素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

真夏の妄想恐怖劇場 第二夜

 


  
  〔弐の館〕 

     彼方に熱帯の浜辺のヴィラが見えている。
     天蓋のあるテラスの白い布が揺れ、その陰から時折、ピアノが顔を覗かせる。
     潮騒がひいてくると奏でられてる楽曲が明らかになる。
     「戦場のメリークリスマス」だ。
     白い布が風にさらわれてピアノ全体が姿を現すと誰も弾いていない。
     自動ピアノのようだ。
     
     子供たちはガラスの内側を不思議そうに見つめている。
     「この曲知っている」と少女Aが呟いた瞬間、リフレインされる主旋律から転調したとこ
    ろで「ブツ」と曲が終わってしまった。
 
  ここでアナウンサーのナレーション。
     「番組の途中ですが、音楽家の坂本龍一さんがガンを告白しました。」

      少年C 「ガンになっちゃんだ、大変だね。」

      少年B 「最近は早期発見のガンは治るからだいじょうぶだよ。」

     私が「さて、みなさん・・・」と口火を切った途端、少年Aが先回りした。
     
      少年A 「わかった、坂本さんがガンにされちゃったって言いたいんでしょう。」

      私   「ほう 、君はよくものを知っていそうだね。
           でも、どうして坂本さんがガンにさせられちゃうんだい?」

      少年A 「だって、原発に反対していたから」

   7・16 坂本龍一
            2012年、7.16さよなら原発10万人集会 中央が坂本龍一さん
            当日の模様はこちらをご覧ください。
      
      私   「確かに坂本さんは影響力が大きいからね。
           そういう風に考えるのもわからなくはない。」
   
      少年B 「ガンにさせられちゃうって何だよ。またデタラメ言うなよ。」

      先生・父兄 「そうですよ、いい加減にして下さい」 

      私   「いえ、一定の周波数の電磁波によって人をガンにすることが
           出来るのです。
           N・ロックフェラーの発言を暴露したアーロン・ルッソ、徹底した反米
           を貫いたベネズエラのチャベス大統領、『恐怖の存在』でCO2地球
           温暖化のインチキを指弾した作家、マイケル・クライトン、みんなガン
           で急死しています。
           日本人でもいるんですよ。
           日米安全保障より独自の外交政策を模索した細川護煕元総理は
            「多角的安全保障」を指向しました。総理肝入りの防衛問題懇親
           会についてこんな記述があります。 

             さて、日米安保よりも「多角的安全保障」を優先した防衛問題
             懇親会の西廣整輝氏はどうなったでしょう。1995年11月4日
             ガンで死亡しました。
             もう一人の重要人物、畠山蕃氏はどうなったでしょう。こちらも
             1994年10月、ガンで防衛医大に入院し、翌95年6月1日に
             58歳の若さで死亡しました。その葬儀の席で樋口廣太郎氏は
             『人間はこんなに早く逝くのか』とのべています。

                 ~ 孫崎 享 著 「戦後史の正体」 ~




      先生・父兄 「証拠はあるんですか、証拠は」
 
      私   「証拠が残るようなヘマを彼らがするもんですか。
           でも、一定の周波数で人を殺すことは出来ます。
           逆に病気を治すことも出来ます。
           今はいわゆる 『正統派科学』はこれらを『科学』と認めませんが、
           これも次第に明らかになっていくでしょう。
           坂本さんは確かに反原発でしたが、だからといってガンにさせられた
           ということはないでしょう。自然にガンになったんだと思います。」

      少年B 「それじゃ、なんでいちいち取り上げるんだ」 

      私    「ガンにならなくても一定の周波数の電磁波で脳腫瘍や心臓病の原因
            となります。坂本さんがシンセサイザーやPAなど電磁波の出るものに
            囲まれていたことが影響しているかもしれない。
            はっきりはわかりません。」

      少年B 「やっぱりわからないんじゃないか~」
  
      私    「ガンはともかく、君たちがスマホや携帯が止められず、電車の中はもち
            ろん、歩きながら、食事しながら四六時中いじっているのは、ただゲーム
            がアプリが面白いというだけじゃないんですよ。
            スマホ、携帯の電磁波で脳が誤作動して依存症になってしまっているんで
            すよ。」

      先生・父兄 「何それ!もっと教えて下さい」

      私    「これについては長~くなるので別の機会にお話します。」

                                     (つづく)
                                     





スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 |
<<真夏の妄想恐怖劇場 最終夜 | ホーム | 真夏の妄想恐怖劇場 第一夜>>

コメント

どうしても伝えたくて。
ハローワークにいっても仕事を見つけることができませんでした。
あるとき、すごく有名な人と連絡をとることができました。
お願いしたら、本当に欲しいだけの現金をくれたんです。
すぐに裕福になれる方法があります。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。
2014-08-12 Tue 20:34 | URL | 亜紀乃 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |