素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「 特定秘密保護法 」 × 「東京地検特捜部 」

   



   みんなの党に続き、日本維新の会も「特定秘密保護法案」の修正協議に合意した。
   にわかに高まる反対世論を意識してか、「拙速に審議すべきでない」、「賛成、反対は党
  内で半々です」とか言ってお茶を濁し、「我々の修正案をかなり飲んでくれた」とか自画自
  賛するものまでいる始末だ。

   バカじゃないの?

   と言いたい。国民の「知る権利」もさることながら、己らの「国政調査権」も大幅に制限され
  る法案の微調整したからと言ってドヤ顔してもしょうがないのだろう。
   「公文書管理法」、「情報公開法」で逆に「すかす」手もありだと述べたが、そんなことを彼
  らに要求しても到底無理だということだ。
   「特定秘密保護法案」に反対して埋没するより注文つけて自党の存在感を示す方が得策
  だと?我が国はどうしようもない「政治屋」だらけですな。
   この法案が可決したら、政府与党のしかも主流派でないと「政治家にあらず」ということに
  なってしまうと言うのに、それがわからないのだろうか?我が党は、自分は政権与党にすり
  寄って法律的には「特定秘密」でもその「奥座敷」に案内してもらいますとでも思っているの
  だろうな。
   以前からわかっていたことだが、

   日本維新の会とみんなの党が自民党別動隊であるということがはっきりした。    
   

   ところで「徳州会」に対する東京地検特捜部の捜査は徳田氏の子供たち止まりで今のと
  ころさしたる進展はない。(猪瀬知事が云々はうやむやだろう)
   「特定秘密保護法案」可決のあかつきには東京地検特捜部は余裕しゃくしゃくで仕事でき
  るでしょう。「ハイ、特定秘密保護法に抵触しました」と逮捕できるのだから。
   「どこが特定秘密なのか?」と問われれば「それは秘密です」とやり過ごせばいい。

   来年には「特定秘密保護法案」よりもっとヤバイ「国家安全保障基本法」や「共謀罪」を盛
  り込んだ「組織犯罪法処罰法」の改正案が国会に提出されるという。おそらくこれらは可決
  されるだろう。
   そうすると、東京地検特捜部は「特定秘密保護法」、「国家安全保障基本法」、改正「組織
  犯罪処罰法」の3本の矢ならぬ3本の懐剣を新たに手に入れることになるのだ。
   もう怖いもの無しの絶対権力だ。「特定秘密保護法」× 「東京地検特捜部」。たすではなく  
  てかけるだろう。誰もが「見ざる、言わざる、聞かざる」となって首をすくめて縮こまって生き
  ていかざるを得なくなる。
   言論、表現に関して「戦前に逆戻り」はもう過言ではない。

   憲法改正しなくても「ナチスのあのやり口」でいい。その一つの完成だ。   







スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 |
<<「 特定秘密保護法 」 - 「 ケネディ大使 」 | ホーム | ワールドフォーラム12月例会 「 特定秘密保護法 」 開催のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |