素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

FRB国有化!?(安倍政権打倒の狼煙はいつあがる?)

   




    この秋に大転換があると言われたが、10月も20日をむかえようとしているのに特に大
   きな動きはない。9月に株式市場大暴落、米国で暴動・内戦、要人大量逮捕、大地震と
   もささやかれたが、結局、大きな変化といえば予定されていた安保法制が可決されただ
   けだ。
    何も起こらないではないかと思っていたら・・・・・。
    もう御存じの方の多いでしょうが、ベンさんによるとFRBが国有化されたそうです。

     ◆ 米連銀の国有化、中近東石油利権の所在が変わった    

      世界の頂点では、相変わらず権力構図の激しい変化が続いている。

      ペンタゴン筋やイタリアのP2フリーメーソン筋などによると、最後の抵抗勢力
      であるコーエン一族、及びこの一族が率いるハザールマフィアのニューヨーク勢
      などについては、もはや降参する以外に生存し続ける方法は無いという。
      ここで言うニューヨーク勢というのは、ウォール街の大手金融機関とアメリカ
      企業マスコミの9割を支配している連中のことである。

      彼らが追い詰められている理由の1つは、アメリカ軍部による米連銀(FRB)
      の国有化だ。その証拠に、連邦準備制度理事会のホームページのURLが、既に
      「federalreserve.org」から「federalreserve.gov」へと変わっている。
      ちなみに、「.org」はorganization(組織)の先頭3文字で、民間である非営利
      組織や個人、営利団体などの間で広く使用されていて、「.gov」はgovernment
      (政府)の先頭3文字で、アメリカ政府固有のトップレベルドメインとして使用され
      ている。

             ~ ベンジャミン・フルフォード有料ブログ ヘッドライン ~


    これが事実なら「100年に1度の大転換」の第一段階は成就したことになります。
    かねてよりじわじわいつの間にか変わると聞かされていたが、ホント知らない間にあっさ
   りと変わってしまった。かつてドルを政府発行紙幣にしようとしただけでケネディー大統領
   さえ暗殺されたことを考えると実に感慨深い。
    でも、どうも実感がわかないという人は動画もどうぞ。(7分あたりです。)




    ベンさんは例によって安倍首相らも大量逮捕されるといっているが、実際、各国政府要
   人が逮捕されるようにならないと「100年に1度の大転換」の第2段階にならない。
    安倍改造内閣発足以来、黒い交際疑惑の閣僚、厚労省のノキャリの収賄容疑での逮捕
   と安倍政権を揺さぶるような事態が続出しているのだが、肝心要の臨時国会が開かれな
   いのだからどうしようもない。

    安倍内閣打倒の狼煙(のろし)はいつあがるのだろうか?
    







 
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<稲毛浅間神社 神門竣工 | ホーム | 研究 「 政治家の変節 」 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |