素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

都知事選の行方 Ⅵ(佐村河内事件は陽動作戦!?)

 



   佐村河内 守のペンテン事件はどうも怪しい。
   彼に関しては聾唖者だというのにあまりに普通にしゃべるのでどうも引っかかっていま
  した。ですから事件が発覚して驚きはしましたが、さもありなんというものでした。
   先ほど、親友 Iからメールが来て朝から日中、「佐村河内、佐村河内」とメディアがそれ
  ばかりだと告げられました。おかげで都知事選はかすんでいるとも付言されていました。
   
   男子フィギュア、高橋大輔選手に絡みますから話題となるのは当然でしょう。
   でも、なぜ5日、都知事選前のこの時にこの事件は発覚したのでしょう。
   1週間前でも1週間後でもなくこの時期に。
   無党派層のかなりの部分はいわゆるB層ですから、政治ブログの読者ほど都知事選に関
  心ありません。ワイドショーなどで「佐村河内、佐村河内」と連呼されれば都知事選など忘
  れてしまいます。週刊文春発の事件っですから、やっぱりどうも怪しいのです。
   これは都知事選隠しの陽動作戦ではないでしょうか?
   選挙選後半、この事件が発覚し細川陣営の追撃を吹き飛ばせると踏んでいたからこそ先
  週末時点で安倍首相は「楽勝」と余裕だったのではないかと思うのです。
   そもそも選挙日程が怪しい、7日にはソチオリンピック開幕でこれまた関心をさらうで
  しょう。

   舛添候補の政党助成金流用疑惑も持ち上がりましたがどうでしょう。
   時すでに遅しともいえるかな・・・。いや、まだわからないよ。

   本日予定されている“ 紙爆弾 ”に期待しましょう。






   
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<都知事選の行方 Ⅶ (紙爆弾投下!) | ホーム | 「 靖国 」 について 弐>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |