素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「 スマートな時代 」 にバカになれ!

  



   TBSドラマ「半沢直樹」が高視聴率を続けている。
   「現実にはあんなことできないよ」と思いつつも「上司にあれだけ言えたら」とサラリーマン
  の溜飲を下げている。
   もちろん、彼一人で出来るわけでなく、みんなが協力してくれないと「やられたらやり返す
  倍返しです」なんて啖呵切れない。
   そこが本作の弱点で現実には保身が優先して、あそこまで半沢課長に協力してくれるだ
  ろうか?

   「スマートフォン」、「スマートシティー」等々、世の中、「スマートな時代」でございます。
   スーツもシャツもスマートになっちまって、吊るしではあっしの着る服がどんどんなってき
  ております。
   「スマートにサクサク」―― まことに結構なことでございます。
   でも、現実の人間社会、もっと泥くさい。
   「半沢直樹」のディレクターは福沢諭吉の玄孫、福沢克雄氏と知られている。
   彼は慶大ラグビー部が大学選手権、日本選手権を制した85年度Vメンバーの一員です。
   あっしもラグビーやっていたのでわかりますが、スマートなラグビーなんてないよ。
   このスポーツ、どこまでいっても泥くさい。
   生粋の慶応ボーイながら、そんな彼の泥くさがこのドラマを成功に導いていると思います。

   「スマート」というと聞こえがいいですが、私(わたし)流にホンヤクすれば、“ 小利口 ”
  ということになります。
   あっしが学生の頃から少しづつ、“ 小利口 ”な奴が増えてきて、今やそういう男に埋め尽
  くされたような気がします。親友 I ともよく話ますが、「お前、バカだな~ !」と笑える
  奴がめっきり少なくなりました。

   「スマート」にいくのは悪いことじゃありませんが、あっしには所詮、「ポストモダン経済」
  の処世術に思えるのです。
   この大転換時代、「スマートにUp to Date」しているだけでは何にもわかりませんし、
  まんまと奴らの術中にはまっちまいますぜ。

   アントニオ猪木は「馬鹿になれ!」と言います。
   あっしが思うに、バカは男の特権です。
   いや、女性はバカやっちゃいけません。
   どんな時代も未来を切り開くのはバカだと思います。
   ドラマ「半沢直樹」はこのバカを描いて喝采を浴びているのだと思います。

  
   ところで、大野和士という指揮者を御存じだろうか?
   彼がパリで現代オペラやった時のことです。何といっても「ストとデモの国フランス」であり
  まして何と公演9日前にオーケストラがストに入ってしまった。
   でも、合唱団は残っている。
   さあ~、どうする。  
   どっかからオーケストラ呼んできて1週間程度で何とかやっつけるか。
   でも、大野和士は大胆不敵な解決策を見つけ出す。
   オーケストレーションをピアニストと二人三脚で3日3晩徹夜してピアノ3台で演奏するよう
  に編曲した。ピアノ3台でオーケストレーションを表現することについて大野氏は自信も確信
  もあったけど、どこかで本当に大丈夫だろうかと最後の最後まで思っていたという。
   フランス(パリ)は批評地獄で知られている。
   ダメなら容赦なく徹底的にコキ下ろします。
   ピアノ3台の編曲バージョンがずっこけて酷評されてしまえば、単に干されるだけでなく、
  彼のヨーロッパのキャリアが終わってしまうからです。

   結果は・・・・・。
   
   「ブラボー!」、「脱帽!」と辛口批評家たちが各紙で絶賛します。
   これは「パリシャトレ座の奇跡」と言われるそうです。
   何もそんなリスク冒さなくても普通にオーケストラで間に合わせて妥協するという選択肢も
  あったでしょう。
   大野氏はそんな中途半端なことはしませんでした。
   勇気をふるって思いっきり冒険しました。
   もっというとバカになりました。

   私ホント、大野和士はカッコイイと思います。

   誰もが出来るわけではありませんが、「スマートな時代」にバカになるのも必要かと思い
  ます。

   PS.ええ、わかっています(苦笑い)。バタバタしていて頓挫してます。
      何とか一両日中にアップします。
  


 




スポンサーサイト

文化 | コメント:0 |
<<答え合わせ 「 半島を出よ 」 VOL.2 | ホーム | 答え合わせ 「 半島を出よ 」 VOL.1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |