素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

熊本大地震 南海トラフはいつ動く!?

    



    どうもポヤポヤしているうちに熊本地震の記事は書きそびれてしまいました。
    被災された方々や亡くなられて人々にお見舞いとお悔やみを申し上げます。

    既にいろいろ論点は出ているのでもういいのかと思いましたが、いくつか気になる点をメ
   モしましょう。家族や親族、友人・知人が熊本におられる方は彼らの安否と動静が気がか
   りでしょうが、その他の人にとって一番の懸念はこの地震が南海トラフの震源域を刺激し
   南海・東南海、しいては東海大地震を誘発するのではないかということでしょう。
    布田川断層を震源域としたことから中央構造線を東に移動するのではないか?
    そう疑問を呈してしている間に香川・伊方原発付近から徳島、奈良まで群発する地震は
   次第に東へと微動ではあるが波及していった。 



    中央構造線

    南海トラフ


    さすがに南海トラフと無関係とはいえないようで、TVでも専門家は熊本地震の影響を否
   定はしなかったが、「いつ(南海大地震等が)起こるか」は明言を避けている。
    TVでは言えなくてもネット、紙媒体では言葉を選びながらも意外とはっきり指摘する専
   門家がいる。

     立命館大学環太平洋文明研究センター・歴史都市防災研究所の高橋学
     教授はこういう。  

     「今回の地震は南海トラフ地震を否定するものではなく、その“ 前ぶれ地震 ”
      といっていい。このままフィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込む
      動きが続けば最大で5年以内、早ければ2年以内に南海トラフ地震が起きる
      可能性がある。」
                                 ~ 日刊ゲンダイ ~



    「3.11」は、その前の宮城内陸地震(M7.3)から約3年後に起こっているからおお
   よそそんな間隔なのだろう。「3.11」は人工地震じゃないかって?そう思いますが、「火
   のないところに煙は立たない」であって、元々あの規模じゃなくても岩手沖で地震が起きる
   ほどエネルギーがたまっているところへ人工地震が仕掛けられたと思っています。
    「3.11」の時も連発したうえにかつてない広域の震源域でした。
    今回も震源域がどんどん移動する、専門家曰くの「かつてない地震」です。
    しかも震源がどれも10kmで浅いことから怪しいですが、今のところ決定的証拠が上がっ
   ていないことから自然地震ということにしておきましょう。

    2~5年で南海トラフ巨大地震が起きる。
    熊本地震の余震が起きていた14日、熊本から海側に出た日向灘で M2~3の海底地
   震が起こっていたことを捉えてもっと差し迫っているという指摘もありますね。
    
      日向灘は、その海底で地震が起こると南海トラフの巨大地震が発生する可能性
      が一気に短くなることが最新の研究で示唆されて、学界で注目が集まっている
      エリアである。
      さらに熊本地震の翌15日午前0時25分には東海地震の震源と推定される駿河
      湾の深部280kmでM4.8の不気味な地震も発生。
      もはや巨大地震までの時間的猶予は、半年もない可能性すらある。

                                 ~ 週刊現代 4/30 ~


    南海トラフの巨大地震発生可能性が2~5年から日向灘の海底地震で「一気に短くな
   り」半年以内となってしまうかもしれない。 
    穏やかではないですね~。それにしても日向灘という中央構造線とは別で熊本とは反対
   の震源域がポイントだったですね。

    ネットでは超能力者の予言として「高知が危ない」とか言われているそうです。
    私は本年1月に6月23~24日あたりに巨大地震と聞かされておりました。
    「ふ~ん」というもんで来ないでしょ、タカをくくっていましたが、「半年以内」と妙に符合し
   てしまいます。
    それにエクアドルばかりか環太平洋、アジアで地震が頻発しています。

     1月4日  インドのマニプールでM6.7の地震

     1月20日 中国でM6.1の地震

     2月22日 ネパールでM5.5の地震

     4月10日 アフガニスタンのカブールでM6.6の地震

     4月13日 ミャンマーでM6.9の地震

     4月14日 バヌアツでもM6.5の地震

     同日、フィリピンのミンダナオでもM5.9の地震

   「バヌアツの法則」とか言われてますが、似たようなことはだいぶ前、私も記事にしました。

    「何で今頃、訓練なの?」「5月は地震!?」「来ましたね地震」   

   「バヌアツの法則」どころか、今回は「環太平洋の法則」ではないかな。
   アメリカ西海岸、日本の東側が最後にくるとか。
   日本や世界や宇宙の動向 「HARRP再稼働後、アメリカ全土が真っ赤に!」  
    (以前はあったアメリカが真っ赤な画像が消されちゃっているところが不気味)

    さて、どうなりますやら。

    備えがあれば憂いなし。











スポンサーサイト

地震 | コメント:0 |
<<0.000・・・1%、限りなくゼロに近い確率だった熊本地震と反「人工地震」論者 前編 | ホーム | シェイクスピアはペンネーム!? 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |