって懸念されている第21条2「表現の自由」の付記事項

    「前項の規定にかかわらず、公共及び公の秩序を害することを目的とした
     活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」


   この「公共及び公の秩序」は、「秘密保持法」の「特別秘密」の「公共の安全
   と秩序の維持」とリンクすると考えられる。
    米国が愛国者法によって憲法変えることなくファシスト国家への道を歩み出したように
   日本も憲法変えることなく「表現の自由」は制限され、治安維持法下の戦前への逆戻り
   の可能性も否定できない。
   
    因みに「特別秘密」を扱う人々は徹底的に“ 身体検査 ” されるそうだ。
    それは閣僚、内閣総理大臣も例外ではないと言う。一体、誰が“ 身体検査 ”するか
   というと、法務官僚を中心に官僚だろう。
    副島隆彦氏は言う。

   「今の世界を支配しているのは世界官僚同盟(World Bureaucrats Union)である」と。
    

    単なる比喩かと思っていたが、そうではなくそういう実体があるのではないか。

    やたら官僚叩きしてもしょうがないと思っていたが、やはり官僚は打破すべきなのかも
   しれない。


    〔参考〕 

     秘密保持法の詳細は日弁連のWEB







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<イスラエル!シリア核(施設)攻撃か? | ホーム | ちょっと考え方を変えれば・・・。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |