素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

天皇陛下の「お言葉」の余波はどこまで・・・?

    



    天皇陛下が「生前退位」の御意向をにじませた「お言葉」をビデオメッセージで発せられ
   た。速報レベルで報じられているし、御簾の奥の「お上」のお言葉を忖度するようなもの
   ではなく、現行憲法で可能な限り率直に陛下は御意向を明らかにしている。
    具体的は、摂政を置いても十全に公務を行えない天皇の存在であることに変わりない、
   つまり、安倍政権が目論んでいた摂政制の否定、象徴天皇制は国事行為ともに国民に
   寄りそうことが大事で全身全霊で公務を行うものと承知しており、高齢を理由に公務を
   減らされるのは本意でない等述べられて「生前退位」しか選択肢はないと理路整然と語
   られている。
    特に印象的なのは「象徴天皇としてのお務め」と題されていることからおわかりのように
   「象徴天皇」と言葉を何度も繰り返し、最後は「そして象徴天皇の務めが常に途切れるこ
   となく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。」
   と結んでいることだ。つまり、現行憲法を改正して天皇を国家元首にしてくれるなと釘をさ
   されているのだ。

    これは虚心に陛下のお言葉を聞けば誰でもわかることで敢えて記事にすることではない
   が、かといってスルー出来ることでもないことから、どうしようと思案しておりました。
    どうも世の中、虚心に陛下のお言葉を聞けない輩がいるようです。
    それはひとまず置くとして、このビデオ放送後の安倍首相の表情は困惑を隠しきれない
   様が明らかだった。衆参共に3分2を確保したにもかかわらず、皇室典範の改正を最優先
   にしなければならず改憲スケジュールに大幅な狂いが生じるからだ。
    この「総統シリーズ」がよく出来ていてあれこれ説明するまでもあるまい。

  


    皇室典範の改正は「生前退位」のみならず封印していた女系皇位継承論が蒸し返され
   る可能性があります。小林よしのり氏もこの点を指摘している。

     日本会議が「男系男子」にこだわるのなら、その人物を国民に紹介すればいい
     ではないか!
      「いない者」を皇族にしろと、この場に及んで主張するとは、頭がイカレてるのか!?
     小泉政権での女系継承を認める法案を潰してから、何年になる?

     なぜ日本会議は男系男子を見つけないのか?

     「いない者」をいると妄想して、男系しか許さんと言うのは異常すぎる!
     日本会議の中に極左が入り込んで、皇統断絶のために策動しているのではないか
     としか思えない。

            ~ BLOGS 小林よしのり 「日本会議は国賊集団である」 ~



    「日本会議」は女系皇位継承のみならず皇室典範の改定そのものに反対している。
    彼らに歩調合わせるわけではないが、この件に関しては私は小林氏とは違い、女系皇
   位継承に反対だ。理由は簡単で中国が日本の皇室を狙っているからだ。帰化した中国人
   男性を女性天皇と結婚させて藤原氏のように君臨し日本の皇室を乗っ取ろうとしている
   可能性は否定できない。  
    でも、「日本会議」が天皇の「生前退位」まで反対しているのは解せない。
    小林氏は怒り心頭のようだ。

     週刊文春の記事「天皇生前退位に『日本会議』が猛反発」という記事を読んで、
     猛烈に腹が立った。

     日本会議は自分たちの方が天皇陛下より偉いと思っている!

     「天皇陛下の好きにはさせない」というこの傲岸不遜の態度は、あきらかに
     「国民主権」の最悪の病いの発症である。
      「承詔必謹」のひとかけらもない、国賊そのものである。

           (中略))

         
     お言葉を表明される天皇陛下のご意向は、断じて「私心」ではない!
     それが「公」のためだからだ!
     日本の未来のため、あらゆる方面に配慮した結果として、悩みに悩んで表明
     される「ご意向」である。

     ある宮内庁幹部は「これは天皇陛下からの最後のメッセージともいえる、大きな
     ものだから」と呟いたという。

     日本会議は天皇陛下を奴隷と思っているのか?
     これほどまでに「尊皇心」をなくすとは、極左以上!
     日本会議は国賊集団である!
 

                                 ~ 引用 同上 ~


    
    「日本会議」の連中は陛下の「お気持ち」を虚心に聞く気はないようだ。
    どうも彼らは「お前らは歴史を知らない」と言いたいらしい。日本会議の常任理事でもあ
   る百地・日本大学教授は説く。

     明治の皇室典範をつくるときにこれまでの皇室のことを詳しく調べ、生前退位の
     メリット、デメリットを熟考したうえで最終的的に生前退位の否定となった

                             ~ 朝日新聞 ~


     本当に「歴史」がわからないのはどちらかなと言いたい。
     明治時代までの「歴史」に「モダン」と「民主主義」はあっただろうか?
     百地某は「天皇は神聖にして侵すべからず」の本当の意味がわかっているのか?
     それがわからないとしても近代国民国家の勃興時だったからこそ「現人神」を中心と
    した中央集権的国家体制(≒ 國體 )が有効だったのだ。
     三島由紀夫が小説(浪漫)の世界で「現代」を否定し「近代」と擁護することが美しい
    ことに異論はないが、己の権力志向にこれを援用しようなどとする様を三島由紀夫は
    最も唾棄したろう。
     そもそも天皇陛下は「朕は象徴天皇なり(現人神にあらず)」と再三も申されているの
    だ。「歴史」と「天皇」を無視した己らの勝手な願望は思想でもなんでもない。
     このあたりはもう少し勉強しないといけないのだが、おそらく「現人神」と「象徴天皇」
    の間に位置するのが「天皇機関説」ではないかと思うのです。
     「天皇機関説」は大正時代は憲法学上のメインストリームだったが、昭和になって否
    定的となり軍部が暴走して「戦前」となった。戦後になっても「天皇機関説」は政府、与
    野党共に支持されたが憲法が改正され「象徴天皇」となった。
     日本会議の連中は憲法と共に「象徴天皇」も押しつけらたものとするのだろう。
     仮にそうだとしても彼らのいう「大日本国憲法」の天皇(≒ 現人神)は大正という空白
    期間があったことを無視してはいけない。
     以前も述べたが、昭和天皇は戦後、各地へ行幸したが、大正時代、裕仁皇太子時代
    にすでにその萌芽があるのだ。大正時代、後藤新平によって「現人神」でなく「人間天
    皇」作戦は既に遂行されていた。昭和になって「明治回帰ブーム」が起こって「人間天
    皇」は再び「現人神」へと逆行していったのだ、「現人神」を必要とする政府、軍部、右翼
    らによって。その結果、何が起こったか・・・・・・。
     大東亜戦争と日本の敗戦。
     これについて踏み込んでいくと際限ないので結論だけいうと、膨大な犠牲を払って、
    一定の成果があった戦争だった。侵略か否かという低次元のレベルでなく、一定の成果
    があったが、あまりに犠牲の大きかった戦争だった。戦争はすべてそうとも言えるが、
    特に知れば知るほど是か非かでは片づけられない。一定の成果なんて随分と乱暴だ
    が、もう少しだけ具体的に言うと、この成果のおかげで戦後経済成長の礎となる企業
    が育ちさらに「象徴天皇」でも十分に世界にその威光が轟くようになった。
     ここのところ、彼ら日本会議はわかっているのか?平和主義憲法の「象徴天皇」だから
    こそ世界は日本の皇室にスイスの銀行口座のいわば「カギ」を預けたのだ。
     「現人神」の国家元首たる天皇ならこの「カギ」を預けないのだ。
     それが「世界」というものだし、戦前も現在の「日本会議」も「世界」がわからない。
     まあ~、世間的にはこんなことは知らなくてもいい。ただ間違いなく言えるこことは、もう
    あの戦争を繰り返す必要はないということだ。

     戦後の象徴天皇と戦後民主主義を批判する保守、右翼は多いが、それを考慮しても
    私は日本史の中で我々、下々の者にとってはいい時代だったと思う。
     (ポストモダンになってからの「戦後」が今一つさえないだけだ。)
     思いっきり省略したが、これらの歴史的過程を経て「象徴天皇制」はあるのだ。
     この度の天皇陛下の「お言葉」ではっきりしたことは、日本会議及び安倍政権周辺が
    我々と違って「象徴天皇」をよしとしていないということだ。
     「天皇」と「歴史」を無視した、彼ら流の復古主義たる国体護持とかを何が何でも押し
    進めたいということだ。

     「驕れる平家も久しからず」―― 天皇陛下の「お言葉」によって平家追討の院宣が
    下された。

     今後、さしたる事情も知らず何となく「日本会議」の支持者だった人々も櫛の歯がこ
    ぼれ落ちるように去り始めるのではないか?
     集票力がなければ距離を置く政治家も現れてくるだろう。

    最終的に「日本会議」系政治家の落選運動まで発展すればいいと思う。









スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<もう隠しきれない!Lock her up! | ホーム | 相模原19人刺殺事件に透けてみえる「現在」 後編(その3)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |