素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

国内反 TPP 派議員は翁長沖縄知事を見習うべし!

   



    「TPP 大筋合意」といっても米国議会は共和党、民主党共に慎重派、反対派が根強く
   簡単には批准できないと述べた。さっそくヒラリー・クリントンの「TPP不支持表明」が報道
   された。

    TPP「賛成できず」=米大統領選にらみ姿勢転換か―クリントン氏

     2016年米大統領選の民主党最有力候補と目されるヒラリー・クリントン前国務
     長官(67)は7日、米公共テレビ(PBS)のインタビューで、日米など12カ国が大筋
     合意に達した環太平洋連携協定(TPP)について「きょうの時点では賛成ではない」
     と述べ、反対に傾いていることを明らかにした。
 
     クリントン氏は09~13年の在任中、オバマ政権の閣僚としてTPPを推進した。
     しかし、党支持組織である労働組合などが強硬に反対。TPP阻止を掲げるバーニー
     サンダース上院議員(74)に党指名争いで追い上げられていることなどを踏まえ、
     姿勢を転換したとみられる。 

                             ~ YAHOO ニュース ~


    大統領選があるから宗旨替えしたというわけだろうが、理由はどうあれヒラリーが支持し
   ないと表明したことは大きい。
    まだわからないから断定はできないが、TPPに関しておそらくヘタレぶりを披露してくれ
   るだろう日本の野党とアメリカは大違いだ。
    そもそも民主党内の新自由主義信仰者は自民党と大差ないのだからTPP推進派では
   ないのか?そんな一人、前原 “ 笑わん殿下 ” 誠司は日頃、 “ 笑わん殿下 ” のくせし
   てヒラリー・クリントンから大好きは鉄道模型プレゼントしてもらってホクホクして喜んでい
   ました。どうしますか前原さん、親分?ヒラリーはTPP支持しないってよ!    

     その昔、2013年、安倍政権がTPP参加表明した頃、事情通 H 氏と「日本はこういう
   アメリカのグループと連携すればいいのだよ」と語りあった。どんなグループかといえば、
   例えばバーニー・サンダース上院議員とかこんな動画のグループだ。 
   

   

    そんなことしないか。与党も野党もジャパン・ハンドラーズの言うこと聞いていれば、言う
   こと聞かないと出世できないと思っているのだから。米国側からみれば日本操り両建て作
   戦ということになろう。安全保障や基地問題にも少しづつ現れているようにジャンパン・ハ
   ンドラーズの意思=アメリカの意思とは限らないのだ。ただこれら非ジャパン・ハンドラー
   ズはメジャーな勢力ではないことから彼らと付き合っても日本の政治家は出世が望めな
   い。だからそんなバカなことはしない。

    でもね、政治家は計算づくで小利口なだけではダメだと思うのだ。
    時には「バカか!」というそしりを甘んじて受けるくらいの覚悟がないといけない。
    それはどんな時かといえば、本当に一大事の時だ。
    翁長沖縄知事は辺野古移転反対の沖縄県民の意思を伝えるため訪米した。
    結果、ほとんど何の成果も得られなかった。
    それでも、7日の県議会定例会議で辺野古移設に反対の意向を米政府に直接伝えるた
   め再訪米を検討すると表明した。
    この翁長知事の言動を冷ややかな目でみることは簡単だ。
    でも、翁長知事、沖縄にとっては「一大事」だと判断したから再度訪米するのだろう。

    
    TPPは日本にとって一大事です。
    そんな時に動かなくて政治家か?
    反TPPの海外団体と連携すべく行動しているのは「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」共同
   代表の山田正彦元農相くらいだ。

  
    土壇場になって追い風が吹きはじめたのだから、日本の反TPP派の政治家も翁長知事
   や山田元農水相を見習ったらどうだ。








  
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<「 チュニジア国民対話カルテット 」にノーベル平和賞授与報道に異議あり。 | ホーム | 「 TPP 大筋合意 」 とは情報戦!?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |