素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

あまりにミエミエの大本営発表

 「大本営発表によりますと、安倍“ わが軍 ”自民党が破竹の
 快進撃を続け、改憲軍をも糾合して民共合作軍に圧勝する
 模様です。」


  なんてね、参議院選序盤の新聞各社の情勢分析に目を通すと思わずそう言いたくなる。

    【毎日】 改憲勢力3分2をうかがう(自民、単独過半数の勢い)

    【朝日】 改憲4党3分の2をうかがう(1人区野党共闘効果)

    【産経】 改憲勢力3分2をうかがう(与党改憲過半数の勢い)

    【東京】 改憲勢力3分2をうかがう(投票先半数が未定)

    【読売】 与党改選過半数の勢い(民進伸び悩み)

    【日経】 自民単独過半数に迫る(改憲勢力3分2をうかがう


  同じ調査結果を採用したとしても、メイン見出しに4社、サブ見出しまで含めると5社が
  「うかがう」というフレーズまで一緒だ。どいういうこっちゃ?
  3分の2に迫る模様とか、改憲勢力で3分2越えも視野にとか、少しは変えたらどう  
  かと思うが・・・。新聞的には「うかがう」がこなれたフレーズか?
  日本のメディアが横並びといってもいくら何でもこれはおかしい。
  たまたまメディアの人と話すことがあったが、彼もフレーズまで同じことに強い違和感
  を覚えたようだ。

  やっぱ「大本営発表」でしょ、これは。
  アドバルーン、打ち上げて勝ち馬にのれ、バンドワゴン効果狙いでしょ。    

  随分と国民もナメられたものです。
  地雷踏んでしまいましたね。

  この通りの結果(どういう意味かわかりますね)、真逆の結果になろうとどう転んでも
  安倍政権はオシマイ・・・・・終了。

 
  なぜそうかって今にわかります。 







スポンサーサイト

メディア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ポスト安倍を巡る2つの勢力の戦い | ホーム | イギリス紀行 ロンドン後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |