素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

「基地問題」はそもそも存在しない!?



以前、「普天間基地移設問題」について記事にしてから動きがあった。

 ○クリントン国務長官、藤崎・駐米大使を呼びだし、改めて当初のとおり、
  辺野古移設で早期解決を求める


 ○これに対して首相、外相、防衛相の発言は例によってバラバラ。


 ○小沢幹事長、「あんなきれいな海の辺野古を埋め立てていかがなものか」
  との旨発言、暗に辺野古以外をほのめかす。


この他にも細かく言うといろいろあるのだが、要するに民主党政権は相変わらず
ダッチロールしている。
マスコミは首相にリーダーシップのないことを攻撃し、石波氏を中心に自民党議員は
防衛という日米安保の根幹にかかわる本件について、危機感を露わにしている。


ところが、外交アナリスト・原田武夫氏は全く異なる見解を示している。
曰く、
  
  「『普天間基地移設問題』なるもの自体が、そもそも“不存在”だと考える」       
       
       ~日刊ゲンダイ 2009年12月22日 「国際政治ナナメ読み」~
        引用部分、以下同様


え~、そうなの?

                (つづく)




スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<星新一のショートショート | ホーム | もっと21世紀を!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |