素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

あれ?もう逮捕劇は始まっている?

   



   「57ヶ国会議」について己の過去記事を読んでいたら、こんなこと書いていた。

    彼ら「57ヶ国会議」は、

    「これまで不正に関わった世界の政治家や高級官僚など10万人を捕まえて責任を
     取らせる 」

    と宣言している。

           ~ 「デモだ!逮捕だ!まだ先が・・・! 」


   2011年の今頃も、「57ヶ国会議」がいよいよ、米国ドル体制に攻撃を開始せんが勢い
  だった。何せFRBの通貨発行期限が2012年12月22日に切れる。そんな2012年に
  むけてイケイケだった。
   2012年になると「LIBOR不正操作」、米国大手金融機関の「living Will」(生前遺言)
  の提出 ⇒ 「大き過ぎて潰せない」ことはない、役者はそろった、さあ~くるよ~と思った
  のだが・・・。
   そういうわけで先送りになったのだから昨年起きてもおかしくないことがこれから起こる
  のだ。

   それにしても「10万人逮捕」とは凄いね。
   こないだはベンさん4万人とか言っていなかったか?
   アメリカだけで4万人と言ったのか、世界で10万人になるのか。
    
   私はFRB解体が先でその後、大量逮捕かと思っていたが、先入観はいけませんな。
   もう、逮捕劇は始まっているかもしれません。    

    「300人委員会・イルミナティ絶賛大崩壊中!中央銀行総裁、金融トップが
     続々辞任!世界はベンジャミン・フルフォードの言う通りになる」


      世界銀行ゼーリック会長が辞任
      ドイツのクリスチャン・ラフ大統領が辞職
      ルーマニア首相と内閣が総辞職
      4人の聖職者がバチカン銀行業務スキャンダルで告発
      韓国為替銀行総裁が辞職
      クウェート中央銀行総裁が辞任
      ニカラグア中央銀行総裁が辞任
      ケニア中央銀行総裁が辞任
      イラン銀行のトップが辞任
      スイス中央銀行のトップが辞任
      ギリシャ銀行のトップはギリシャを去る
      ニュージーランド準備銀行総裁が辞任
      ロシア銀行の規制当局のヘッドが辞職
      オーストラリア&ニュージーランド銀行グループのトップが辞任
      イギリス:上級の個人銀行家が辞職します(クーツの私立銀行)
      イギリス:サーンダソン・ハウス銀行の最高経営責任者が辞職
      イギリス:ロイズ・ホールセールのトップが辞任
      フランス:ソシエテ・ゼネラルの投資金融最高責任者が引退
      スペイン:サンタンデル銀行のアメリカ最高責任者が辞任
      スロベニア:最大の2つの銀行のCEOが引退
      スイス:クレディ・スイスプライベート銀行のチーフアジアエコノミストが辞職
      スイス:UBSの日本インベストメント・バンキング議長、松井泰樹が辞職
      オーストラリア:ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、豪州部門のトップが辞任
      日本:野村ホールセール・バンキングのトップが辞任
      アメリカ:ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインの後任の準備
      インド:Tamilnad商業銀行のトップが辞任
      インド:Dhanlaxmi銀行の最高経営責任者が辞任
      インド:Kotak Mahindra銀行のトップが辞任
      インド:Beed地区銀行で多くの取締役が辞職
      パキスタン:AJK銀行のトップが辞任
      サウジアラビア:サウジHollandi銀行の経営責任の取締役が辞職
      ガーナ:データバンクグループの経営幹部議長が辞任


   ただ単に辞めているだけじゃないかとも言えますが、世の中、マスコミ(警察)発表は
  「自殺」でもそうじゃない場合ってありますな~。
   この記事にあるように形式上「辞任」でも実際は「拘束、逮捕」されているのかもしれ
  ません。
   中央銀行総裁がつぎつぎと辞任している点は気になります。  
   この他にも国際決済銀行(BIS)破綻かという情報が9月末に流れました。
   実際は「破綻」ではなく「破綻懸念」でしたが。
   
   中央銀行総裁が「辞任」ではなくて「拘束、逮捕」だと前回、カレン・ヒューズ女史が
  「60国の中央銀行は国際決済銀行(BIS)のメンバーであり、廃業にする必要がある。」
  と過激発言したことと辻褄が合います。
   主義主張を“ 打ち上げ花火 ”しているわけでなく、既に着手したことを推進すべく発言
  していることになるからです。

   もっとも、これからくる経済大崩壊に先がけて責任取りたくないからさっさと辞任した
  金融機関のトップも含まれているでしょう。
   
   いずれにせよ、大量逮捕の大半は報道されないと思います。
   なぜなら、彼らが崩壊しなければマスゴミは相変わらずで「交代」しないのですから。
  






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<NODA・MAP 「 MIWA 」 | ホーム | 世界銀行元上席顧問の内部告発>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |