素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

来年、世界は大つごもり

   



   今年もいろんなことがあったようで肝心なところは不発だった。
   その秋(とき)は起こらなかったからだ。
   わたし的には今年は10月で終わってしまった。
   あの失速ぶりを見てそんな気になった。
   でも、新年、早々、1月15日にはまた債務上限がやってくる。
   そうは言うものの、結局、アメリカはデフォルトしないようだ。
   それを裏付ける情報も入手した。
   でも、インチキといえばインチキなのだ。
   アメリカ株式会社は安泰でも合衆国各州の州内格差は日本の比じゃない。
   
   年明けといえば、2月には東京都知事選があり、「後出しジャンケン」を巡って各候補の綱
  引きが活発になってくるだろう。
   現在、本命はまだ隠れていて表に出てきていない。
   そんなミスターX とは?
   ヒント「世の中、上り坂、下り坂、いろいろあるけれど、まさかというのもあるのです」

   2月というと旧暦のお正月、日本では節分、節目が変わる。
   これまた今は言えないけど2月になると大きく変わる兆候が現れます。 

   大きな変わり目だけど、あんまり良くない変わり目もありますね。
   特定秘密保護法の次は歴代政権の宿願、共謀罪制定が控えています。
   これが成立したら、ベンさんの講演会とかで集まっているだけで共謀罪成立!
   とんでもないのです。
   
   良い方の変わり目というと、プーチン躍進でしょう。
   ロシアでは遺伝子組み換え作物をやめるようですし、ロシア科学アカデミースミルノフ
  学派の学説に基づいて物理の教科書を書き換えるようですから。
   外国の首相に期待しなくちゃならないなんて何とも情けないですが、サバタイ派に真っ
  向から対決できる政治家は今のところ彼くらいですから。
   プーチンがバックのRTはいよいよ本気ですね。
   それについては年開けにしましょう。

   今日は大晦日。大つごもりとも言います。
   新金融システムに合意していない主要国はもうアメリカ、日本、フランス、サウジアラ
  ビアだけのようです。
   機は十分すぎるくらい熟しているのです。
   来年、世界は大つごもり、いよいよ新しい時代の幕が開くと思います。

   乱筆、乱文の当ブログを1年間読んでいただきありがとうございました。

   


   
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<2014年 正月 | ホーム | 「 氷の世界 40年 」 を観て 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |