素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

来ましたね地震

     



     久々に携帯の地震速報が成りました。
     結構大きな地震でした。(最大震度5弱、茨城県南部、M5.6)

     5月13日付けの記事では、「南太平洋の地震と日本の地震は相関関係ありますね。
    以前調べたら、南太平洋の地震の17日後、26日後に日本で地震という2パターンが
    ありました。」なんて書きました。

     南太平洋の群発地震から数えると17日後、今日、25日となりますが、私、うっかり
    してまして、5月8日からの群発地震はどうやらもっと大きな地震の余震だったようです。

    遠地地震に関する情報 情報発表日時 (JST) 発生日時 (JST) 震央地名 マグニチュード
    平成27年05月12日16時31分 12日16時05分頃 中国西部       M7.4
    平成27年05月07日16時40分  7日16時10分頃 ニューギニア付近  M7.2
    平成27年05月05日11時51分  5日10時44分頃 ニューギニア付近  M7.5
    平成27年05月05日11時14分  5日10時44分頃 ニューギニア付近  M7.5
    平成27年05月01日17時36分  1日17時06分頃 ニューギニア付近  M7.1
    平成27年04月25日16時46分 25日15時11分頃 インド付近      M7.9
    平成27年04月25日15時47分 25日15時11分頃 インド付近      M7.5
     
                                      ~ 気象庁 ~


    5月1日、5日、7日のニューギニア付近のM7クラスの地震の余震が5月8日あたりか
   らつづく群発地震だったのでしょう。
    そうすると、26日後パターンということになり5月27日~6月2日あたりが怪しいというこ
   とになります。  

    「今日の余震が1週間くらい続くでしょう」なんて報道されていますが、M5クラスの余震
   ならたいしたことありませんが、南太平洋のM7クラスの地震が日本に波及するとヤバイ
   です。
    それに日本そのものの地震活動も油断できません。

     柿岡圏内にM3.5~M4.5の地震発生合図が沢山出ました。
     関東甲信越地方中心として、近畿地方~東北地方では、一週間程地震発生に
     要注意です。
     特に、箱根山の火山活動と相まって、関東甲信越地方の直下型地震
    や火山噴火
の可能性もあります。
     但し、雷災が大きく影響しています。
                             2015(05/25 10:54発信)

                               ~ アキラの地震予報 ~

    
    くわばらくわばら。

    無事を祈りましょう。





スポンサーサイト

地震 | コメント:0 |
<<ピケティも書かなかった資本主義の正体、かな? VOL.1 | ホーム | それでも道州制は関西州から>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |