素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

来年の話をすると鬼が笑う?いや、来年は鬼が泣く年です。

    



    年の瀬、公私共にやり残したことがある、今年のうちに仕上げないといけない、忙しい、
   これは私も世間と同じです。
    でも、どうも今年中にケリがつきそうにない気配で、そんなら忘年会でもやって浮かれて
   いた方がいいのではないか。
    そんな気分の昨今です。

    「来年のことを言うと鬼が笑う」と昔からいいます。
    さはさりながら、どうも来年3月くらいから世界、いや日本は動きだす予感がします。
    今年のようにしょっぱなからテロがあったり、株価大暴落があれば別ですが、株価は3月
   くらいまで持つのではないか、なんて楽観論。
    もっと別のことで日本で日本が動き始めるのです。
    もちろん、来年は参議院選があり、これが大ターニングポイントであることは言うまでもな
   いことですが。その前に動き始めるのでは・・・・・。

    先日、「鳩山由紀夫&SEALDs」の講演がありました。
    記事にしようかと思いましたが、止まってしまいました。
    もう一人のゲスト、元スイス駐在大使の村田光平氏の講話が印象的でした。
    村田氏は穏やかな人で静かな口調で淡々と語るのですが、時折、割目させられるような
   言説をさらりと言ってのけます。

     マスコミは福島に行っても肝心ことは発表していない。
     来年の「3.11」5周年で発表されることになるだろう。


    具体的にはどんなことだろう。

     ○ 3号機地下にメルトダウンからメルトスルーしているかもしれない。
       水蒸気爆発の可能性がある。
        (これはアメリカも懸念しているそうだ)

     ○ 水蒸気が出続けている。
       これは地下で再臨界が起こっているのでは?

     ○ 「3.11」5周年で1000万人単位の放射能による異常が公表される
       かもしれない。
   

    私は放射能コワイ、コワイ派ではないので福島については少しもフローしていないことか
   ら真偽の程は判定できない。
    地下再臨界は「週刊プレイボーイ」にも掲載されているそうで調べてみた。
    同時に再臨界否定派も根強いようでよくわかりません。
    ただ、1000万人レベルの放射能による異常についてはあり得そうだ。
    仮にも元大使は発言するからには然るべき裏をとっているだろう。
    それに村田氏は開口一番、こう言い放った。

     真っ赤なウソがメディアで罷り通っている。

     
    私は「マスゴミ交代」を主張していることから村田氏のこの発言に我が意を得たと頷きつ
   つ彼の穏やかな口調にもかかわらず決然とした言説に軽くのけ反った。
    現在はもちろん、過去であっても責任ある地位にあった人は、承知していてもこのような
   発言はなかなか出来るものではない。
     仮に村田氏の言うとおりなら、「3.11」5周年に福島放射能被害の現状が次々に明る
   みに出るとするなら・・・・・・、どうなるだろうか?
    いくら鈍い人でも今まで何にも感じなかった人もさすがに「インチキ、マスゴミ」と思うよ
   うになるでしょう。
     何をいっているんだと思われるかもしれませんが、その時、「マスゴミ交代」の狼煙が
    あがると思っています。
     それしか世の中、変わらない。
     経済、外交(TPP)、安全保障、いくらでも村田氏曰くの「真っ赤なウソ」が罷り通って
    いますが、一般人にはあまりピンとこないでしょう。
     でも、放射能のこと、健康のことはさすがにそうはいかないだろう。
     既に日本に巣食う鬼たちの存在に気づいてる人たちも少なくないはずだ。
     そんなわけで来年は鬼が笑うのではなく鬼が泣く年、「鬼哭の年」となるような気がし
    ます。


     そうそう、当日の鳩山元首相の発言がちょっと話題になっているようですね。

     
     エセ右翼に取り囲まれたことも述べていました。
     つまり、時系列が逆でこの発言のためエセ右翼に囲まれたわけではありません。







スポンサーサイト

原発事故 | コメント:0 |
<<キューブリックにやられた!? | ホーム | 消える魔球のTPPと裏TPP>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |