素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

初笑い 2015

     



     パリテロ事件も特殊部隊の突入によってひとまず解決したことから当初予定していた
    この記事をアップしましょう。
     何かと辛抱することが多いと思われる今年、昨年末にもふれた通り「笑い」が重要と
    なります。そんなわけで久しぶりに寄席に行ってみようと、親友 I や仕事仲間 K を誘う
    が都合が合わず一人で出かけました。

    鈴本正面

     
     正月興行は立ち見も出たようですが、平日の当日は少し余裕のある客席でした。
     この前、落語に行ったのが、立川志の輔さんで、その前はやはり新春顔見世興行で
    した。主任(とり)は春風亭小朝さんで、檀の浦の源平合戦の噺で実に面白かった。
     料理に例えると、素材一つ一つに“ 仕事 ” がしてあり、それらが奏でるハーモニー
    が妙味でとにかく格の違いを見せつけられた。
     今回の興業の第2部、主任は林家正蔵ですが、彼は正蔵襲名の前、小朝さんに「古
    典を教えてください。」と襟を正して正座したくらいですから・・・・・、いわずもがなという
    もんでしょう。
     というわけで第3部を聞きに行きました。
     何と言ってもお目当ては主任ではありませんが昨今、話題の柳家喬太郎さんです。

    香盤表
   
     寄席ですから落語だけでなく漫才とか曲独楽、奇術、紙切りといった色ものもあるわ
    けでその中から幾つか気になったものをメモしておきましょう。

     【奇術】 ~ マギー 隆司 ~ 
      クローズアップマジックやメンタリスト・Daigoさんも活躍する昨今、奇術(手品)の
      テクニック、スキルで勝負しても正直きついだろう。
      マギー 一門のお家芸、おとぼけ手品。
      この人の場合は自虐も入っている(笑い)。

      【紙切り】 ~ 林家 正楽 ~
      この分野ももうライバルがいないのではないか?
      TVとかで正月、よく見る人だね。
      客席からのリクエストで「門松と羊」なんて複雑な絵柄をサクサクと切ってみせる
      様はやはり見事というしかない。

     知っている古典落語がたかがしれている私が、落語について云々するのはどうかとい
    う気もしますが、わたし流にいきましょう。

     〔柳家 喬太郎〕
      やはり彼目当てのお客さんは多いようで登場すると、「待ってました」という感じの
      拍手が湧きあがる。この日は創作落語でしたが、現代風俗を巧みに切り取り、シ
      ニカルかつ切れのある語り口が小気味いい。どこかかぶいたような毒と狂気を孕
      んでいるのが魅力か。今度は古典を聞きにいきますか。

     〔柳家 小三治〕
      師匠は前回の新春顔見世興行にも出ていた。
      一点に絞って反復する噺にしたのは「顔見世興行はこんなもんだぜ」という見切り
      方か、それとも弟子・柳家 三三に主任を譲って彼を目立たせるための親心か。
      
     〔柳亭 市馬〕
      老舗ホテルのレストランの料理のようだ。
      実に手堅いようだが、もっと自分を出してもいいのでは?
      さだまさしが立川談春をさして「ぐつぐついっているが、まだ煮えたぎっていない」と
      評していたが、彼も同じではないか。
      ぐつぐつ煮えたぎれば自然と湯気が出る、自分が出てくる。
         
     〔柳家 三三〕
      噺の枕が終わり、「そそっかしい奴がおりまして・・・」で始まった。
      「粗忽長屋」と思いきやさにあらず。「粗忽の釘」でした。
      三三さんの顔は爆笑問題の太田さんに似ている。顔が似ているとうことは骨格が同
      類系であるわけで声の調子も似ている。爆笑問題の太田さんのボケというより“ 外
      し芸 ”同様、三三さんも小気味よく外していく。
      そそっかしい奴は常に外していくものだ。
      この噺はこの人の当たり芸なのだろう。

    お後がよろしいのか悪いのか知りませんがこれでおしまいです。





    


スポンサーサイト

文化 | コメント:0 |
<<仰天!オランドがイルミナティーの関与を | ホーム | パリテロ事件の行方>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |