素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

かくして奴らの目論見は挫折した!おそるべし日本の 「 5頭のクジラ 」 !

   



    本日、日経平均は334.27円高、17,722.42円でひけた。
    続騰して一安心ということろだろうか。
    9月29日、16,930.84円でひとまず底を打ったが、8月20日から1ヶ月あまりで最大
   3,192.68円下げた。9月8日の一番底、17,427.08円が抜けてしまったことから、
   まだまだ先行き不透明だが、ここでの下落要因は要するに景気循環論、私が予想した本
   格的暴落はまだまだこれからというべきだろう。
    つまり、9月は株価に関しては大騒ぎした程のことは起こらなかったのだ。
    そうはいうものの、9月第2週は常識では考えられない事態が起きていたのだ。
    9月第2週、外資金融機関は1週間に1兆円以上売り越していた。
    これは1987年のブラックマンデーの時に匹敵する過去最大級のものだ。
    それにもかかわらす9月8日で底を打ち株価は大幅に反転していく。

  
日経平均

     
     中国経済に先行き懸念の払拭等々、あったかもしれないが、1兆円売り越しの強力な
    下げ圧力を跳ね返すほどの材料はなかったと記憶している。
     これは一体どうしたことだ!?
     やはり日本の「5頭のクジラ」が動いたと見るべきではないか。
     1兆円売り越されたら1兆円買い増せばいい。
     そんなことは可能なのだろうか?これを見ると十分可能でしょう。

報道ステーション 5つのクジラ
 これは3月12日放送の「報道ステーション」、官邸に睨まれ以後、「クジラ」について
 報道されなくなった。

クジラの余力

     
     これは3月時点のことであり、その後、5~7兆円、いや10兆円か?使ってしまったか
    もしれないが、それでもまだ余裕がある。
     それに1兆円使わなくてもいいのかもしれない。7~8000億円買い支えれば市場が
    「クジラが動きだしたぞ!」と囁きあって国内機関投資家が買い進めるのだろうから。


     外資機関投資家は9月第2週に1兆円、 第3週に7857億円売り越し都合6週連続
    売り越した、いや売り浴びせたというのが実態ではないか。彼らは9月第2~3週に総
    力あげて売り浴びせたのではないだろうか?私は「9月第2~3週に暴落する」と予想
    したが、彼らの投資行動そのものについては当たっていたのではないかと思うのです。
     ただ、日本の「5頭のクジラ」についてノーマークだった。それ故、第2~3週に大暴落
    することがなかったのだろう。
     官製相場でなければ第2~3週で大暴落だったのだと思う。
     何せ「ブラックマンデー」並みに売り浴びせてきたのだから。
     彼の目論見どおりならローマ法王の演説も色合いが変わってきたのではないか?
     金融危機に関して各国がより協調・連帯する必要性を説いて「世界政府」の前段階
    がより鮮明になっていたと考える。
     彼らとしてはそうするはずだったのだ。
     彼らの目論見はとりあえず日本の「5頭のクジラ」によって挫折させられた。
     おそるべし日本の「5頭のクジラ」!!!

     「5頭のクジラ」とか言っているが、昔風に言うとこれは「連合艦隊」みたいなもので
    「日本には戦艦大和、武蔵があるから大丈夫」ということにつながるだろう。
     不沈艦大和も武蔵も、結局、沈められたのだ。
     7月には「私は日本株を買い増している」と強気だった、投資家・ジム・ロジャーズも
    日本株、すべて売り払ったと述べている。

     投資の神様ジム・ロジャーズ「金融危機の爆発は近い」
     「私は日本株をすべて投げ売った」

     このまま第二のリーマンショックに突入か?

     「私が思うに、世界の金融危機がそろそろ爆発しそうだ。早ければ今年の秋にも
      爆発する可能性がある」

     「私はもう米国にはなにも投資はしていない。すでに米国の株価は史上最高値を
      通り越してしまったのだから」

     「私は日本株も投げ売った。金融危機の爆発が間近に迫っているということだ。
      みなさんも気をつけたほうがいい」

                               ~ 現代ビジネス ~ 
     


     いくら「クジラ」でもこれ以上買い進めてももう支えられない、年金等、多少、目減りは
    覚悟していてもこれ以上はマズイと判断したらもう買い支えないと思う。
    
    11月4日、日本郵政上場後、その時は早晩やってくると思えるのです。






    
スポンサーサイト

経済 | コメント:0 |
<<「 TPP 大筋合意 」 とは情報戦!? | ホーム | 空振りの9月?いや、ローマ法王が・・・。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |