素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

大手飛車とり ベンさん 後編

     



     世界は大手飛車とりに近づいていると言っても、どうも腑に落ちない方おられるだろう。
     この日ベンさんはこう言った。
   
      「オランド・フランス大統領が今回のテロはイルミナティーの仕業だと
       国営放送で発言しました。もう、ここまで来ているからね。」


     あらま、質問しようと準備してきたのに言われてしまった。
     結局、私は質問したのだが、それはのちほど。

     すぐにというわけではないが、イスラエルは早ければ今年中になくなると明言した。
     イスラエルの「ユダヤ人」と言われる人達が、自分たちの故郷はハザール帝国だと気
    づいてしまったそうです。本当のユダヤ人とはパレスチナの人々のことです。
     このねじれた逆転現象については過去記事「複雑で厄介な民族」で述べた通りです。
     再びディアスポラすると、日本の北海道あたりにも彼らはやってきます。
     鳩山元首相が約束してしまいましたから。

     この「大転換」が成就すると、日本と北朝鮮と韓国は一体化すると言われました。
     右翼、保守をはじめ違和感を覚える人も多いだろうし私も承服しかねるが、そういう
    計画があることは前々から聞かされていた。
     その前に朝鮮半島の統一があるのだが、これに関して面白いことを聞いた。
     金 正恩暗殺を描いた映画「インタビュー」が北朝鮮の圧力(ハッキング)によって
    一時、自粛となった。あの映画は金王朝が朝鮮半島を統一するのはけしからんという
    勢力によるプロパガンダ映画だそうだ。
     もちろん、これに対する反対勢力も存在することは言うまでもない。



   ◎ 質問コーナー

     Q1  米ドルがすでに金本位制になっているというがもう少し詳しく教えて欲しい。

     A   米ドルといってもここでは海外で流通しているもののことを言っている。
         このドルが中国と英国王室とリンクした。
         すなわち、これらのドルはアメリカのものであるようでアメリカのものでない。
         本来、石油本位制であるはずの米ドルが石油価格が暴落しているにもかか   
         わらず上昇している。また、「米ドルと各国通貨」と「金(きん)と各国通貨」が
         連動するがごとく同じ動きをしている。これはもやは米ドル(国際通貨として
         米ドル)が金本位制になっていると考えるしかない。   
         アメリカは国際通貨としてのドルを国家と切り離して新たな自国通貨を発行
         すべきだ。それは地域通貨にすぎず、今のドルに対して半分くらいの価値し
         か持たなくなるだろう。物価が下がることで海外からの観光客の増加なども
         大いに見込まれ、結果的にアメリカの対外赤字の削減や実物経済の強化、
         雇用の創出などに直結する。


     Q2  ロシアに対する経済制裁は失敗ではないか?
         プーチンは反撃するのでは?

     A   ハッキングされてロシアはルーブルの口座を止められた。
         もともとロシアはアメリカとたいして貿易がなくヨーロッパとのつながりが大き
         い。ヨーロッパはロシアにエネルギーを頼っている。
         (ロシアはフランス、ドイツと軍事同盟を結ぼうとしている。だから経済制裁は
         失敗だろう。)また、中国にエネルギー供給計画もある。
                                         ~ ( )内加筆 ~
         
     Q2  エネルギーといえば、ロシアが日本にパイプラインを走らせることを安倍首相
         が断りましたよね。そうはいってもウラではつながっていると思うのですが。

     A   日本はロシアから(天然ガス)を買うつもり。
         カナダからも2割くらい日本が買うだろう。
         カナダからアメリカにもパイプラインがつながる。
    

     Q3 ~ 私の質問 ~

         オランドは「このテロがイルミナティーの仕業だ」とか言いますが、自分もイルミ
         ナティーではないのですか? 

     A   私のところへきたイルミナティーは2種類います。
         一つはレオ・ライオンザガミが所属したP2ロッジ。
         彼らはアトランティスからの技術、すなわち現代でいう魔術を使える。
         カエサルの子孫をトップした血族主義です。
         もう一つはアレクサンダー・ロマノフを名乗る人物の所属する組織。
         こちらはアトランティスを滅ぼした悪魔に変わってルシファーを戴くものです。
         ニュートンもスカウトされた。
         こちらは世襲制(血族主義)に反対です。
         フランス革命、アメリカ独立、ロシア革命を支えた。
         オランドはイルミナティーではありません。彼はフリーメイスン。
         フリーメイスンは基本的に王族を守る秘密結社。
         オランドの場合、トップはたぶんダヴィッド・ロスチャイルド。
         スコットランドはエリザベス女王のいとこではないか?

         
     世界の支配層を何でもかんでもイルミナティーにしているからわけがわからなくなる。
     今回の場合もオランドは何をさしてイルミナティーといっているか定かではない。
     “ 影の政府 ” くらいの感じではないか?ベンさん曰くのイルミナティーはどちらにして
    もアトランティスに深く関係している。
     この件をもっと知りたい人は、A・ロマノフ著、ベンさん翻訳の「イルミナティーだけが
    知っている」を私なりに解釈した過去記事「やはり日本人がやるしかない!?」をお読
    み下さい。

     各国首脳が腕くんで行進した映像がインチキなのもさることながら、あんなに短期間
    に全仏で300万人を超える人が自然発生的に集まるはずがない。フランスは社会民
    主主義的色彩が強い国で労働組合等の左翼勢力を動員かけても限度がある。
    オランド以下のフリーメイスンの動員がかけられたのだろう。
    オランドのトップがダヴィッド・ロス茶なら、彼は戦争屋だから何が何でも戦争したいの
   だろうという私の指摘は間違いではあるまい。

    やっぱり、「オランドはいい人」という視点だけでは何も見えてこないのです。

                                              (了)


   フルバジョーンに変えました。

    

  
    





スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<イスラム国日本人人質事件!本命は安倍政権!? 前編 | ホーム | 大手飛車とり ベンさん 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |