素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

革命前夜!ベンさん! 中編




   ◎ 革命後の世界

     革命のような事態が起こりうることは何年も前から何度もベンさんに聞かされてきた
    が、カレン・ヒューダス女史の発言が加味されると俄然、現実味を帯びてくる。
     サバタイ派金融マフィアが崩壊したら、金融界が様変わりするだけにとどまらず、い
    ろいろの分野が革命的に変わります。

     ○ 真実の歴史が発表される。
       いわゆる「正史」と呼ばれるものと「真実の歴史」の違いはいろいろあるのだが、
       その一例として日本の(戦後の?)歴代首相のほとんどが北朝鮮系であること
       が指摘された。
       「明治維新の真実」がどこまで公表されるか定かではないが、幕末維新の志士
       ごっこが好きな自称「保守」がカルチャーショックを受け、自己のアイデンティー
       がおおいに揺らぐのは間違いないだろう。

      ○ 日本が独立国でないと判明する。
       政治家、特に保守系政治家は「日本が属国」であることを絶対に認めない。
       確かにつらいことだが、厳しく現実を見据えることから始めなければいけない
       のに都合の悪いことには目をそむける。
       だからこそ彼らは間違うのだ。
       「天皇の政治利用」と批判する御仁こそ、見えない形で天皇を政治利用して
       いる。今にはじまったことではない、昔からずっと続いている。
       このあたりも判明されるだろう。

     ○ 日本は再び成長できる。
       講演当日、ベンさんはミサワホームが竹中某に倒産に追い込まれ、200億円
       の税金をつぎ込んだうえ再生され、竹中某の兄貴が現社長に収まっているこ
       とについてふれた。竹中某兄弟による体裁のいい会社乗っ取りだったと三澤
       千代治元社長へのインタビューを通じてベンさんは確信したようだ。
       ベンさんと竹中某は天敵なのだが、これを割り引いても竹中某の唱える「成長
       戦略」はロクなものでないと思っているのだろう。
       この点、私は全く同感であります。
       ベンさんは語る。 
       1985年まで日本は経済企画庁が独自に経済政策を立て高度成長を成し遂げ
       ても格差が世界で稀にみるくらい小さかった。
       「1億総中流」の達成であります。
       パパブッシュに脅され、プラザ合意してバブル、バブル崩壊、不良債権処理の
       進行とともに新自由主義が幅を利かせるようになってきたように思える。
       「前川レポート」 ⇒ 「構造改革」(年次改革要望書) ⇒ 小泉改革と一連の流れ
       の中で貿易立国から内需主導への「構造改革」は一応の成果をあげたことを
       認めつつも、一方で日本を解体へと導く「構造」の「改革」であることは既にご存
       知だろう。「1億総中流の日本」を理想とするベンさんは、竹中某の「成長戦略」
       などやめて1985年以前の日本に戻せば、日本は再び成長できると言いたい
       ようだった。そんなこと可能なのだろうか?

     ○ 政府紙幣発行、借金チャラ
       ロス茶やロックが株主のFRBや各国中央銀行発行の現在の紙幣ではなく、各
       国政府発行の紙幣が発行されることになる。順番は前後したが、これが「革命」
       の核心だといえる。これについても何度も聞かされてきたが、果たしてそんなこ
       とが可能なのだろうか?今一度、カレン・ヒューダス女史の発言に耳を傾けよう。

        世界銀行とIMFが決定したことは:Global Debt Facility(世界債務機関?)
        と呼ばれる機関が保有している金(ゴールド)を使って世界中の紙幣を金に裏
        付けられた貨幣に戻すことが決定されました。中央銀行が印刷してきた世界
        の紙幣には金利がついています。これは悪徳商法なのです。

                            ~ 日本と世界と宇宙の動向 ~


       そこいらのブロガーではなく、世界銀行の元上席顧問の発言だからこの
       言説は重い。ベンさんも通貨発行に伴う金利分だけインチキだよく言う。
       正直、今一つよくわからないところがあるがそうなんだろう。
       金利分がなくなると健康保険はタダになるとベンさんは説明した。
       
       日本経済の足を引っ張っているのは財政問題だ。
       この基金を利用して借金はチャラ、借地は借地権者のもの、賃借している
       マンション等は借家人のものとなり、大家には従前に得ていた収入が保証
       される。そうベンさんは言うが、そんな夢のようなことが実現可能なのでしょうか?
       ドイツには借地権という概念が存在しないことから借地はベンさん曰くのようでも
       いいのかもしれない。借家は住居だけでなく事務所もあり所有して税金払うより
       賃借の方が会社の財務上好ましいこともある。これとの整合性はどうする?
       私はちょっと無理があると思う。
       衣食住というが、給料のうちかなり比重を住(不動産)に費やしている。
       これらの負担がなくなり、住宅ローンもなくなれば消費は伸びるだろう。
       こんなことしなくても電気等のエネルギーがタダ同然になれば同様の効果が見
       込める。それはなかなか難しい?

       経済学で生産要素は土地、労働、資本と言われる。
       竹中某の唱える「成長戦略」は煎じつめれば、労働を切り詰めて経済成長させ
       ようとするものだ。でも冷静に考えれば生産要素には土地、労働、資本以外に
       もう一つ絶対に必要なものある。もちろんエネルギーだ。
       なぜか経済学ではこの絶対不可欠なエネルギーについては無視する。
       多くの人にエネルギーがフリーになりコストダウンを図り、価格を下げなければ
       利潤が自然と上がることに気づかれては資本家が困るからだ。       
       生産要素からエネルギーは排除され労働、すなわち販管費をコストダウンする
       ことしかないが如く思わせるのが竹中某らが唱える「成長戦略」の正体だと私
       は考える。

    
     ○ 優生学に基づく不妊、人口削減が止まる!?
       これについてベンさんは経緯を説明しただけで明言はしなかったと記憶するが、
       ジャンプー、洗剤に入れられた不妊を促す物質は止められると言いたかったよ
       うだ。    
    
     ○ 1000歳生きられる技術が解禁になる。
       そんなことあるもんかと思われるかもしれないが、以前述べたように既に1000
       歳まで生きる技術は存在するようだ。
       ただし、その恩恵に浴することが出来る人は限られるだろう。
       村上 龍「歌うクジラの世界」へ突入だ。
       過去記事「明るい年へ!ベンさん」を参照されたし。
       欄外に「今後20年間に1000歳まで生きる人間が出現し、すでに
            現在生まれている中にも150歳まで生きる人間がいる」
            という週刊ポストの記事を紹介した。


     ○ 人類が宇宙に旅立つ。
       「1000歳まで生きられる技術」が21世紀的科学技術の解禁とするなら、忘れて
       ならないのが宇宙開発だろう。我々は月に行って以来、宇宙に旅立っていない。
       (月へ行っていないという説は根強いが、私は月は行っていると思う。ただ、月面
        の映像がウソで地球で撮ったという立場を取ります)
       我々の銀河だけで地球と同じような環境の星が約10億あるのだと言う。
       もっともこれらの星へ行くには何万光年とかかるので、人類は行けないということ
       になってしまうが・・・・・。
       ベンさん曰く、NASAは数週間でこれらの星へ行ける技術を既に保持している
       とか。ワープは科学的に否定されていると記憶しているが・・・・。
       カール・セーガン「コンタクト」の世界の幕開けか?

                                     (つづく)  
      






スポンサーサイト

政治 | コメント:1 |
<<革命前夜!ベンさん! 後編 | ホーム | 革命前夜!ベンさん! 前編>>

コメント

どうしても伝えたくて。
小さいときからお金に困っていて、食べるものにも困る生活を続けていました。
もっとはやくこれを知っていれば…。
連絡するだけでよかったんです。
借金を一括で全額返済できます。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
メールもらえたらすぐに教えます。
2014-07-13 Sun 05:45 | URL | 重永奏奈 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |