素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

まだまだ出てくるか?2020東京オリンピック




    新国立競技場、エンブレムと不祥事続きの「2020 東京オリンピック」。
    「いっそのこと大会そのものをやめてしまえ!」と暴論吐く人もいるが、どうもまたぞろ出
   てきそうな気配です。

     神奈川・逗子に五輪VIP向け超高層ホテル!
      石原良純「観光大使の僕も聞いてない」
 

      目の前に相模湾が広がる見晴らしのいい神奈川・逗子市の海岸に、突如、
      地上130メートルの超高層ホテルの建設計画が持ち上がり、住民が猛反
      発している。建設場所は市条例で20メートルまでと高さ制限がされている
      が、東京五輪開催を大義名分に強行されようとしている。

             (中略)

       反対住民の代表者によると、「開発業者が説明に来たが、寝耳に水でびっ
      くりでした。VIPホテルで宿泊人数まで説明された」という。「逗子・鎌倉・葉山
      湘南の環境を守る会」が結成され、すでに1万8000人以上の反対署名が集
      まっているという。

             (中略)

      なぜ高級ホテルが必要なのか。開発業者の説明では、前回(1964年)の東京
      五輪で江の島がセーリング競技会場に使われた時に、現ノルウェー国王・
      ハーラル5世がレースに出場し、この時は葉山の宿泊施設が使われた。
      20年の東京五輪でも国賓クラスの出場予定があり高級ホテルが必要なのだ
      という。かりに国賓クラスがレースに参加といっても、アスリートとして出場する
      のであって国賓として出場するわけではなかろう。

      住民が逗子市に問い合わせてみても、市は「具体的な要請がないので分から
      ない」の一点張りだ。改めて計画を取りまとめた開発業者に確認をすると、「構想
      段階で計画は決まっていませんというのです。ただ、どうしても高級ホテルを建て
      たいと言っています。東京五輪に名を借りた計画だと思います」と住民は怒る。

      コメンテーターの石原良純(タレント)「(逗子)市の観光親善大使の僕の耳にもこの
      話は入っていません。まだ計画はないのでは・・・」

                    ~ JCAST テレビウォッチ「モーニングバード」


    
    これは単なるウワサ話なのか、それともテレ朝のスクープなのか、今のところ判然としま
   せん。「国賓クラスが五輪に出場するから」というのは方便で、五輪にかこつけてリゾート
   開発したい業者がいるのでしょう。
    東京都の再開発のように総合設計できるなら容積率の大幅緩和もあり得るでしょうが、
   逗子市の高さ制限20mのところに130mとはあまりに制限オーバーです。
    こんな大胆不敵なことができるのは相当強力な政治家の後盾があるからに違いありま
   せん。どうも匂うのですね~。
    五輪エンブレムが発表されたのが7月24日、盗作疑惑が出てきたのが31日。
    
    この問題も1週間後、大問題になっていたりして?
    
    さて、どうなるでしょうか?









スポンサーサイト

文化 | コメント:0 |
<<「 一帯一路 」 の時代、日本は? 前編 | ホーム | 五輪エンブレム取りやめ。でもって750億円はどうすんの?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |