素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「 特定秘密保護法案 」 衆院通過

   



   今日はまとまった時間がとれないことから記事をアップするつもりはなかったが、やはりこ
  の件を無視するわけにはいかない。(そんな具合ですから後日加筆するかもしれません。)
   採決に及び腰と書いたら、一転、与党が「 特定秘密保護法案 」(以下、「秘密法案」と省
  略)を強行採決した。(ここでひるんだら、収拾がつかなくなると思ったかどうか知らんが、
  この姿勢こそこの法案の性質を表している。)

   日本維新の会やみんなの党の一部は、退席したり、一部議員が反対したりしているが、
  そんなことで国対政治の出来不出来を差別化してもしょうがないのだ。他の法案なら、それ
  もありだが、今回ばかりは重要度が違い過ぎる。
   
   そういえば何のかんの言って逃げ切れると思っていた猪瀬東京都知事も辞任止むなしと
  の観測がながれている。徳州会の事件は石原慎太郎が本命なので猪瀬氏は逃げ切れると
  踏んでいた。どうやら慎太郎には及ばず猪瀬氏でトカゲの尻尾切り?慎太郎には司直の手  
  が及ばないようにするから「秘密法案」には反対するなよ、とか何とか。

   それしても今度の一件で自称「保守」とマスゴミのバカっぷりとダメさ加減は完全に白日の
  もとに晒された。自称「保守」は米国との情報共有を中心に外交、安全保障上の「秘密法
  案」の必要性を説くが、それじゃ答弁になっていない。彼らが忌み嫌う「人権派」(人権派弁
  護士とか)だって、人権がなくていいのか、マグナ・カルタ以前に戻っていいのか、と言われ
  ればそんなことはない、「人権」は必要だよ。「人権」が拡大し過ぎるから問題なのだ。
   同じことじゃないか。
   この「秘密法案」も拡大し過ぎる余地があり過ぎるから問題なのだ。
   あいつらは都合が悪くなると、サヨクが反対するとか言ってわけのわからない強弁する。
   この法案の前に「保守」も「左翼」も関係ないよ。(詳細はこれまで散々述べてきたこと
  から割愛します)
  
   この法案はTPPと似ている。
   両者共にドラキュラと同じ、白日のもとに晒せば死んでしまう。
   うかうかしていると日の出が始まる、その前にドラキュラ城に帰らないといけない、だから
  強行採決だ。依然として国民の多くは「秘密法案」を知らない。知っていても、「どうせ自民
  の圧倒的な数の力で可決されるんでしょ」、「マスゴミが知る権利を無くしても私たちには関
  係ない」とか無関心を決め込んでいる。
   繰り返しますが、肝心なことが「特定秘密」にされ、知らないうちにバンバン危ない法律
  可決されたら、国民生活に影響します。
   国民に「秘密法案」について知らせてこなかった、今頃アリバイ程度に反対表明している
  マスゴミの責任は物凄く重い。
   
   治安維持法だって当初は共産主義者や思想犯を対象としていたが、やがて国民生活そ
  のものを監視し始めた。監視体制はあの頃より今の方が徹底できる。
   まだ書き足りない・・・・・。
   また後日にさせてもらいます。

   ただ、状況が変わっても「諦めるのはまだ早い」という結論だけは変わらない。
   






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<沈黙を破ったベんさん 前篇 | ホーム | 「 特定秘密保護法 」 - 「 ケネディ大使 」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |