素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

イギリス紀行 ロンドン前編

    



    ロンドンでは買い物とエンタメを中心にして、「おのぼりさん」的観光は以前来た際回っ
   たことからしなくてもいいやと決めておりました。
    SOHOあたりでレコード(こちらではVinyl)を物色したのですが、捗々しくなくホテルに
   帰ると疲れが出たのかぐったりとしていました。
    「そうだ!今夜あたり夜の街に繰り出そう」と思っていたら、親友 I から電話でJAPAN
   Foudationで講演やるから来て欲しいとのこと。
    今イチ気乗りしなかったのですが、タクシー飛ばして駆けつける。

    俊 JF1
                                            撮影 N女史

    何で気乗りしなかったというと展示は見ればわかるが、彼が英語で話しているのを聞い
   てもどうせわからなくてつまらないと思ったからです。
    予想に反して親友 I は通訳通して日本語で話していました。
    「ナルホド、そういうことだったのね」と私の知らないエピソードも披露していて思ったより
   興味深かったです。興が乗ってきたのか、途中から通訳を介さず英語で話し始め、講話は
   熱は帯びてきた。

    俊 JF2
            熱心な聴衆にていねいに応える親友 I         撮影 N女史


    JF中庭1
                      中   庭


    講演がはねてから親友 I と会場に駆けつけた彼の旧友・N女史と共に食事し、なりゆき
   上、私が泊まっていたRitzに行くことになりました。
    ディナーにドレスコードがることを二人に話しつつ、そうは言ってもここを歩くくらいいいだ
   ろうとRitzのホールをダイニングルームの手前まで歩いた。
    (以下の写真はチェックアウトの朝、ドサクサ紛れに撮ったものです。結構、勇気がいり
     ます。何たって「お客さまお止め下さい」かもしれませんから。)
  
    Ritzホール6

      
    Ritzホール5

    Ritzホール4 Ritzホール3 

 
    Ritzホール2
 


   
    ダイニングルームではパーティーやっていました。
    何人かは貴族の正装とおぼしき人達がいました。
    イギリスでは「ヒゲ男爵」のようなコスプレは許されないでしょうから、何人かは本物の
   貴族がいたのでしょう。
     「君たち下々の者は入ってはいけません」の世界が広がっていたのです。
    
    それではとさっさと部屋へ退散しました。
    バーミンガムの展示はまだ続くものの、一段落ついたことから三人で祝杯を上げる。
    翌日、親友 I は仕事でドイツへ旅立ち、私はなりゆきからレコード探しにつき合ってくれ
   ることになったN女史とロンドンの街を歩きました。
    海外レコードが安かったのは少し前のことで、今や日本と変わらないのかもしれません。
    ネット上でかなりのものは探せますが、いかんせん値段が吊りあがっていますからね。
    期待と不安が入り混じったままイギリスへやってきたわけです。
    
    翌日、目ぼしいショップリストを携えてN女史が帯同してくれました。
    ノッティングヒルにいい店があると二人して出掛ける。
    結局、持参したリスト200枚のうち1枚しかお目当てのものは買えませんでした、折角
   来たのだからと10数枚購入。
    彼女が通訳してくれたおかげでスムーズにことが運びました。
    N女史に感謝!
   
    リストアップされたものは不発に終わりましたが、もう一つのお目当て、DECCAの
   ジャケ買いの方はある程度、目的を達成しました。

    DECCA ジャケ買い


    N女史と別れてから、次の日、またノッティングヒルの件の店に出かけ、いきつけのバー
   店主から頼まれていたリストを探す。
    Steve Reich「Music for 18 Musicians」に対して、3階のコーナー担当者は
    「これは世界中でみんな探している。Very Oishii(おいしい)」(なぜかここだけ日本語)
   と告げました。その他、リストのものも見つからず、とぼとぼと駅の方へ歩き出しましたが、
   「いいや、このままじゃ日本に帰れないぞ」ときびすを返し、まだ見ていない1階でボウイ
   10枚、プリンス3枚を買う。
   プリンスはリクエストVinylズバリではないが、これで許してちょうだい(笑い)。

                                              (つづく)
                                   






スポンサーサイト

観光・レジャー | コメント:0 |
<<単なる偶然か?イギリスEU離脱と大地震!? | ホーム | 妄想劇場 「 英国EU離脱は出来レース 」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |