素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

武田教授も 「 チーム STAP細胞 = 犯人 」 説か?



   私はSTAP細胞疑惑に関して、そもそもの言いだしっぺは誰なのかを検証し、インター
  ネット上の匿名告発であろうと結論づけた。
   これを検証することなく、いかにディテールやテクニカルな問題を根ほり葉ほり考察して
  も意味をなさないと考えている。
   どうやら中部大学の武田邦彦教授の同様のようだ。

    正確な日時は次第に明らかになっていくと思うけれど、STAP論文が掲載
    されたのが1月29日。ネットで最初の「欠点の指摘」があったのが、確か
    2月4日で6日しかたっていない。これが2月14日でも16日だから、
    「出てすぐ」には変わりはない。

    世界中で毎日、多くの論文がでるが、主要なものだけで100ケ以上はある。
    その中で、このネイチャーの論文に注目し、掲載された日に論文を読み、
    80ケもある画像をすべてチェックし、ビデオを検査し、文章にコピペがな
    いかを見て、論文引用(40ケほど)、図表の説明、その他の記述を全部読み、
    理解するだけでも2,3日はかかる。


    そのうえ、小保方さんの博士論文はPDFで入手できると聞いたことがあるが、
    そうなると博士論文にでている図とネイチャーの80枚のうちの2枚が類似し
    ているということは「図のデジタル情報」からはわからず、目で見ないと類似
    しているかどうか不明である。


    さらにPDFから電子化したファイルを作り、そこに書かれた文章が世界の
    どこかにある文章と類似していることを知るためには、電子化の作業がかなり
    大変である。


    もともと、STAP論文は、2012年に若山先生の指導の下で小保方さんが
    書いてネイチャーに投稿し、拒絶(リジェクト)されている。
    そこからのものだから、小保方さん、若山先生、笹井さんという一流の当該研
    究の研究者が2年ほど見ていて、さらにこれも世界一流の査読委員(複数)で
    やるネイチャーで10か月ほどの査読を経ている。


    つまり世界でもっとも「間違いに気が付きそうな4,5人」が10か月から2年、
    綿密に見て、修正している時に気が付かなかった欠点をわずか、6日から
    16日程度の間にわかることは不可能である。
 
    ~ 武田邦彦 「STAP事件簿後日譚 論文の不備を誰がわかったのか?」 ~



   私の指摘した2月14日以前、4日にもインターネット上で疑義が持ち上がったようだ。
   いずれにせよ武田教授は「早過ぎる」としている。

    「世界でもっとも「間違いに気が付きそうな4,5人」が10か月から2年、
     綿密に見て、修正している時に気が付かなかった欠点をわずか、6日から
     16日程度の間」にわかってしまったのだから。

    武田教授は1月29日のSTAP細胞の記者会見の時からSTAP細胞の疑義を告発
   する準備をしていた者がいると推察している。「善意」ではなく「悪意」に基づいて。
    彼は分野こそ違え科学界にいる身であることからぼかしていて、「早過ぎる」のは
   「チーム STAP細胞」の中に “ 犯人 ”がいるとまでは踏み込んでいない。
    でも、武田教授の説明を読めば、ますます小保方さんに近い人物、すなわち「チーム
   STAP細胞」の末端の誰かが怪しいという結論に辿りついてしまう。
    何々、小保方さん自らパワーポイントを作成した場合、私の仮説は崩れてしまうでは
   ないかって?確かに最初はそう考えていたが、そうでもないでしょう。
    彼女が知らない間にパワーポンイトの画像を博士論文の画像に差し替えてしまえばい
   いだけのことです。
    さらに別の可能性もありますね。
    すなわち、ホントに小保方さんのケアレスミスだった可能性も。
    その場合でも彼女の研究を横で見ていないと武田教授指摘のようにこの短期間では
   ネットで告発できないと思うのです。

    何とも考えたくない推論かもしれませんが、ポスドク(博士号取得後の無名の研究者)
   がどんな生活を知れば十分あり得ることだと思います。
    東大の博士号を持ちながらどこの研究所にも入れず実家のアパートの賃貸管理をしな
   がらアパートの1室で細々と研究続けるポスドクの姿がTVで紹介されていました。
    そんな境遇のポスドクの耳元で甘い悪魔の囁きがあったなら・・・・・。   
    いずれにせよ言いだしっぺが誰なのか武田教授くらいしかまともに検証せず、いつま
   で不毛な議論、言説がまかり通っているのだろうか? 

    この事態が小保方さん曰くの「大きな力」による謀略なら、やいのやいの騒いでいる
   マスゴミもグル、若しくは無知ということになるでしょう。
    日頃、さんざんなこと言っていますが、それでも私はメディアの中にもマスゴミでな
   い人もいると信じています。
    誰か武田教授のこの提言を実行するメディアはいないのか?

    せっかくの素晴らしい論文をここまで貶めるのは、単に「善意」とは思えない節
    が多すぎる。この際、STAP事件を報道し、小保方さんを非難したマスコミは
    自らのプライドをかけて、「ソース」と「組織」を徹底的に取材してもらいたい
    ものである。
                        ~ 引用 同上 ~


   科学ライターはともかく、一般の記者のすべき第一歩はここから始まると考えるのです。







スポンサーサイト

科学 | コメント:2 |
<<オバマ来日(仮面夫婦とボッタクリの三文芝居) | ホーム | 笹井副センター長会見(そもそも ねつ造された 「 科学 」 とは何か?) 後編>>

コメント

内部の密告しかありえないでしょう。
2014-05-15 Thu 21:05 | URL | げスト [ 編集 ]
ゲストさん


コメントありがとうございます。
ちょっと考えればそう気づくはずですが、
マスゴミはスルーですね。
何でしょう。

> 内部の密告しかありえないでしょう。
2014-05-17 Sat 13:36 | URL | ジィジーラ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |