素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ジタバタするなよ! 株式会社アメリカ!

   



   米国の財政危機は、短期的な債務上限引き上げで一段落する見込みだ。
   期限は11月22日までとのことだ。
   ひっくり返るかもしれませんが、ほぼ決まりじゃないでしょうか?
   政府機関の一部閉鎖は続くわけだし、暫定案に過ぎないことから相変わらず不安定な状
  態が続くわけだ。
   市場をはじめ世の中、一安心というところかもしれないが、それでいいんだろうか?

   これは、ジョエル&イーサン兄弟の「ミラーズクロッシング」のジャケット。

         ミラーズクロッシング


   ジョン・タトゥーロ演じるチンピラ、バーニーが「泣き落とし」で命乞いするシーンだ。
   こいつはしょちゅう、裏切ったりヘマしても「泣き落とし」でどうにかなると思って
  いる。「泣き落し」はともかく、「あと50万だけ貸してくれ、それで絶対何とかなる。
   今度は絶対だ、保証する。」なんて拝み倒して借金を重ねていく輩っているでしょう。
   そんな寄生虫のようなチンピラ野郎と今の株式会社アメリカは何ら変わらない。
   だいたい金返すアテもなければ金返す気もないのだから。
   「金なら返せん」と開き直っているだけならまだいいが、他国を恐喝して金をむしり
  取るんだからさらにタチが悪い。
   そんな株式会社アメリカにはさっさと倒産してもらった方がいい。
   世界経済に大打撃?これからもテロだのカツアゲだのさんざんやられてから、結局、計画
  倒産されるより、今年倒産してもらった方が傷が浅い。
   ウィキリークスが暴露した彼らがオフショアー市場に隠した金をぶんどってブチ込めば、
  1京円にはならなくても数千兆円にはなるだろう。これらを株式会社アメリカの借金に充当
  すればいい。

   世界的投資家、ジム・ロジャース氏は「アメリカは通貨発行権があって、じゃんじゃんお金
  刷れるんだから大丈夫」みたいなこと言っているそうだが、おいおい、本気かよ、と言いたく
  なる。アンタはかすみみたいな金を投資で儲けたからいいだろうが、額に汗して働くお父さん
  お母さんは怒っているよ。
   何たって、足元はみればあと5年で全米の地方自治体の約90%が破綻するというのだ
  から。これはかすみ(バーチャル)でなく実態のある世界。
    
   全米の貨物トラック運転手が10月11日から13日にかけてゼネストして、その際に
  数十万台のトラックがワシントンDCに集結するとか。
   13日にはワシントンDCで100万人規模の退役軍人デモが行われるようです。
   表向きは戦没者慰霊碑の封鎖に抗議するためと言われますが、それだけのことで
  100万人もデモしますか。
   彼らは退役前、ペンタゴンの一員、もしくはその部下ですから知らないはずないです。
   
   これらは第一弾で、11月いっぱいまで何やら不穏な空気が漂います。
   
   因みに日本の11月は10月とうって変わって、急に気温が下がり冬に近づくそうです。
   
   みんさんも「冬仕度」を始めましょう。




 〔関連記事〕~ オフショアー関連 ~

    結局、オフショアーに手をつけられるかどうかじゃないか?

   「素晴らしき放浪者の戯言 オフショアー」とググってもこの記事は検索できない。
   核心ついてしまったのかしらん。









スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<「 縁の国の経営学 」 と 「 理の国の経営学 」 前編 | ホーム | やっぱりオバマはCHANGE? 新100ドル札発行!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |