素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

都知事選の行方 Ⅳ (2.2 銀座決戦!)

 

   かねてより週末は都知事選の演説を聞きに行こうと親友 I と決めていた。
   この日は各陣営、銀座でガチンコ勝負。
   
   細川夫人 舛添本人
    細川夫人と南相馬市長ら。        テカテカ脂ぎっている舛添候補。
                             意外と女性にはモテモテ。

   安倍首相 舛添 田母神 デビ夫人
    舛添候補の演説の脇で何やら      田母神氏はそっちのけでデビ夫人見たさに
    ひそひそ話する安倍首相と        ミーちゃん、ハーちゃん        
    丸川女史
                    
   銀座俯瞰1
    人、人、人の銀座4丁目交差点

   銀座俯瞰2
    昨日の新宿は1万人、今日の銀座は2万人とか、これで投票率低いなんて
    ないですよね。

   小泉ロング 銀座歩道
   遥か彼方なのに手を振る小泉元首相   それでは近くに行ってみましょう。

   細川選挙カー 細川 小泉
   ちゃっかりマスゴミ取材席に潜りこむ。   ベストポジションじゃん。

   細川1ショット
   TVで見るとお爺さんに見えるけど演説に立つと若返る細川候補。

   小泉1 小泉3
                             身振り手振りで「小泉劇場」開始。

   小泉2
    今回の脱原発以外は賛同しているわけじゃないがやっぱり演説は聞かせる。


   銀座の街頭演説が終わると、我々はカフェで暫し休憩。
   「これだけ人集めているけど、まだ細川陣営は劣勢だと思う。」と私。
   「どうして?」と聞き返すI に対して「昨日も新宿行ったけど、若い人が少ないもの。」
   (昨日はデジカメのバッテリー切れで写真は撮れませんでした。テヘヘヘ)
   
    私 「今日、安倍首相が応援にきたのは焦りからと前述べたが、実はもう勝負
       あったという余裕からなんだって」

    I  「そういえばそんなこと言っていたね。」

    私 「やっぱ、三宅洋平とか山本太郎が細川サイドで動くと違うと思うよ。
       二人で30~40万票は上乗せできるだろうよ。50万はともかく。
       この差は結構きいてくるんじゃないかな。」

    I  「まったく、あいつらは脱原発とかいってホントにやり遂げる気ある
        のかね。」

    私 「実は、昨日、細川さんと洋平は対談していたんだ。
       でも、洋平は選挙の結果は結果でここから脱原発活動やるみたいな
       こと言っていた。彼は我々が考える以上に頭いいんだけど、どうも
       及び腰だよ。今が最大のチャンスなのに勝負勘ないな。」 
      
    I  「そうだな。勝負勘ない。」

    私 「何かもう一発サプライズないと細川さん勝てない。」
  
   なんか疲労感が漂ってきて次の演説会場、秋葉原はパスして帽子屋をつき合ってと言い
  出したのだが、二人して急に気が変わって、結局、秋葉原へ行くことにした。


   秋葉原1
   途中からどうもヨドバシカメラの音が大きくなる。「東電の前でやっているような
   ものだから」と I は言うが、やはり関係あるかもしれない。

   秋葉原2
   手前の人から群衆の最後尾までこのスペースが一杯にならないと。
   このスペース分だけ若い人が必要な気がするのです。





スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<都知事選の行方 V | ホーム | 都知事選の行方 Ⅲ (演説を聞きにいこう)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |