素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

すみだスリートジャズフェステイバル 1日目

    



     昨年、高橋幸宏さんがキュレターの「ワールドハピネス」に行きました。
     今年はスケジュールが合わず、親友 I と「すみだストリートジャズフェスティバル」に
    出かけました。もう1週間前になるのわけで、さっさと記事にすればいいものを書きあ
    ぐねていた理由は後ほどわかるでしょう。

     メイン会場の錦糸公園を含め33会場以上ありますので全部は回れませんし、スケ
    ジュールがタイトだったので鈴木勲フィーチャリング渡辺香津美、本田
    珠也と大友良英スペシャルバンド+長見順の二つに絞ることにしました。


      錦糸公園入口
             会場の錦糸公園に急ぐ人々。なにせ無料だもんね。

      傘 グリーンステージ
          雨がぱらつくメイン会場       公園内グリーンステージでも        
       
      聴衆
          雨にもめげず熱気あふれる会場。雨もあがりました。

     すると親友 I が虹が出るとつぶやく。
     「ほら、あそこ」、「え、どこどこ?」 
      
      虹1 虹2
         よく見えない?                だいぶ見えてきました。

      虹3
                 久々にみる見事な虹です。



      スペシャルバンド1 スペシャル2
       この日のために結成されたDream Session for SUMIDA 2014。
       我々の位置からは見えなったのだが、ドラムがやたらうまい。
       それもそのはず村上“ ポンタ ”秀一さんだった。
    


     鈴木勲(b)さんは日本ジャズ界の大御所で、ジャズメセンジャーもメンバーだったこと
    だけでなく数々の海外大物ミュージシャンと共演しています。私は彼のリーダーアル
    バムは持っていないのだが、富樫雅彦さんとのデュオ「陽光」は私の愛聴盤の一枚で 
    す。
     渡辺香津美(g)については今さら言うまでもなく日本を代表するギタリストの一人で
    あります。「KYLYN BAND」とかYMOと一緒にやっていた頃から知ってはいますが、
    どうもその後、御無沙汰になってしまいましたが、常に進化しているんだとこの日思い
    知らされました。
     本田珠也(d)さんは、お父さんが本田竹広(P)、叔父さん渡辺貞夫(As)でジャズ
    界のサラブレッドです。ナニナニ、森山威男(d)とも共演している?
     ぼやぼやしていると見逃してしまいますな。
     政治ブログなどやめて趣味のブログにしようかしらん。
     そうしたい気持ちもやまやまですが、当分それはできそうにありません。   

      鈴木 渡辺  
                    チューニング中をパチリ。  
   
    渡辺さんはのっけからガンガン飛ばします。
    ベースを弾く鈴木さんの指は遠目にもわかるくらい男性にしては繊細なのだが、アタッ
    クという言葉がふさわしほど力強い。
     我々は中ほどの隅に陣取っていたのだが、親友 I は「もっと前で聞いてくる」とずん
    ずん前に歩み出す。

     1曲目が終わって2曲目の途中でハプニングが。
     スタッフが鈴木さんに駆けつける。どうやらベースの弦が切れてしまったようだ。
     スタッフ数人と鈴木さんが弦を張り替えている間も何事もなかったように演奏を続け
    る渡辺さんと本田さん。曲が終わると「弦が切れるのも想定の範囲内です。それでは
    本田君と1曲やりましょう。」と渡辺さん。
     私にはこの曲が一番素晴らしかった。
     グラスハープのような響きの導入部からぐいぐい引き込まれる。
     親友 I はマイルス・デイビスがロン・カーターを鍛えたという「フリーダム・ジャズ・ダ
    ンス」の鈴木さんが特によかったそうだ。

     6曲終わってアンコールの手拍子が続く。
     無料だからまさかやってくるとは思わなかったが、アンコール曲は「St.Thomas」で、
    渡辺さんを始め全員ノリノリだった。
     近年、私が行くライブはもろパンクかパンクの要素を必ず入れてくる。
     まとに吹かない、弾かないのです。
     そんなこともあってこの日のステージはここ数年で一番素晴らしかった。
     親友 I も満足しているようで二人して高揚感に包まれながら駅へ向かった。
     一日目から二日の展開になろうとは・・・・・・。
    
     二人とも夢にも思わなかったのです。

                            (つづく)   

     





スポンサーサイト

観光・レジャー | コメント:0 |
<<すみだストリートジャズフェステイバル 2日目(前編) | ホーム | 喫煙者の悪あがき!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |