素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

イギリス紀行 展示編

    



    しばらくお休みしていましたが、私はイギリス旅行していました。
    もう、帰国してから何日も経ってしまいました。
    海外でも記事書こうとWIFI接続したら妙にセキュリティーが厳しくなりアクセス不能となっ
   てしまいました。
    帰国後もたまった仕事を片づけたり写真送ったり、お土産配ったりとあれやこれやで忙し
   く、そもまま放置したままだったのです。復旧しましたのでブログ再開します。

    あれこれ書きたいこと、書かなきゃならないことありますが、まずはイギリス紀行から始
   めましょう。親友 I がイギリス、バーミンガムで展示会やるというのでこれに便乗して久
   しぶり海外旅行した次第です。
    海外旅行は26年ぶりでイギリスに行くのは30年ぶりです。
    まあ~、出たとこ勝負の私ですからいかなる珍道中になりますやら。
    
    今回は親友 I のバーミンガムの展示会からいきましょう。
   
   
    ダンス1 ダンス 幕

 
    バーミンガムの街中でご覧のようにダンスフェスティバルが開催されていて、親友 I が元
   ダンサーだったこと、及び彼の作品の多くが動くことから今回の展示の運びとなったようで
   す。

    会場前 
          親友 I 展示場前  もともとは銀行だったようです。

    
 
    展示場全体


    展示場全体2


    展示場全体2
     
    今回の作品は、ご覧ように太陽の回りを公転する惑星の軌道のように同心円上のリン
   グが回転しています。これが一つのセルとなり、いくつも空中を浮遊するが如く動く様は太
   陽系を含む銀河系宇宙のようです。写真で表現し切れているかどうかわかりませんが、
   天井から吊り下げられたフィラメントの電球とバックライトであちらこちらでそれぞれのセル
   が明滅する様は独特の美が見てとれます。
    「Cosmic Bird」、「Cosmic Nest」ときてこれも宇宙シリーズでしょうか?        

    「Cosmic Nest」というと、これもアットランダムに光が明滅するのですが、その様を映像
   化して会場壁面にエンドレスで映し出していました。

    cosmic nest7 cosmic nest1

    cosmic nest6 cosmic nest5

    cosmic nest2

    
    cosmic nest8 俊 1ショット
          そういうわけで親友 I ことShun Ito(伊藤 俊)登場です。

    俊 会場全体
      入れ替わり訪れるゲストに対応する伊藤 俊。



    過去の作品の展示も貼っておきましょう。

    展示物2 展示物1

    今回の旅行はデジタル一眼レフで撮影しました。(一部、スマホ画像も含む)
    カメラはCanon EOS6Dです。  
    モノの撮影はなかなか難しいです。中途半端なマニュアルならシーンインテリ
   ジェントオートが一番よく映ります。きっちりモノの撮影するなら完全マニュアル
   じゃないとイカンように思います。
    それじゃ、テクニックの不足分はモノクロで何とかしましょ(笑い)。

    モノクロ 馬 モノクロ ブリキ

    モノクロ 宇宙鳥
                        宇 宙 鳥

    ブリキ ピアノ
      フルサイズデジイチの特徴、ボケ味の美しさは出ているのでしょうか?


    輪 ラスト
     私(わたし)的にはこの会場で撮ったベストショット。
     何となくラストにふさわしい一葉かと思います。

                                     

                                  (展示編 了 街角編に続く)    






スポンサーサイト

観光・レジャー | コメント:0 |
<<イギリス紀行 バーミンガム編 | ホーム | 忘れた頃、いつのまにか、じわじわと・・・・ 弐番(その2)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |