素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

それでも道州制は関西州から

     



     大阪都構想は敗北した。
     政界を引退すると表明した橋下 徹氏は妙にサバサバした表情だった。
     TVタレントに戻ってもいいし、弁護士やってもいいし、「2万%ない」ことになっている政
    界復帰も「アンコール」が連呼されればありだ。どう転んでもいいといったところか。

     住民投票によって否決された大阪都構想は官邸にも少なからざるインパクトを与えた
    だろう。「二重行政の解消は必要だ」と菅官房長官も悔しさを隠さない。
     もちろん、憲法改正をにらんだ国政への影響は無視できない。
     この時期、橋下氏が政界を去り、維新の党が勢いを失うことも天の配剤かもしれないと
    いう一面を持っている。

     住民投票は公職選挙法と関係ないことから、カネ、ヒト、モノ、何でも投入できること
    から私はてっきり橋下・大阪都構想が結局、勝利すると思っていた。

       賛成:694,844

       反対:705,585


     僅差で反対派が勝利したのだが、20~40代を中心とした大阪都構想、いや大阪変革
    への期待も無視できない。その点、大阪の自民、公明、民主の各党政治家は十分に承
    知している。この賛成・反対絶妙な僅差も天の配剤というべきだろう。
     大阪のみならず関西の首長にも関西変革の機運は広がっている。
     堺市長、和歌山県知事だったと記憶しているが、「関西を変革するきっかけ、土台がで
    きあがった」というような主旨のことをコメントしていた。
     道州制とお上(国≒憲法)で決められるより地域のことは地域で決めることが、民主
    主義の根本だろう。橋下氏は刀折れ矢尽きたが、大阪、関西から誰か出てきた後を引き
    継げばいい。そうはいうものの橋下氏ほど「神輿」がいないような気もする。
     この際、山本太郎氏あたりがやったらどうかと勝手に思っている。
     彼は住民サービス、福祉に傾きすぎるような気もするが、橋下氏より人の意見を聞き、
    まとめていけるような気がする。
     橋下氏が火をつけ、関西の首長の間で「何とかせなあかん」という機運が醸成されて
    いるのだからあとは「神輿」ができればいいのだ。
 
     関西州を視野に入れると、大阪で阪大閥と京大閥が争っているのだから、大阪と京都
    で州都争いが起こるだろう。州都争いで主導権を握るための大阪都構想だったのでは
    ないだろうか?地理的には和歌山、奈良、兵庫は大阪とつながるし、これらの首長がそ
    の気になったら大阪が州都争いの主導権を握り得るのではないか?
     州都は大阪に譲っても京都は「それがどないしたん」と唯我独尊の道を歩めばいい
    のだ。
    
     道州制(地域主権)の起源は諸説あろうが、やはり江口克彦氏(「地域主権論」)あた
    りが嚆矢ではないだろうか?約20年前、これを読んだ時、私は地域主権論に賛成であ
    りました。(今や違うことは再三、述べてきました。)
     この本では関西独立のすすめとかいって関西州についていの一番に述べられており
    ますが、やはり道州制は関西州から始めるのがいいかと思っております。
     道州制反対論者の私がこんなこと言うと支離滅裂のように思われるでしょう。
     いや、反対論者だからこそ関西州からやって欲しいのです。関西の人には申し訳ない
    がおそらく失敗するだろうと思っているからこそ関西州から初めて欲しいのです。
     名古屋を中心とした中部州だと成功してしまう気がする。(関空は期待ほどではなかっ
    たが中部国際空港はうまくいっているように仄聞する。昇龍道=ドラゴンルートなどの
    新たな観光ルートもできたし。) 
     学閥で大阪だ京都だとやっているくらいだから州都を巡ってはどうしたって大阪と京都
    は覇を争うことになるだろう。これまた何度も述べるが、州都など作らず「 藩 」でいいで
    はないか、私はそう思っている。地域活性化、地域自立、これに反対する人がいるだろ
    うか?私も賛成だ。州都などつくるからダメなのです。

    「 州 」ではなくて「 藩 」 でこれを実現したらいいと思っています。


  〔関連記事〕

    反「地域主権論者」の主張・序章(前編)

    反「地域主権論者」の主張・序章(中編) 

    反「地域主権論者」の主張・序章(後編)






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<来ましたね地震 | ホーム | 「 やってみなはれ! 」 というわけにはいかない・・・大阪都構想!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |