素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

小保方応援団!




論文撤回どころか、理研クビ、さらに博士論文も取り消されるかもしれない、小保方さん。
ことここに至っては小保方潰し、バッシングを通りこして小保方パージ、すなわち学者生命
を抹殺せんが情勢だ。
彼女はとても研究できる状態ではなく、精神状態が尋常でなく自傷とかしないように24時間
監視体制だとか。
可哀想な小保方さん。
「真実を探すブログ」-STAP細胞の小保方さんがかなりヤバイ模様!-

中部大学の武田教授は今回の問題について、「アメリカでは論文が不出来でも、そこに新しいことや価値のあることがあれば通る。日本の論文審査はどんなに良いデータがあっても欠点があると罵倒される」と指摘。また、「論文は科学技術であり、技術には著作権もない」とも述べており、今回の小保方騒動は変だと話しています。

これを裏付けるように米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授は論文撤回に
反対している。

それにしても今回の事件、どうも怪しいというか不可解であって、あっしは以前から友人
らに小保方さんは嵌められちゃったのではないかと言っておりました。
嵌められちゃったかどうかはひとまず置くとして、理研の周辺が無責任体制であることは
間違いないようだ。
論文に携わって研究者は14人だが、執筆したのは彼女と理研発生・再生科学総合
研究センター副センター長の笹井芳樹氏(52才)だという。
この事態を受けて彼は論文内容や実験手順を検証しているかと思いきや生命科学分野の
研究で実績を挙げた人に授与される「上原賞」をちゃっかりもらって、「STAP細胞」
については“ 知らぬ顔の半兵衛 ”を決め込んでいるとか。
小保方さんが研究リーダーとはいえ彼女が未熟で脇が甘かったのは事実だが、先輩で共同
執筆者ならこれを精査すべきだし、当然責任の一端があるはずだ。
どうも匂うね~。

あたしゃ、こういう時、必ず「ゴッドファーザー」でドン・コルレオーネ(マーロン
ブランド)がマイケル(アル・パチーノ)に語ったフレーズで考える。
「恩義とか義理とかでなく、それで誰が得をするかで考えろ」
ベタだがこれは意外と間違えない。
日本では「小保方さん、STAP細胞で世紀の大発見」だが、英国的(世界的?)では
米日共同研究ということになっている。それでてっきり、ハーバード大が横取りかと
思ったがそうではないようだ。すると、どうなるのか?
山崎行太郎氏も同様なことを考えているようだ。

誰が「小保方さん潰し」を仕掛けたのか?一昨日の「理研」記者会見をよく見てみると、

野依良二を筆頭とする「理研」幹部が、組織防衛のために「蜥蜴の尻尾切り」に舵を切った

ことがわかる。特に野依理事長等の言葉に、聞き捨てならない言葉があった。

全責任を、小保方晴子個人になすりつけ、あたかも自分たちは被害者である

かのような言動だ 。

一個人研究者の研究倫理の「未熟さ」に責任転嫁しようとしているが、そもそも、

あの「割烹着」は、誰が、伊勢丹で、何の目的で、買ったのか?(笑い) 「美談作り」

の演出は誰がやったのか?「理研」総体がバックアップしていたのではなかったのか?

マスコミに迎合して、一人の若い研究者を血祭りに挙げ、「ノーベル賞受賞科学者」が、

せこい組織防衛か?笑わせてくるね。お前らの時代は、終わったよ。

今頃、「科学者の倫理」(笑い)を振り回して「逃げ」ようとする「科学官僚」(野依?)とは、何だ。

それに、stap細胞の再現実験を第三者を交えて続けるというが、小保方晴子さんを「理研」から

追放した上での、いわゆる「小保方晴子さん抜きのstap細胞再現実験」とは何か。

それでは、「stap細胞発見」の横取りではないのか。


なかなか激しい筆致であります。
ここが特に重要です。

それに、stap細胞の再現実験を第三者を交えて続けるというが、小保方晴子さんを

「理研」から追放した上での、いわゆる「小保方晴子さん抜きのstap細胞再現実験」とは何か。

それでは、「stap細胞発見」の横取りではないのか。


最初は彼女は脇が甘いぞと「小保方潰し」くらいだったのだろうが、途中から方針変更して
小保方さんを排除して、自分たちだけで「STAP細胞」の手柄、利権横取りにすることに
したのではないか?
そう解すれば論文の共同執筆者・笹井芳樹氏の無責任も腑に落ちるというものだ。

武田教授も言っていたが、こんなことでは若い科学者が育たない。
小保方さんを潰してはいけない。

彼女を擁護する勇気のある学者は武田教授くらいか。

出でよ!小保方応援団!



    


    







スポンサーサイト

科学 | コメント:2 |
<<ウクライナから金(きん)を略奪するアメリカ | ホーム | デス&コンパス (ぬるさとカッタるさは鮮やかさの隠し味)>>

コメント

小保方さんの応援団に、入ります!

かわいそうです!

小保方さんの論述の仕方が未熟だからといって、その斬新な発想を、横取りするなんて、ひどすぎます!
2014-04-07 Mon 00:42 | URL | ぽち [ 編集 ]

遅くなりましたが、コメントありがとうございました。

明日は小保方さんの会見、彼女が何を語るか注目しましょう。




> 小保方さんの応援団に、入ります!
>
> かわいそうです!
>
> 小保方さんの論述の仕方が未熟だからといって、その斬新な発想を、横取りするなんて、ひどすぎます!
2014-04-08 Tue 22:53 | URL | ジィジーラ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |