素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

イスラムテロリストとの闘いはこれから


     
     今や国会では鋭くえぐった安倍外交批判はタブーのようだ。
     「テロリストの対して一致団結する時に批判なんかするとはけしからん」ということ
    らしい。表面的な批判なら容認するらしいが。
     何でも共産党の女性議員が、Twitterか何かで、「イスラム国」人質事件に関して、
     「安倍政権批判」をしたところ、志位・共産党議長が、激怒し、ただちにその発言
    を撤回させたそうだ。
     「え、共産党までもが」という思いにとらわれるが、これでかねてよりウワサに
    なっていたことがはっきりした。
     志位もアメリカ(ネオコン)に飼われた存在とい・・・・・。
    
     番組と途中ですが、ここで臨時ニュースをお伝えします。
     イスラム国に拉致された後藤健二さんが殺害されインターネットに動画がアップされま
    した。      
     今日は朝4時過ぎに目が覚め5時のこのニュースはリアルタイムで聞いた。
     その後、また寝てしまったのだが。
     世界が認めた国家でもないのだから「イスラム国」という呼称はけしからんという国会
    議員のセンセイがいるが、ISIL(Islamic State in Iraq and the Levant)だって
    略語で「ISIL」とすれば、NPOかNGOみたいじゃないか。
     あんなのイスラム暴力団でいいのだ。いや、暴力団では日本の暴力団に申しわけ
    ない。イスラムテロリストで十分じゃん。
     以後、当ブログではあいつらを「イスラムテロリスト」と呼ぶことにします。

     さて、やつらはまた、挑戦的な声明文を発表した。

      日本政府へ。お前たちは邪悪な有志国連合の愚かな参加国と同様、
      我々がアラーのご加護によって権威と力を備えたイスラム教カリフ
      国家であり、お前たちの血に飢えた軍であることを理解していない。

      アベ(安倍晋三首相)。勝てもしない戦いに参加するというお前の無謀
      な決断のせいで、このナイフがケンジ(後藤健二さん)を虐殺するだけ
      ではなく、お前の国民を見つければどこにいようと大虐殺を引き起こし
      ていく。日本にとっての悪夢を始める。


    
     この声明文について少し吟味してみよう。
     「日本政府へ」、「有志連合の参加国と同様」、「勝てもしない戦いに参加」といった
   フレーズをつなぎ合わせると、彼らは日本が有志連合に参加したと解釈したことになる。 
     安倍地雷中東外交がイスラムテロリストに宣戦布告したのと同じで、かれらからすれ
   ば日本が有志連合側についたと解釈されても仕方ないといわれる。
     この点、TV出演で物議を醸す発言した古賀茂明氏も明言している。

      安倍首相は対イスラム国の有志連合の有力メンバーになりたかったのだと
      思います。世界の列強と肩を並べて、認められたい。
      それが安倍首相の願望であるのは間違いないと思います。

                            ~ 日刊ゲンダイ 1月30日 ~

   
     営業では「つもりの自分」より「映る自分」とか言われる。
     外交はなおさらだろう、言い訳は国内的にしか通用しない。
     もちろん、明言はできないだろうが、首相は「日米英で有志連合の仲間入りするつもり
    だよ、それが何か?」と思っているだろう。    
     でもね、声明文は「ABE」と名指しで言っている。それもロンドンなまりの英語で。
     これが意味するところをもう少し掘り下げてみたい。
     私はイスラムテロリストの本命は安倍政権だと述べた。
     正確には彼らはどうあれ、イスラムテロリストの背後にいる人々の意思だということを
    安倍首相がいない、「エコノミスト」の表紙を例示して説明した。
     「エコノミスト」はロス茶の影響が強い経済紙です。この場合、ロス茶はジェイコブ・ロス
    茶のことです。ジェイコブ・ロス茶とは「57ヶ国会議」の主催者のような存在だろう。
     安倍首相がいう「世界」とこの「57ヶ国会議」から広がった100ヶ国以上の国々は重な
    るところもあるが基本的に相入れないものです。これらの国々からなる「世界」にとって
    「2015年 ABEはいらない」ということなんでしょう。
    そうはいっても国内的には安倍自民は選挙で大勝したことになっているし、権力の監視
   をしなければいけないはずの大手メディアは政権と一蓮托生のちょうちん持ちのマスゴミ
   であるからして安倍政権は邦人の人質が殺害されようと何だろうと安泰なわけです。 
    かといってまさか内政干渉するわけにもいかいない。そうしたら外交でつまずかせる、梯
   子外すしかないでしょう、「ABEはいらない」という国々に人々にとって。
    だから中東外交、邦人人質事件でワナにはめるのです。
    誰が聞いてもすぐわかる強いロンドン訛りの英語でしゃべっているのは、これはロンドン
   の、シティーの意思だぞ、わからせるためだと言ったら例によって穿ちすぎか。 

    日米英の有志連合といっても英国はそんな調子だし、米国だってオバマはイスラム教徒
   と戦争したくないし、ペンタゴンも「57ヶ国会議」のメンバーですから怪しいものです。
    朝のTVでは「イスラムテロリストの本当に狙いがわからない、ヨルダンの分断、有志連
   合の分断かもしれない」とかコメントしていたが、そういう風に勝手に状況分析して風を吹
   かしてくれることも彼らの計算のうちでしょう。合成が稚拙と言われてもトップはモサドなの
   ですからそれくらいの「情報戦」は心得ています。
    そうこうしているうち、本当に有志連合分断の情報工作が行われるでしょう。

    「お前の国民を見つければどこにいようと大虐殺を引き起こしていく。」-― ずいぶんと
   物騒なことです。でも、日本のバカッターが御存じようにやらかしてくれて徳島がテロの標
   的になんて言われています。他にもいるのでしょう。中東在留邦人、国内テロにも発展し
   かねないなんて述べましたが、つい先日まで「大げさな」と思われていたこともリアリティー
   がぐっと上がってしまいました。
    何事もないことを祈るしかないのでしょうか?
    古賀氏は言います。米国の正義=日本の正義でないことを示すためにも我々、国民は
   「I am not abe」と言わないといけないと。

    影響力ある人がこう発言するとはなかなか勇気のいることです。







スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<頭の体操(私は食わねど長楊枝) 前編 | ホーム | イスラム国日本人人質事件!早くも情報戦か!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |