素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

都知事選の行方 Ⅱ (脱原発は夢の実現か)

   



   舛添候補優位の“ 大本営発表 ”にもかかわらず細川・小泉連合は何千人単位で聴衆を
  集めているという。(立川は8千人集めたとか)
   これに対して舛添氏の演説は閑古鳥が鳴いているようだ。(昨日の吉祥寺では30~40
  人くらいとか)

   舛添氏を推す安倍自民は焦燥感を募らせており、2月2日の銀座街頭には安倍首相、
  山口公明党代表、舛添氏の3ショットとなる見込みだ。
   争点隠しどころか都知事選そのものへの関心を薄め何とか無党派層に投票所へ足を運
  ばせない、すなわち投票率を下げようと目論む自民=マスゴミの工作も有名ミュージシャン
  の路上ゲリラライブのような細川・小泉連合にはあまり効を奏さなくなりつつあるようだ。 
   小泉氏はしてやったりだろう。
   原発を争点にするだけでなく安倍首相を応援演説に引きずりだし、安倍政権 VS アンチ
  安倍政権の構図に持ち込むのが彼の目指すところなのだから。
   
   公明党はともかく創価学会はどうやら舛添支持を止めたようだし、一時は決裂必至だった
  宇都宮氏支持層が細川氏支持へ流れそうだとも言われる。
   小泉氏も終盤に秘策を画策しているようだ。
   これらについては他のブログに譲るとして細川氏が勝利して東京が、日本が脱原発に舵
  を切ったら夢の実現となるのだろうか?  
   
   原発推進派は脱原発では日本経済に強力な下げ圧力が働くと主張している。
   具体的にはどういうことなのだろうか?
   覆面現役外務官僚に語ってもらいましょう。

    「日本の天然ガス購入価格は、自国でシェールガスを産出できるようになり交渉力が
     強くなったアメリカの5倍以上。日本と同様に資源のない韓国と比べても倍以上。
     もし今、日本が脱原発へと舵を切れば、またもや各国から足元を見られ、アメリカ
     のみならずカナダ、ロシアなどからもかなり割高な価格でガスを売りつけられるこ
     とになるでしょう」
                 ~ 週刊プレイボーイ 2014年 NO.6 ~


   この点はベンさんも繰り返し強調してきたところです。
   2011年の脱原発デモ当時から彼はこのデモの背後には石油派(シェールガス派)がい
 ると再三指摘してきました。
   もっと古くは広瀬 隆氏の反原発活動は彼に資料を渡してきたロックフェラーの存在なくし
  ては語れないと言われる。
   いわゆる「脱原発派」の中には脱原発に踏み出して自然エネルギーを始めれば「脱利権」
  になるが如く考える人たちが少なくない。
   そんな子供だましがあるはずないのです。
   原発推進、脱原発いずれに転んでも利権はついてまわる。
   覆面外務官僚やベンさん曰くのようにシェールガスや天然ガスを高値でつかまされるのは
  まだ序の口で自然エネルギーを絡めてスマートシティーを推し進めようとする日米企業が
  手ぐすねをひいて待っているのです。 
   産業界の方が先を行っていて政治、行政が遅れているのです。
   (結構ではないかという方は過去記事「 『 スマートシティー 』 ねぇ!? 」を読んでみて
  下さい。)
   
   脱原発してもバラ色の未来が待っているわけではないと言われます。
   確かにそのとおりですが、それでも私は脱原発すべきだと考えます。
   本当は「科学のパラダイムシフト」まで一気に行って欲しいのですが、いきなり「大手
  飛車取り」は難しいのでしょう。産業界も「スマートシティー」の研究等に既に投資して
  いるのだからやらせてあげないといけない。
   「スマートシティー」などあんまりいいものじゃない、過渡的なものじゃないかと多くの
  人が気づくことが必要だ。
   そこから「科学のパラダイムシフト」へといよいよ移行すればいい。
   「脱原発」しなければこのプロセスは踏めない。
   そのチャンスは今しかないのです。
   週刊プレイボーイで取材されている「原発ホワイトアウト」の著者、若杉冽氏の言葉で最後
  締めくくろう。  

    「今回の都知事選は、脱原発のラストチャンスだと思います。
     次にチャンスがあるとすれば、それは次の事故が起きたときです。
     それを見たくなければ、今回が最後です。」

                   ~ 引用 同上 ~








スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<都知事選の行方 Ⅲ (演説を聞きにいこう) | ホーム | 自称 「 保守 」 に改めて問う 「 特定秘密保護法 」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |