素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

点と線 2014

    


    どうも世界中で騒がしいですね。
    デモ、無差別テロ、クーデター、威嚇発砲等々。
    またもや新疆ウイグル自治区で無差別テロがありましたね。
    ウイグル族の仕業か外部のイスラム過激派によるものか、中国発の報道なんかアテに
   なりませんからよくわかりません。
    天安門広場に自爆テロがあった時もウイグル族の仕業とかいわれましたが、中国の自
   作自演かもしれません。

    犯人探しはこの際、どうでもいいのです。
    何度も繰り返されるこれらのテロ行為で点がやがて線になります。
    その曲線はどんな軌跡を描くのでしょうか?
    新疆ウイグル自治区への中国政府のさらなる締め付け?
    どんなに軍事制圧してもテロを根絶することは出来ません。
    
    TVでは古館伊知郎さんが「新疆ウイグル自治区は地下資源が豊富で中央アジアへの
   経路にもなるため中国はここを手放せません。ここを手放したら中国は崩壊してしまうか
   もしれません」とかコメントしていた。
    だったら、それが答えじゃないか。
    これは中国崩壊の序曲でしょ。
    そんなバカなことあるか、中国は崩壊なんかしない。
    中国バブルが弾けようが何が起ころうが、「中国 無問題(モーマンタイ)」論は根強い。
    でも、どうやら中国分割は既定路線という情報もあります。
    (これについては先日、MXテレビに出た際、ベンさんは否定していたが、中国分割は
     現実化すると考えます。)
    さらに穿った見方をすれば、中国分割連邦制は中国政府も不可避と考えているように
   思います。そうすると、新疆ウイグル自治区のテロも想定の範囲内ということになり、予
   定調和的に事態が進行しているという見方も出来ると思います。
 
    想定の範囲内というと、北朝鮮が朝鮮半島西側の黄海で、韓国軍の艦艇を砲撃
   したことも想定の範囲というか、出来レースと言えるかもしれない。
    どうも日本国民一般は、ブッシュが北朝鮮を「悪の枢軸」と言ったかせいかどうか知り
   ませんが、北朝鮮を単なるバカなならず者と考えがちのようです。
    彼らは用意周到に計画し、的確に効果を計算して威嚇行動していると思います。
    以前も直接会談には応じないとしていた米国を米朝直接会談の席へとおびき出しまし
   た。日本の北朝鮮専門家はそのあたり、当然に見切っている。今回の北朝鮮の威嚇
   発砲は、旅客船セウォル号の沈没事件で求心力をなくした朴槿恵大統領に北との危機
   管理も出来ないことを露呈させ、朴政権をさらに弱体さて南北対話を有利に進めること
   にあると解説する。
    日本には今だに朝鮮半島有事とかいう御仁がいるが、もうその目はないと言って差し
   使えないのではないか?朝鮮半島統一は南北合意の既定路線なのだから。
    さらに金一族が象徴天皇のように統一後も残ることも同様に既定路線と言われる。
    そんな状況で戦争など必要なのか?必要なのは経済戦争における韓国の敗北、いや
   自滅だ。かつてはイケイケどんどんで調子良かった韓国経済も南北朝鮮統一のために
   崩壊させられる一過程に過ぎなかったのだ。
 
     それでも表面上は「戦争ごっこ」でもやるのだろうか?
     この「戦争ごっこ」を捉えて集団的自衛権が云々言われたら、かないませんな。
     何たって結果の見える出来レースなのですから。
     それより考えなくてはならないのは、南北朝鮮統一後、どこに緩衝地帯をつくるかと
    いうことです。村上 龍の小説「半島を出よ」では緩衝地帯は九州ですが、ベンさんは
    沖縄と捉えているようです。そうしたら米軍はどうなるのでしょう?
   
      世界中の点はやがて線になって、新しい国境及び行政区境を描くことになると思い
     ます。



中国分割
これは世界の規定路線か?






 

       
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<鼻血だけの問題じゃないけど・・・確率の問題ではある。 | ホーム | 「 美味しんぼ 」 問題 ~ 風評について ~>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |